今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

ダンスインザダークは菊花賞の翌日屈腱炎で引退しました

ダンス一族の良血を引く彼の活躍は約束されていたと言えます

ダンスインザダークの基本情報

馬名 ダンスインザダーク
生年月日 1993年6月5日
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
戦績 8戦5勝
主な勝ち鞍 ’96菊花賞(G1)
調教師 橋口弘次郎
騎手 武豊
馬主 (有)社台レースホース
生産者 社台ファーム千歳

 

日本には一族と呼ばれる血統があるの。

 

90年代を彩ったその一族は『ダンス一族』と呼ばれたわ。

 

父は90年代に時代を気付いたサンデーサイレンス。

 

母はニジンスキーの血を引くダンシングキイ。

 

兄にはクラシックで活躍したエアダブリン。

 

姉はオークス馬のダンスパートナー。

 

生まれる前から走る事が約束されていたのよ。

 

6月生まれは競走馬としては遅生まれだったわ。 

遅生まれというのはサラブレッドにとっては致命傷で、早生まれに比べたら成長が遅いというハンデを抱える事になるの。

 

だけど、調教師の橋口弘次郎はこの馬にただならぬモノを感じていたわ。

 

1995年の12月にデビューを迎えたダンスインザダークは、ここで衝撃的なレースを見せたのよ。 

中団からレースを進めていたダンスインザダークは、直線を向いて逃げ馬が逃げ込みを図ろうとするのを上り最速で差し切り勝ちを収めたのよ。

 

しかも終始内にササリながらの勝利だったの。

 

この勝ち方は一躍ダンスインザダークの評価を上げたのよ。

 

次のレースに選ばれたのはラジオたんぱ杯3歳ステークス。 

ここには同じサンデーサイレンス産駒の、ロイヤルタッチとイシノサンデーも出走していたわ。

 

新馬戦を勝ったばかりのダンスインザダークは2番人気に推されたの。

 

初めての重賞級の馬を相手にしたダンスインザダークだったけど、やはり遅生まれのハンデ差は否めなかったわ。

ロイヤルタッチ、イシノサンデーから3馬身半の3着だったの。

この時期での力の差はまだあったわ。

 

だけど、ダンスインザダークは己の成長力でその差を着実に埋めていったのよ。

 

年明け最初のレースに選ばれたのはクラシックへの登竜門のきさらぎ賞。 

ここで相対するのはラジオたんぱ杯3歳ステークスで敗れたロイヤルタッチだったわ。

 

結果は負けてしまったんだけど、2か月前には3馬身半あった着差がクビまで縮まっていたわ。

 

確実に彼らにダンスインザダークが追い付いてきたのよ。

 

そして、皐月賞トライアルの弥生賞に向かったわ。 

1番人気はイシノサンデーに譲ったんだけど、勝ったのはダンスインザダーク。

 

この時点で既にクラシックと言うものがはっきりと見えていたわ。

 

これで、堂々と皐月賞へ迎える。 

と思っていた矢先にダンスインザダークが発熱し皐月賞を回避せざるを得なくなったの。

 

そして、ダービーの前にプリンシパルステークスに出走することになったわ。

 

1996年5月11日プリンシパルステークス。 

ダンスインザダークは単勝1.1倍のダントツの支持を受けてレースに挑んだわ。

 

ただ…

 

ここには最大のライバルになる馬が出走するはずだったの…

 

それを尻目に好位からレースを進めていったダンスインザダークは、1頭だけ抜けた上りを繰り出し圧勝。 

武豊に初めてのダービーをもたらすのはこの馬だと誰もが思ったわ。

 

そして、様々な思いが交錯した競馬の祭典が幕を開けたの。

 

1996年6月2日第63回日本ダービー 

ダンスインザダークはもちろん1番人気での出走となったわ。

 

鞍上の武豊はこれまでに数々のタイトルを手にしていたんだけど、ダービーだけはどうしても手が届いていなかったの。

 

それは、調教師の橋口も同じだったわ。 

お互いにどうしても欲しいタイトル。

 

それが『日本ダービー』なのよ。

 

2枠3番の内に入ったダンスインザダークと武豊は積極的に4番手から競馬を進めたわ。 

これは武豊がダービーを勝ちに行くための戦法だったの。

 

それだけ、この馬とのダービーに掛ける思いというのは並大抵のモノではなかったのよ。

 

サクラスピードオーが作り出したペースは、1000m通過が61.4と早くも遅くもなかったわ。 

そのペースを4番手でダンスインザダークは、武豊に支持に従いガッチリと折り合っていたの。

 

ダンスインザダークの後ろには皐月賞馬のイシノサンデー、フサイチコンコルド、中団にロイヤルタッチという隊列で流れていったわ。

 

直線を向きダンスインザダークが早めに先頭に立つ。 

坂を上ってもなお先頭。

 

人気のロイヤルタッチもイシノサンデーも追って来ない。

 

武豊の悲願達成かと思われた瞬間であったわ…

 

オレンジの帽子が音速の如く飛んできた。

 

“フサイチコンコルド”

 

本来ならプリンシパルステークスで雌雄を決するはずだった相手に、1番の舞台で差し切られたのよ。 

3戦目でのダービー勝利という空前絶後の記録を作り、ダンスインザダークはその引き立て役になってしまったの。

 

武豊、橋口弘次郎共に頭が真っ白になったというわ。 

この無念を晴らせるのは残り1レース。

 

菊花賞しか残されていなかったの。

 

夏に予定していたイギリス遠征が白紙になり休養に充てたダンスインザダーク。 

秋の初戦には京都新聞杯が選ばれライバルを抑えて勝利。

 

残された最後の淀の戦いに向かっていったわ。

 

1996年11月3日菊花賞 

ダービーで足元を救われたライバルも出走をしてきたがファンはダンスインザダークを1番人気に指示したわ。

 

17番枠からスタートしたダンスインザダークを武豊は中団に位置付け、そして最内に進路を取っていたの。

 

ダンスインザダークのライバルと目されている馬たちは全てダンスの前にいたわ。

 

ポジション的にはライバルを見れる絶好のポジションであったんだけど…

 

3コーナーの坂の下りで先行した馬たちが次々に下がってきてしまい、外に出すことが出来なくなってしまったのよ。 

それに合わせて、ダンス自身が最内で前が壁になり身動きが取れないポジションまで下がってしまったわ。

 

橋口は思った 

「終わった…」と。

 

この時既にポジションは12番手。 

絶望的な位置だったわ。

 

だけど、武豊はそこから自らの手腕を発揮するのよ。

 

追い出しを開始したけれど、やはり前が壁になっていたわ。 

そこから強引に外に持ち出し、そこから鬼脚を発揮し上り33.8と長距離の常識では考えられない上がりで勝利。

 

見事、菊の大輪を咲かせたのよ。

 

翌年には海外遠征を控えていたけれど、菊花賞の翌日に屈腱炎を発症しそのまま引退することとなったわ。

 

わずか1年の8戦しか走っていない競走馬人生だったけど、その衝撃は今でも語り継がれているわ。

 

名馬一覧