ラジオNIKKEI賞の無料予想はココをタップ

【福島競馬場の特徴】芝/ダートコース・距離別の傾向を詳しく紹介

目次

福島競馬場の特徴と傾向

※画像引用:JRA

芝コース1週の長さがおよそ1600m、ダートが1444.6mと、JRA競馬場の中でもっともコースの小さい福島競馬場。

小さなローカル競馬場全般に言えることだけど、福島も基本的には先行馬が有利よ。

だけど、一部のレースでは先行馬が崩れる可能性が上がるから油断は禁物。

福島の夏開催は梅雨と被るため馬場が荒れやすく、また1週に2つあるアップダウンが先行馬の体力を奪うから、距離や条件によっては十分に差しが届く場合も少なくないの。

つまり差し馬有利なレースを見極めることで、高配当を得られる可能性をグッと高められるってこと!

それじゃあ、芝・ダートコース、距離別に詳細な特徴と傾向を見ていきましょう!

福島競馬場 芝コースの特徴と傾向

スクロールできます
全周幅員直線距離高低差発走距離
オーバーシード1,600.0m25~27m292.0m1.9m1,000m、1,200m、1,800m
2,000m、2,600m

福島競馬場の芝コースは、「オーバーシード」が採用されているのが特徴よ。

「オーバーシード」は、野芝と洋芝をミックスした馬場。

競走馬にとってはクセがなく走りやすい馬場、って感じね。

また福島競馬場のカーブは入口が大回りで、出口が小回りな「スパイラルカーブ」が採用されているわ。

小回り+スパイラスカーブのコースだから、コーナーが得意な馬に向いた競馬場と言えるわね。

福島競馬場 芝1000mの特徴と傾向

開催レース:新馬戦

向こう正面の2コーナー付近からスタートするワンターンコース。

最初の直線は212mと短く、ポジション争いが熾烈になるケースが多いわ。

そしてそこで前へ出られた馬が好走する、って感じのコースね。

過去10年の好走率別の特徴と傾向
  • 騎手:江田照男・石川裕紀人
  • 枠順:3枠・5枠
  • 脚質:逃げ・先行
  • 産駒:サクラバクシンオー・サムライハート

福島競馬場 芝1200mの特徴と傾向

開催レース:バーデンバーデンC・福島テレビオープン・やまびこS

向こう正面奥ポケットのスタート地点から最初のコーナーまでは約412m。

1200mとしてはコーナーまでの距離は長めよ。

勢いのままコーナーに入るとスパイラルカーブで大きく振られるから、よりコーナーリングが上手な馬が勝利しやすいコースと言えるわ。

過去10年の好走率別の特徴と傾向
  • 騎手:戸崎圭太・勝浦正樹
  • 枠順:1枠・2枠
  • 脚質:逃げ・先行
  • 産駒:ダイワメジャー・ロードカナロア・サクラバクシンオー

福島競馬場 芝1800mの特徴と傾向

開催レース:ラジオNIKKEI賞(G3)福島牝馬S(G3)

正面スタンド前地点からスタート。

最初のコーナーまでは305mと長くはないから、位置取りはタイトになりがち。

また向こう正面は上り坂に加え、スパイラルカーブの3~4コーナー。

前めで競馬ができて、かつコーナー巧者が狙い目よ。

過去10年の好走率別の特徴と傾向
  • 騎手:川又賢治・戸崎圭太・吉田隼人
  • 枠順:3枠・7枠
  • 脚質:先行
  • 産駒:ディープインパクト・ゴールドシップ・ルーラーシップ

福島競馬場 芝2000mの特徴と傾向

開催レース:福島記念(G3)七夕賞(G3)

ホームストレッチ右のポケット地点からスタート。

最初のコーナーまでは505mと、福島の芝コースではもっとも長い距離があるから、そこまで位置取りは熾烈にならないわ。

ただ坂が2回あるコースだから、逃げ・先行が苦戦するケースもしばしば。

コーナーワークに加え、スタミナも要求されるコースとなっているわよ。

過去10年の好走率別の特徴と傾向
  • 騎手:田辺裕信・戸崎圭太・丸山元気
  • 枠順:5枠・6枠
  • 脚質:先行・差し
  • 産駒:オルフェーヴル・ステイゴールド・ルーラーシップ

福島競馬場 芝2600mの特徴と傾向

開催レース:フルーツラインC・信夫山特別

向こう正面からスタートして、コーナーを6つ回る2,600mコース。

小回りでコーナーが多いから、より内内を通って先行できるかが好走するカギになるわ。

過去10年の好走率別の特徴と傾向
  • 騎手:石橋脩・戸崎圭太・柴田善臣
  • 枠順:1枠・2枠
  • 脚質:先行・差し
  • 産駒:オルフェーヴル・ステイゴールド・ゴールドシップ

福島競馬場 ダートコースの特徴と傾向

スクロールできます
全周幅員直線距離高低差発走距離
1,444.6m20~25m295.7m2.1m1,150m、1,700m、2,400m

福島競馬場のダートコースは、芝コース同様に小回りで緩やかなアップダウンの形状。

他のダートコースより、逃げ馬が好走しやすい、という特徴があるわ。

福島競馬場 ダート1150mの特徴と傾向

開催レース:やまびこステークス、鶴ヶ城特別、ラジオ福島賞

JRA唯一の1150m戦が開催される特殊なコース。

向こう正面のポケット、芝コースからスタートする、ワンターンコースよ。

スタートから最初のカーブまでの直線480mがレースの半分近くを占め、コーナー以降は下り坂。

スピードのある逃げ馬が優位にレースを進められるわよ。

過去10年の好走率別の特徴と傾向
  • 騎手:石橋脩・戸崎圭太・柴田善臣
  • 枠順:1枠・2枠
  • 脚質:逃げ
  • 産駒:ゴールドアリュール・ハーツクライ・ケイムホーム

福島競馬場 ダート1700mの特徴と傾向

開催レース:ジュライS・吾妻小富士S

スタンド前からスタートする、コーナー4つの1700mコース。

高低差2.1mのアップダウンがあるから、スタミナやパワーも求められるわ。

またマクリがよく出るのも特徴のひとつよ。

過去10年の好走率別の特徴と傾向
  • 騎手:戸崎圭太・吉田隼人・田辺裕信
  • 枠順:7枠・8枠
  • 脚質:逃げ・先行・マクリ
  • 産駒:キングカメハメハ・ネオユニヴァース

福島競馬場 ダート2400mの特徴と傾向

開催レース:1勝クラス

向こう正面の直線入口からスタートし、コーナーを6つ回る2400mコース。

2周目の3コーナーからマクリが多発し、先行馬との叩き合いになるケースが多いわ。

コーナー巧者が強いコースよ。

過去10年の好走率別の特徴と傾向
  • 騎手:菱田裕二・加藤祥太
  • 枠順:2枠・3枠・7枠
  • 脚質:先行・マクリ
  • 産駒:クロフネ・ネオユニヴァース
よかったらシェアしてちょうだい!
エビコ

こちらでほかの競馬場の特徴やレース傾向を分析しているわ。
距離別に有利な枠や脚質も分析してるから、予想の精度を高めたい人は必読よ!

この記事を書いた人

名前:エビコ・デラックス
性別:セン
年齢:うるさいわね
出身地:千葉県
血液型:A型
星座:おとめ座
競馬歴:30年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人はとくに好物)
好きな券種: 馬連・3連複・3連単

目次