2010年、凱旋門賞

第89回 凱旋門賞

1999年の凱旋門賞で、エルコンドルパサーが勝利まであと半馬身に迫る2着となって以降、日本において同レース制覇への気運は高まるばかりだった。
しかし、翌年以降の成績は振るわず、マンハッタンカフェ13着、タップダンスシチー17着、ディープインパクト失格(3位入線)、メイショウサムソン10着といずれも勝利とは程遠い結果。
一度は手にしかけた栄冠がまた遠のいていくような現状に、ファンは歯噛みした。
そんななか、2010年には新たに2頭の日本馬が凱旋門賞に挑戦することとなった。
『ヴィクトワールピサ』『ナカヤマフェスタ』である。

これまで、凱旋門賞への遠征といえば、日本国内の超一流馬によって行われるのが常であった。
10億円ホースのタップダンスシチーや、社会現象を巻き起こしたディープインパクトなど、もはや日本国内に敵のいなくなった名馬達によって、凱旋門賞挑戦の歴史は紡がれてきたのである。

そういった意味で、この年の2頭は異例であった。
まず、この2頭のうち本命と目されていたヴィクトワールピサ古馬との対戦実績に乏しい3歳馬
ナカヤマフェスタはG1古馬でこそあったものの、遠征前の宝塚記念では8番人気と、特段の注目を集める馬ではなかったのだ。

しかし、陣営にはそれぞれ確かな勝機があった。
まずヴィクトワールピサは3歳馬であるため、古馬より3.5kgも軽い斤量でレースに臨むことができる。
ここまで皐月賞勝利、日本ダービー3着と実力を示してきたヴィクトワールピサにとっては、古馬との対戦実績の乏しさを補って余りある好条件だった。

そしてナカヤマフェスタには、かつてエルコンドルパサーを2着に導いた二ノ宮調教師と蛯名騎手が帯同することが決定していた。
彼らは「チーム・エルコンドルパサー」として、11年越しの悲願を果たそうとしていたのだ。

フランスに降り立って以降の前哨戦では、ヴィクトワールピサがニエル賞で確かな末脚を見せて4着、ナカヤマフェスタがフォワ賞で2着と、それぞれ見どころ十分な結果を残した。

しかしレース当日は、ヴィクトワールピサが10番、ナカヤマフェスタが9番人気。
エプソムダービーをレコードで勝利したワークフォースや、G1四冠のフェームアンドグローリーなどの有力馬が出走する今回のレースで、一介の海外G1馬に過ぎない日本勢はあくまで伏兵の扱いだった。

現地時間16:05。
ゲートが開くと、大きく出遅れる馬はおらず馬群はひとかたまり。
プヴォワールアブソリュプラントゥールらが前方で先行争いをするなか、ナカヤマフェスタは中段外側、本命ヴィクトワールピサはやや内につけていた。
フランス競馬特有のゆったりとした速さでレースは進み、第三コーナーを抜けてフォルス・ストレートへ。
各馬が最後の直線に向けて位置取りを競うなか、日本馬2頭は思わぬ悲劇に襲われる。

馬群に包まれ、進路を失ってしまったのだ。
特にナカヤマフェスタは外から馬体をぶつけられ、鞍上の蛯名騎手が立ち上がるほどの不利を受けた。
欧州馬たちが思い通りに馬体を内に潜らせ、また外に持ち出す中、ナカヤマフェスタワークフォースの進出に合わせるようにして、どうにか進路を確保した。

レースが最後の直線に至るころ、日本のファンの間には早くも諦めのムードが漂っていた。
本命ヴィクトワールピサは走路確保のために最後方まで順位を下げたうえ、ナカヤマフェスタもここまでにかなりの不利を受けていたからだ。
今年もまた駄目なのか。
諦念に顔を伏せたファン達の耳に、実況席からある日本馬の名前が飛び込んできた。

 

ナカヤマフェスタだ。
最後のたたき合いを繰り広げる馬たちの先頭に、ナカヤマフェスタの姿があった。
その末脚は、かつて二ノ宮調教師が仕上げ、蛯名騎手が手綱をとった名馬、エルコンドルパサーを思わせるほどの勢い。
内からのワークフォースの猛追を必死で凌ぐうち、2頭は他馬を置き去りにしていた。

残り100m、ワークフォースが先頭に立った。
しかし、ナカヤマフェスタはまだ脚を残している。
一時はクビ差ほどまで開いた両者の間隔が、一完歩ごとにじわり、じわりと詰まっていく。
このまま差し返してくれ――、日本中のファンが、期待とも祈りともつかない気持ちでたたき合いを見つめた。
しかし、ナカヤマフェスタが先頭にアタマ差まで迫ったそのとき、ワークフォースの鼻先はゴールラインを通過していた。

またもお預けとなった日本馬の勝利。
しかし、凱旋門賞での連対は日本調教馬として11年ぶり、内国産馬としては初めての快挙であった。

当時、決して超一流とはいえなかったナカヤマフェスタ
彼が凱旋門賞で2着となった事実は、日本の競馬関係者を大いに驚かせた。
そして、当日の着順こそ7着と振るわなかったヴィクトワールピサだが、彼もまた3歳馬による凱旋門賞挑戦という貴重な前例を作り上げ、次世代へバトンを繋いだのだ。

そうして日本競馬界の新たなマイルストーンとなった2頭は、翌年ふたたび凱旋門賞に挑むこととなった。
結果はヴィクトワールピサが出走取りやめ、ナカヤマフェスタが12着というものだったが、彼らの挑戦し続ける姿勢は、日本競馬界を大きく勇気づけたのだった。

第89回凱旋門賞
1着:ワークフォース(R・ムーア)
2着:ナカヤマフェスタ(蛯名正義)
3着:サラフィナ(G・モッセ)

アドレナリン競馬予想とは 2016年アドレナリン競馬的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る