皐月賞

第33回 皐月賞

1970年代といえば、名馬ハイセイコーが一世を風靡していた頃である。

1972年に大井競馬場でデビューして以来、圧倒的な実力により連戦連勝を挙げ、中央競馬に移籍を果たした「地方の怪物」。
そのハイセイコーが、初めてG1に挑むレースとして話題を集めたのが『第33回 皐月賞』であった。

この時すでに競馬ファンの間で高い人気を誇っていたハイセイコーだが、専門家の間ではその実力を不安視する声も大きかった。
2走前の弥生賞や、前走のスプリングステークスではいずれも勝ちこそしたものの、そのレース内容は「怪物」の異名にふさわしくないギリギリの勝利。
どちらのレースでも地方競馬時代の末脚やスピードは見る影もなく、レース中に騎手の指示に従おうとしないハミ受けの悪さも目立ってきていた。

そんなハイセイコーが、中央競馬のG1で通用するのか?
皐月賞はこのスター候補生にとって、一つの試金石だった。

1973年4月15日
中山競馬場の天候は雨、馬場状態は重、スタンドには傘が開いていた。

ハイセイコーにとっては重馬場を走る初めてのレースとなり、陣営としてはさらなる不安材料が増えた格好であった。
しかしファンからの期待には変わりなく、当日は単勝2.0倍の1番人気。
毎日杯勝者のホウシュウエイトなどを抑えての圧倒的な支持であった。
胸中複雑な関係者たちとは裏腹に、スタンドはもはやハイセイコー一色となっていた。

そして出走時刻。
ファンの期待と、陣営の願いを背負ってゲートが開いた。

好スタートを切ったハイセイコーは、16頭立ての7番手からレースを進めていった。
陣営の努力が実り、レース中のハミ受けは良好。
向こう正面を過ぎても状態はよく、これまで通りの地面を掻き込むような走法が、ぬかるんだ馬場をよく捉えていた。

中盤、少し行きたがったところをそのまま促され、第三コーナーで早くも先頭に立ったハイセイコー。
地方競馬時代のようにそのまま着差を広げて快勝するかと思われたが、第四コーナーでアクシデントに襲われた。
カーブを曲がり切れず、外に膨れてしまったのだ。

これによりハイセイコーは一時2番手に後退した。
しかし、彼はここでついに「地方の怪物」としての本領を発揮する。
中央に移籍してから長らく封じていた鋭い末脚を見せ、先頭のイチフジイサミをあっという間に差し返したのだ。
ハイセイコーはその後もぐんぐんと伸び続け、最終的に2着と2馬身以上の差をつけて1位でゴールを通過した。

スター候補生だった地方の怪物が、ついに本物のスターになった瞬間だった。

折しもこの頃、世間では新潟生まれの庶民派・田中角栄が名だたる重鎮を押しのけて内閣総理大臣に就任し、話題を集めていた。
彼と同じように、地方競馬出身ながら中央のエリートを倒してクラシックを勝ち取った地方の怪物。
その姿は人々の心を打ち、ハイセイコーは社会現象となるほどの大ブームを巻き起こした。

馬も人も、家柄や育ちなど関係なく、努力すれば必ず報われる。
ハイセイコーの姿を見て、そう勇気づけられたファンも多かった。

1973年4月15日。
この日ハイセイコーは子供から大人まで、すべての日本人に夢を与えるスターホースに上り詰めたのである。

第33回皐月賞
1着:ハイセイコー(増沢末夫)
2着:カネイコマ(蛯沢誠治)
3着:ホウシユウエイト(野平祐二)

アドレナリン競馬予想とは 2016年アドレナリン競馬的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る