ウォッカ

スランプを乗り越え
2年連続で年度代表馬を受賞

【生年月日】2004年4月4日
【引退日】2010年3月4日 マクトゥームチャレンジラウンド3(国際G1)
【父】タニノギムレット
【母】タニノシスター
【母方の父】ルション
【母方の母】エナジートウショウ
【産地】静内町(カントリー牧場)
【馬主】谷水雄三
【調教師】角居勝彦(栗東)
【生涯成績】26戦10勝(10.5.3.8)

2007年、牝馬による日本ダービー制覇という歴史的快挙を成し遂げたウオッカ。

「ダービー馬」という大きな看板を背負ったことで、これまで以上の注目を集めました。

この実績を称えるかのように、翌年には年度代表馬を受賞することになるのですが、実はその道のりは平たんではありませんでした。

ダービー制覇以降、なかなか勝ち星を挙げられなかったのです。

2008年に入っても、初戦の京都記念は6着。
海外戦に挑んだドバイデューティフリーでも4着と、ダービーを制覇したときの面影は消え去っていました。

長く深いスランプに陥った、ウオッカ。
ようやく復活の兆しが見え始めたのは、5月に入ってからでした。
ヴィクトリアマイルで2着と、約7ヶ月ぶりとなる馬券に絡む走りを見せたのです。

そして遂に、6月の安田記念で2着に3馬身をつける大差で圧勝。
日本ダービー以来となる、約1年ぶりの勝利を手にしました。

長いスランプから抜け出した瞬間でした。

さらに、天皇賞(秋)でウオッカは改めて強さを見せつけます。

出走する17頭すべてが重賞勝ち馬という、ハイレベルなメンバーが集まったレース。
そこには、同い年でライバルでもある牝馬ダイワスカーレットの姿もありました。

スタート直後、先頭に飛び出したダイワスカーレットをウオッカは中団で追走。

直線に入って並びかけますが、後ろからディープスカイも食らい付いてきて、ゴール前では壮絶な叩き合いが繰り広げられました。

ゴールはウオッカとダイワスカーレットがほぼ同時で、どちらが先頭だったかは肉眼では判別がつかないほどでした。

長い写真判定の結果、掲示板に1着と示されたのは14番。

ウオッカの馬番です。
2着ダイワスカーレットとの差は、わずか2cm。

ウオッカは天皇賞(秋)を制しました。
さらに、コースレコードも更新したのです。
この激戦は、競馬史に残る名勝負として一躍有名になりました。

天皇賞(秋)での活躍が評価され、2008年にウオッカは11年ぶりとなる牝馬の年度代表馬に選ばれたのでした。

年が明けて2009年。

ウオッカは、前年4着に終わって悔しい思いをしたドバイデューティフリーのリベンジに挑みます。
しかし、雪辱を晴らすどころか順位を落として7着と惨敗。
年度代表馬のプライドをもってしても、海外G1の初制覇は叶いませんでしたが、ウオッカはここで踏ん張りました。

日本へ戻ると、ドバイでの敗北が霞むような戦いぶりで、ヴィクトリアマイルと安田記念を連勝。
最強牝馬の称号にふさわしい存在であることを示しました。

そして11月、ウオッカは国内最終レースとなるジャパンカップに出走します。

昨年の菊花賞馬オウケンブルースリ、アメリカのブリーダーズカップターフを連覇したコンデュイットなど、G1勝ち馬が顔をそろえるなかで、ウオッカは堂々の1番人気に支持されます。

レースが始まると、ウオッカは中団で追走し脚を温存。
ラスト、坂の頂上で一気に抜け出しました。

そのままウオッカがゴールするかに見えましたが、そう甘くはありませんでした。
後ろからオウケンブルースリが、鋭い追い上げを見せてきたのです。

最後は2頭並んでのゴールとなり、写真判定へもつれこみました。

その結果、1着の座を手にしたのはウオッカ。
見事、オウケンブルースとの激闘を制したのです。

天皇賞(秋)を思わせる、2度目の写真判定勝ちでした。

日本の牝馬がジャパンカップを制覇したのは史上初。
歴史的な快挙を成し遂げた瞬間でもありました。

その年3つのG1を制覇したウオッカは、前年に続き2009年度の年度代表馬を受賞。
牝馬の2連続受賞もまた、史上初のことでした。

過去の歴代年度代表馬
2002年・2003年: シンボリクリスエス
2004年: ゼンノロブロイ
2005年・2006年: ディープインパクト
2007年: アドマイヤムーン
2008年・2009年: ウォッカ
2010年: ブエナビスタ
2011年: オルフェーブル
2012年: ジェンティルドンナ
2013年: ロードカナロア
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る