朝日杯3歳ステークス

朝日杯 3歳ステークス

これは、朝日杯フューチュリティステークスに名前を変える前の話である。

1997年の朝日杯3歳ステークスは1頭の栗毛の馬の独断馬であった。
アメリカから持ち込まれたこの馬は『マルゼンスキーの再来』と言われる程の強さを発揮していた。
その栗毛の馬こそ『グラスワンダー』

1997年12月7日中山競馬場で第49回朝日杯3歳ステークスが行われた。

ダントツの1番人気に推されたのが外国産馬のグラスワンダー。
単勝オッズは1.3倍。
美浦の尾形充弘厩舎に入厩したグラスワンダーは、デビュー戦を快勝し 続く、オープン、G2と連勝しこのG1の舞台に向かって来た。
その強さは計り知れずここでの負ける姿など想像も出来なかった。

2番人気にはこちらも外国産馬で新馬、オープンと連勝してきたフィガロ。
3番人気は函館3歳ステークスを制したアグネスワールド。
しかし、3番人気と言えど単勝オッズは12倍と完全な1強ムードであった。

スタートをしてまずはマウントアラタがハナを叩いていく。
2番手にはシンボリウォード、3番手の内にアグネスワールド。
その後ろに、フィガロとマイネルラヴがいた。
1番人気のグラスワンダーは中団の外目に位置していた。

逃げたマウントアラタが作り出したペースは45.4と超の付くほどのハイペースであった。
その3馬身ほど後ろにシンボリスウォードとマイネルラヴ。
内にアグネスワールド、外にフィガロ
そして、残り600mを過ぎた辺りから徐々に栗毛の怪物が進出を開始する。
前の馬たちを一気に捉えるわけでは無く、じわりじわりと追いつめるように進んでいた。
まるで獲物を狙う野生動物のように虎視眈々と狙っていた。
4コーナーを大外を回って来たグラスワンダー。
先に抜け出したのはマイネルラヴだが、坂を上ってマイネルラヴを捉えると後は突き放すだけだった。
繰り出した上り3ハロンは35.4。
もちろんメンバー最速であった。

その地を這うような走りには恐ろしささえ覚える程であった。
勝ちタイムは当時としては破格の1:33.6の驚異的なレコード

その走りっぷりと勝ちタイムから『マルゼンスキーの再来』と称され
その年の最優秀3歳牡馬に文句なしで選ばれた。

第49回朝日杯3歳ステークス
1着:グラスワンダー(的場均)
2着:マイネルラヴ(蛯名正義)
3着:フィガロ(福永祐一)

アドレナリン競馬予想とは 2016年アドレナリン競馬的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る