ディープインパクト

圧倒的な強さ、史上最強と呼び声も高い名馬

ディープインパクトは、2005年と2006年の年度代表場として活躍した競走馬で、史上6頭目の三冠馬です。
ディープインパクトのレースを観戦したことがある人にとっては、 その圧倒的な末足の凄さに驚いた人も多かったに違いありません。
4コーナーを回って最後の直線に至るとエンジンが掛ったかのような加速度を増し、 一気に他馬を寄せ付けない脚色は衝撃的でもあり、強いな!と実感させられます。
主戦は名ジョッキーと名高い武豊氏が勤めましたが、 「走っているというよりは飛んでいる」といった表現で絶賛した競走馬です。

そんな競走馬でもあるディープインパクトですが、2002年3月25日で北海道のノーザンファームで産まれました。
父はブームを起こしたサンデーサイレンス、母はウインドインハーヘアです。
産まれた当初は、それほど馬体的には優れている感じがしなかったそうです。
そして、池江泰郎厩舎に入厩する訳ですが、馬体が小さくちょっときゃしゃな感じがすることで牝馬かと間違うほどでした。

ただ坂路調教でもタイムが良くて、走った後も疲れたそぶりを見せないということで「只者ではない」と感じたそうです。
そして、2004年の12月19日に行われた新馬戦で2着に4馬身差を付ける圧勝、続く若駒ステークスにて10馬身の差があったのを 4コーナーから一気に加速して、結果として5馬身差の圧勝となり、一目脚光を浴びる存在となりました。
この若駒ステークスの勝ちっぷりを見て、多くのファンがクラシック戦線でも活躍する存在になりそうだと 期待されるに至りました。

過去の歴代年度代表馬
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る