エリザベス女王杯

第35回 エリザベス女王杯

2010年10月、日本競馬界に新たな歴史が打ち立てられた。
春に牝馬2冠を達成したアパパネが桜花賞を勝ち獲り、国産馬を父にもつ馬として初めての三冠牝馬となったのだ。

彼女が勢いそのままに挑むこととなった『第35回 エリザベス女王杯』には、ヨーロッパからある牝馬が参戦を表明していた。
イギリスオークスとアイルランドオークスを制したG1馬、スノーフェアリーである。
日本で当代最強牝馬の名をほしいままにしたアパパネにとっては、自身の実力が世界に通用することを示す、またとない機会であった。

2010年11月14日。
エリザベス女王杯が国際競争となって以来、有数の実績を誇る海外馬が参戦したこの年。
日英の牝馬対決に大きな注目が集まったが、当日の一番人気はアパパネであった。
スノーフェアリーは日本の芝への適性が疑問視され、京都競馬場との相性が評価されたメイショウベルーガや、桜花賞でアパパネの2着だったアニメイトバイオに続く4番人気となった。

勝つのは日本の3歳三冠馬か、英国の名牝か、あるいは経験豊富な淑女たちか。
女王の座を賭けた戦いの火蓋が切って落とされた。

ゲートが開き、まずハナを主張したのはセラフィックロンプだったが、第一コーナーで先頭に立ったのはテイエムプリキュア
大逃げを目論み果敢に飛ばしていった。
人気のアパパネは5番手あたり、そのすぐ後ろにスノーフェアリーアニメイトバイオが続いた。

このとき馬群の状態は、先行した3頭を除いて皆ひとかたまりの団子状。
互いの間隔が近くなり、興奮してイレ込む馬が出るような状態だった。
後方にスノーフェアリーのマークを受けたアパパネもまた行きたがるところを見せたが、鞍上の蛯名正義がどうにか愛馬の気を抑えてレースを進めていた。

後続集団に8馬身以上の差をつけた先頭の1000m通過タイムは60秒1
平均的なペースで逃げるテイエムプリキュアを、かなり抑えたペースの後続馬が狙う展開であった。

先頭のテイエムプリキュアが第三コーナーの坂を下り始めたころ、2番手セラフィックロンプらが追い出しを開始した。
アパパネ鞍上の蛯名とスノーフェアリー鞍上のムーア、二人の手綱はまだ動かず、直線の追い比べで勝負をつける構え。
アパパネは坂を下る勢いのまま馬体を外に持ち出し、そのアパパネをマークし続けていたスノーフェアリーは、広がる馬群の内に進路を取った。

そして残り400m。
未だ粘るテイエムプリキュア目掛けて各馬が加速をつけるなか、早くもトップスピードとなって突き抜ける影が見えた。
インコースにつけたスノーフェアリーである
ロスなく最短経路を進み、更にムーアの仕掛けにも素早く反応した英国の名牝。
彼女はこの日初めて踏んだ日本のターフを、日本のどの馬よりも速く駆けていた。

外に出たアパパネは必死に仕掛けるものの、もうひと伸びが足りない。
そのさらに外側からはメイショウベルーガが猛烈な末脚で迫ったが、既に勝負は決していた。

残り200m、先頭に立ったスノーフェアリーはその後も勢いを落とすことなく、そのまま2着に4馬身もの差をつけてゴールを通過した。
英国の樫の女王スノーフェアリーが、エリザベス女王の名を冠したこのレースを勝ち獲った初めての外国馬となったのである。

この日3着となった3冠馬アパパネ、そしてアパパネを差して2着となったメイショウベルーガ
日本の名馬たちに圧倒的な大差で勝利を果たしたスノーフェアリーは、翌年もまたエリザベス女王杯を制し、日本競馬界に世界の実力を見せつけることとなる。

第35回エリザベス女王杯
1着:スノーフェアリー(R.ムーア)
2着:メイショウベルーガ(池添謙一)
3着:アパパネ(蛯名正義)

アドレナリン競馬予想とは 2016年アドレナリン競馬的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る