ゼノンロブロイ

善戦の域を脱せなかった馬が
成し遂げた秋の栄光

【生年月日】2000年3月27日
【引退日】2005年12月25日 有馬記念(G1)
【父】サンデーサイレンス
【母】ローミンレイチェル
【母方の父】Mining
【母方の母】One Smart Lady
【産地】白老町(白老ファーム)
【馬主】大迫久美子
【調教師】藤沢和雄(美浦)
【生涯成績】20戦7勝(7-6-4-3)

2004年、秋古馬三冠(秋の天皇賞・ジャパンカップ・有馬記念)制覇という栄光を掴み、年度代表馬にも選ばれたゼンノロブロイ。

この功績から負け知らずだと思われているかもしれませんが、実はそうではありませんでした。

遡ること2003年5月、東京優駿(日本ダービー)のトライアルレースである青葉賞で重賞初制覇を達成しデビュー4戦で3勝を挙げたところまでは良かったのですが、本番の日本ダービーでは2着に終わってしまいます。

次走の神戸新聞杯では1着に返り咲いたものの、そこまででした。

以降は、先に行っては差され、後方から行けば逃げ切られるという、勝ち切れない結果が続くことに。
菊花賞では初めて馬券を外す4着、続く有馬記念でも3着と、大舞台で力を発揮できないままゼンノロブロイはクラシックシーズンを終えてしまったのです。

2004年に入っても、善戦むなしく勝てない状況は変わらず。
秋初戦の京都大賞典では1番人気に推されるも2着に終わってしまいます。

気が付けば、ゼンノロブロイは1年前の神戸新聞杯から一度も勝っていませんでした。

すっかり「1着にはなれないけど堅実に走る馬」というイメージが板についてしまったゼンノロブロイ。

そんな馬がこのあと突如G1を3連勝することになるなど、誰が想像できたでしょうか。

覚醒の始まりは、2004年10月31日の天皇賞(秋)。
有力馬が軒並み出走を回避した為、ゼンノロブロイの人気は押し出されての1番でした。

信頼されての人気とは言えませんでしたが、ゼンノロブロイは期待以上の走りを見せました。

最速の上がりをマークし、見事に勝ち切って1年ぶりの勝利を手にしたのです。

先に行っては差され、後方から行けば逃げ切られる…そんな展開が続いていたのが嘘かのような見事な末脚でした。

続くジャパンカップでも、ゼンノロブロイは2着を3馬身差で突き放しての圧勝。
国内馬だけでなく、海外馬をも蹴散らしました。

この勝利でゼンノロブロイは古馬二冠を達成。
有馬記念制覇への期待が高まらないわけありません。

そして、迎えた有馬記念。

ゼンノロブロイの人気は1番。
これは天皇賞(秋)のものとは違い、彼の実力と実績が認められた証でした。

レースは、逃げるタップダンスシチーを2番手から追う形で始まります。

ゼンノロブロイは粘るタップダンスシチーとの差をじわじわ詰めると、ラスト100mほどで抜き去り1着でゴール。
コースレコードで優勝という見事な戦いぶりを見せました。

天皇賞(秋)・ジャパンカップ・有馬記念を同一年で連覇し、秋古馬三冠を成し遂げたゼンノロブロイ。
この偉業達成により、2004年の年度代表馬に選ばれたのです。

ゼンノロブロイの年度代表馬受賞は、サンデーサイレンス産駒として初めての受賞でもありました。

過去の歴代年度代表馬
2002年・2003年: シンボリクリスエス
2004年: ゼンノロブロイ
2005年・2006年: ディープインパクト
2007年: アドマイヤムーン
2008年・2009年: ウォッカ
2010年: ブエナビスタ
2011年: オルフェーブル
2012年: ジェンティルドンナ
2013年: ロードカナロア
2014年: ジェンティルドンナ
2015年: モーリス
2016年: キタサンブラック
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る