オルフェ-ブル

世代最強の実力を示した荒ぶる四冠馬

【生年月日】2008年5月14日
【引退日】2013年12月22日 有馬記念(G1)
【父】ステイゴールド
【母】オリエンタルアート
【母方の父】メジロマックイーン
【母方の母】エレクトロアート
【産地】白老町(社台コーポレーション白老ファーム)
【馬主】サンデーレーシング
【調教師】池江泰寿(栗東)
【生涯成績】21戦12勝(12.6.1.2)

2011年、3歳でクラシック三冠と有馬記念を勝ち、四冠を達成したオルフェーヴル。

年度代表馬にも選ばれるほどの実力馬でしたが、入厩当初はイレ込みが激しかったため「競走馬にすらなれないのでは」と思われていました。
父譲りの気性の荒さも持ち合わせており、扱いが難しい馬だったのです。

デビューしてからも扱いにくさは相変わらずで、2010年の新馬戦では見事勝利を飾りましたが、ゴール後に鞍上の池添謙一騎手を振り落とす始末。

その気性難が災いし、同年11月、初重賞となる京王杯2歳ステークスでは折り合いを欠いたままレースを進めてしまい10着。

本来発揮できるはずの実力を出し切れず、大敗を喫しました。

しかし、このレースが彼の競走馬人生のターニングポイントとなります。

この惨敗以降、陣営はオルフェーヴルに折り合いを教え込み、我慢することを覚えさせました。

調教で身につけた「折り合い」の実践として使われたのが、年明け初戦のシンザン記念と翌月のきさらぎ賞。
勝利はできなかったものの、他の馬につられることなく我慢できたレース中の動きは、オルフェーヴルの成長を感じさせる内容でした。

その結果が勝利という形で現れたのが、3月のスプリングステークス。
昨年8月の新馬戦以来となる1着を手にし、重賞初制覇を果たしたのです。
これまでの努力が、実を結び始めた証でした。

この勢いのまま、オルフェーヴルは初のG1となる皐月賞へ挑みます。

やや後方で待機する形でレースを運ぶなか、これまでの課題だった折り合いに問題は見られませんでした。
最後の直線で冷静に先行集団に割って入ると、そのまま突き抜けて独走し、2着と3馬身差をつける圧勝。

世代の中で一つ抜けた力を見せつけ、クラシック一冠目を獲得しました。

クラシック二冠達成を懸けた翌月の東京優駿(日本ダービー)では、直線で2頭に挟まれながらも、それを振り切ってラスト200mで豪快な末脚を発揮。
猛追してくるウインバリアシオンをものともせず、見事に勝ち切りました。

これでクラシック二冠目。

菊花賞トライアルの神戸新聞杯も難なく勝利し、重賞4連勝という万全の態勢で本番へ臨みます。

迎えた本番、単勝オッズ1.4倍という圧倒的な支持を得ました。

レース序盤は中団好位をキープし続けて、最後の直線で早めに先頭に立つとそのまま独走状態に。
ウインバリアシオンが日本ダービーの雪辱を果たさんと最後方から追い込んできましたが、オルフェーヴルは今回も難なく2馬身半差をつける圧勝。

この勝利により、クラシック三冠馬に輝きました。

そして、四冠達成の期待を背負って有馬記念へ。

迎えた本番は、出走19頭中9頭がG1馬という豪華な顔ぶれで幕を開けました。

展開は超スローペースで進み、オルフェーヴルの位置取りは最後方の内と、苦戦を強いられます。
しかし、3コーナーから外に出ると一気に先頭に並び、直線で古馬たちを引き離し1着でゴール。

17年ぶりとなる、3歳四冠馬誕生の瞬間でした。
史上最強と名高いあのディープインパクトでさえ果たせなかった偉業を、オルフェーヴルは成し遂げたのです。

「競走馬にすらなれない」と思われていたオルフェーヴルは、最強と呼ぶにふさわしい成長を遂げ、2011年の年度代表馬に選ばれました。

過去の歴代年度代表馬
2002年・2003年: シンボリクリスエス
2004年: ゼンノロブロイ
2005年・2006年: ディープインパクト
2007年: アドマイヤムーン
2008年・2009年: ウォッカ
2010年: ブエナビスタ
2011年: オルフェーブル
2012年: ジェンティルドンナ
2013年: ロードカナロア
2014年: ジェンティルドンナ
2015年: モーリス
2016年: キタサンブラック
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る