g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

プロキオンステークス予想 2017

レースの見どころ
2017年7月9日に中京競馬場でプロキオンステークスが行われるわ。

レース自体は今年で第22回目と歴史があるけれど、2012年から中京競馬場に舞台が移ってレースの傾向もガラッと変わった印象なの。

今回は2012年まで遡った過去5年間のデータを見ていくわよ。

勝ち馬の名前を並べてみると昨年のノボバカラや、2014年〜2015年と連覇したベストウォーリア、2013年のアドマイヤロイヤルなど、中央・地方問わずダートの重賞競走を賑わせていた面子よね。

中京競馬場は最終コーナーがバンク(傾斜)になっているし、直線も坂があって馬力が問われるし、強い馬が能力を出し切れる舞台と考えて良さそうだわ。

今年も出走各馬の能力比較が的中のカギになりそう!


それじゃ、今年の登録馬を見てちょうだい。

競争成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アキトクレッセント56.0清水久詞栗東
イーデンホール56.0中内田充栗東
ウォータールルド56.0岡田稲男栗東
エイシンバッケン56.0中尾秀正栗東
カフジテイク57.0湯窪幸雄栗東
キクノストーム56.0吉田直弘栗東
キングズガード56.0寺島良栗東
コパノジョージ56.0村山明栗東
コパノチャーリー56.0村山明栗東
コンサートドーレ53.0村山明栗東
ゴーインググレート56.0岩元市三栗東
トウケイタイガー57.0松下武士栗東
ナンチンノン56.0中竹和也栗東
ブライトライン56.0鮫島一歩栗東
ベストマッチョ56.0手塚貴久美浦
マヤノオントロジー56.0安達昭夫栗東
メイショウウタゲ56.0安達昭夫栗東
レヴァンテライオン53.0矢作芳人栗東
チャーリーブレイヴセン56.0尾関知人美浦

それじゃ、ここからデータを使ってプロキオンステークスを分析していくわね。

以下のデータは、中京競馬場に舞台が移ったプロキオンステークス過去5年分のデータよ。


まずは、前走人気別成績

前走人気別成績
前走人気別成績

馬券圏内への好走馬のほとんどは「前走1〜2番人気」の馬。

前走の時点で高い評価を受けていた馬は素直に信頼して良さそうだわ。

ちなみに前走6〜9番人気だった馬が1勝しているけど、これは2012年のトシキャンディ(前走6番人気)。

この年は重賞とは思えない緩ペースで逃げて、まんまと逃げ切ったレースだから例外中の例外と考えて大丈夫よ。

あと、好走数では「前走1番人気馬」の成績がいいけど、好走確率では「前走2番人気馬」の成績が抜群にいいから、この点も注目してほしいわ。


【前走1番人気】
・エイシンバッケン
・ベストマッチョ
・トウケイタイガー(※地方競馬)
・マヤノオントロジー(※地方競馬)

【前走2番人気】
・イーデンホール

【前走3〜5番人気】
・カフジテイク(※海外競馬)
・キングズガード
・コパノジョージ(※地方競馬)
・ナンチンノン

【前走6〜9番人気】
・アキトクレッセント
・ウォータールルド
・ブライトライン
・メイショウウタゲ
・レヴァンテライオン

【前走10番人気以下】
・キクノストーム
・コパノチャーリー
・コンサートドーレ
・ゴーインググレート
・チャーリーブレイヴ


次は、前走着順別成績

前走着順別成績
前走着順別成績

これも本当にわかりやすい結果になっているわね。

前走で馬券圏内に好走していないと話にならなそうだわ。

ちなみに、ここでも前走6〜9着だった馬が1勝しているけど、これも2012年のトシキャンディ(前走6着)。

繰り返しになるけど、この馬は例外中の例外。気にしなくてもいいわ。

あと、ここでも前走人気と似たような現象が起こっていて、「前走1着馬」より「前走2着馬」の成績がいいから注目ね。


【前走1着】
・エイシンバッケン
・ベストマッチョ
・メイショウウタゲ
・トウケイタイガー(※地方競馬)
・マヤノオントロジー(※地方競馬)

【前走2着】
・アキトクレッセント
・キングズガード

【前走3着~5着】
・イーデンホール
・カフジテイク(※海外競馬)
・チャーリーブレイヴ

【前走6着~9着】
・ゴーインググレート
・ナンチンノン
・レヴァンテライオン

【前走10着以下】
・ウォータールルド
・キクノストーム
・コパノジョージ(※地方競馬)
・コパノチャーリー
・コンサートドーレ
・ブライトライン


次は、脚質別成績を見てみるわね。

脚質別成績
脚質別成績

逃げ馬の好走確率に目が行きがちだけれど、これも2012年のトシキャンディが数字を跳ね上げている結果なのよね〜。

とはいえ、2着に粘った逃げ馬もいるわけだし、追い込み馬の3着突っ込みも2頭いるわけだから、逃げ〜追い込みまで幅広く馬券に絡めるレースだと考えられるわ。

基本的には好走確率の高い先行馬と、好走数の多い差し馬狙いのスタンスで大丈夫そうよ。


【逃げ馬】
・コパノチャーリー
・トウケイタイガー

【先行馬】
・アキトクレッセント
・ウォータールルド
・チャーリーブレイヴ
・ナンチンノン
・ブライトライン
・ベストマッチョ
・メイショウウタゲ
・レヴァンテライオン

【差し馬】
・イーデンホール
・キクノストーム
・キングズガード
・コパノジョージ
・コンサートドーレ
・ゴーインググレート
・マヤノオントロジー

【追い込み馬】
・エイシンバッケン
・カフジテイク


次に、年齢別成績を見てみるわ。

年齢別成績
年齢別成績


これは数字が示す通りね。
狙いは「4〜6歳馬」で大丈夫。

ちなみに7歳で馬券に絡んだ4頭は以下のとおりよ。

・2015年
3着キョウワダッフィー
→2014年も2着と適正十分だった

・2013年
2着セイクリムズン
→地方・中央問わず重賞で散々勝ち負けした実績馬

・2013年
3着ダノンカモン
→1番人気での出走。G1でも勝負できるだけの馬

・2012年
3着ファリダット
→1番人気での出走。芝の重賞でも好走していた良血馬。

好走に至るだけの実績が過去にあるようなら、高齢馬だからといって無視は禁物って事かしら。

【3歳馬】
・コンサートドーレ
・レヴァンテライオン

【4歳馬】
・ベストマッチョ

【5歳馬】
・アキトクレッセント
・イーデンホール
・エイシンバッケン
・カフジテイク
・コパノジョージ
・コパノチャーリー

【6歳馬】
・キングズガード
・ナンチンノン
・メイショウウタゲ
・トウケイタイガー

【7歳馬】
・ゴーインググレート
・チャーリーブレイヴ

【8歳以上】
・キクノストーム
・ブライトライン
・マヤノオントロジー


次に、当日の人気別の成績よ。

人気別成績
当日人気別成績

これも分かりやすくていいわね。
勝ち馬2頭を輩出している「1番人気」と、連対馬3頭を輩出している「2番人気」の成績が目立つわね。

ここでも、10番人気以下だった馬が1勝していて妙に目立つけど、これも2012年のトシキャンディ(12番人気)なのよね。

そう考えると、好走馬はほぼ「1〜5番人気」から出ている結果になるわ。


最後に、枠順別の成績よ。

枠順別成績
枠順別成績

3枠の成績が抜群に良くて、次いで1枠。

2枠の成績だけ極端に悪いけど、これは能力のない馬が2枠に集中していただけで、たまたまね。

基本的にはコースロスなく回って行ける内枠が圧倒的に有利よ。


それじゃ、データをまとめるわ。

【前走人気別成績】
馬券圏内への好走馬のほとんどは「前走1〜2番人気」の馬

【前走着順別成績】
前走で馬券圏内に好走していないと話にならない

【脚質別成績】
好走確率の高い「先行馬」と、好走数の多い「差し馬」狙い

【年齢別成績】
「4〜6歳馬」で大丈夫

【当日人気別成績】
好走馬はほぼ「1〜5番人気」から

【枠順別成績】
コースロスなく回って行ける「1〜3枠」が圧倒的に有利


これらのデータと各馬のレース内容をもとに私のオススメ馬を紹介するわね。

注目馬1
ベストマッチョ(牡4)
【前走:麦秋ステークス(1600万下)1着(1番人気)】

3歳の2月が初出走と遅咲きながら、デビュー後は一気に素質を開花させて重賞戦線に殴り込みをかけていたわよね。

『根岸ステークス』でも2番人気に支持されていたけど、デビューから今まで3番人気以下になったことのない馬で、陣営からも競馬ファンかも高いポテンシャルを評価されている馬なの。

馬体重を増やしながら勝った前走は強い内容だったし、ここにきての本格化を伺わせる競馬だったと感じるわ。

デビューから一貫して左回りで走っているし、血統背景から馬力も十分に兼ね備えているから、中京競馬場には全く不安を感じないわね。

ここでの好走をきっかけに、秋は大きな舞台での活躍を見てみたい一頭だわ。


注目馬2
カフジテイク(牡5)
【前走:ゴドルフィンマイル(G2)5着(4番人気)】

前走が海外で行われた『ゴドルフィンマイル』だから異例の臨戦過程になるわね。

ただ、その前の『フェブラリーステークス』での3着や、『根岸ステークス』の一気の差し切り勝ちの内容から、G3クラスでは明らかに能力上位の存在と考えて間違いないわよ。

『プロキオンステークス』は昨年7着だから不安に感じる人もいるかもしれないけど、あの時は本格化する前だから納得の敗戦とも言えるの。

その後の成長度合いを考えれば、今年も凡走することは考えづらいと思うわよ。

追い込み脚質の馬でも届きそうだし、馬券圏内の軸って意味合いでは筆頭の存在じゃないかしら。


注目馬3
エイシンバッケン(牡5)
【前走:欅ステークス(OP特別)1着(1番人気)】

データ的には好走材料が揃っている馬ね。

ダートに路線変更した2015年の暮れ以降、ほぼ崩れることなく馬券圏内で好走を続けているから、安定感の高さはピカイチよね。

でも、裏を返せば安定感が災いして勝ちきれない弱みも抱えているのかもしれないわ。

追い込んでくる脚質だから展開に左右されてしまうのも原因だと思うの。

まぁ、そうはいっても今年に入ってからの充実度は随一で、G1でも掲示板を確保できるまでの成長を遂げているわ。

ここ3走で手綱をとっている岩田騎手も手の内に入れ始めた印象で、前走以上の走りは間違いないでしょうね。


注目馬4
キングズガード(牡6)
【前走:天保山ステークス(OP特別)2着(3番人気)】

昨年のこのレースも3着に好走していた馬よ。

ただでさえ中京競馬場のダート1400mは特殊な条件で、リピーターの好走が多いから、絶対に無視できない存在だと感じるわ。

休み明けだった『根岸ステークス』や、距離の長かった『フェブラリーステークス』では崩れてしまったけど、使われつつ調子を上げて、ここ2戦は素晴らしい走りを見せているわよね。

前走だって休み明けで58kgを背負っての競馬だから、実際は勝ちに等しい強い競馬だったと思うの。

叩かれて状態は急上昇しているし、メンバーを見てみても今回は好走必至じゃないかしら。


実績や自力に勝る、上位人気が強い重賞「プロキオンステークス」。
でも、データ的に好走濃厚と思われる、エビコが目をつけた【激走気配漂う馬】とは…



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます



2017年的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報 g3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る