g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

新潟大賞典予想 2017

レースの見どころ
今週日曜日に新潟大賞典が行われるわ。

裏開催の重賞が、荒れる夏競馬の始まりを感じさせてくれるわ。

4月22日に行われた福島牝馬ステークスでは、決着は3番人気⇒4番人気⇒1番人気だったけど、三連単が24,790円と上位人気の配当とは思えないわね。

それだけ予想が難しく、荒れることを前提にしているファンが多いってことね。

私も穴党!しっかり穴馬を導き出し、的中も出していくわよ!

出走登録馬を見ると、今年の新潟大賞典も例年通り面白いレースになりそうね。

『それなりの実績がある馬 VS 条件戦上がりの馬』って感じの構図。

実績馬の筆頭はクラリティスカイ
勝ち星は2年前のNHKマイルC以降ないけど、今年に入ってからのG3では2レースとも馬券圏内で調子は上向きね。

ハンディキャップにもよるけど、名実ともにこのレースでは中心になるわね。


次はフルーキー
去年の夏前までは人気通りの結果を出していた馬だけど、休養明けから成績が悪いわね。

休養明けの馬体重が+16キロ、その後も馬体重の変動が大きく、当時の切れのある末脚が出せていないわ…。

当日の馬体重次第が480後半であればある程度安心できそうだけど、調教状態と馬体重に注目よ。


上記の2頭に比べると実績は見劣りするけど、シャイニープリンスも紹介するわ。

重賞での勝星はないけど、去年の新潟大賞典3着馬。

年末のディセンバーSから調子を上げて、年明けの金杯でも3着。

前走の福島民報杯ではもう少し良い走りが出来ると思ったけど、さすがに7歳馬スタミナが落ちているように感じるわ。

展開の助けがないと難しそうだけど、だからこそのハンディキャップ戦を選んできたんだと思うの。
穴党としては楽しみな馬よ。


続いて、相手となる馬を紹介するわ。

条件戦上がりではないけど相手筆頭はサンデーウィザード、1000万下⇒1600万下を1番人気で勝ち、福島民報杯OPにも1番人気で出走。

この馬は過去12戦連続で掲示板を確保していて、新潟大賞典でも上位人気になりそうね。

あとは、レッドソロモンメートルダールジュンヴァルカンハクサンルドルフなど、勢い良く条件戦を乗り越えてきた馬がいるわ。

データから今年も穴馬がしっかり選定できたわ。

後半で紹介するから、楽しみにしてちょうだい!


では、今年の登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アドマイヤフライト55.0梅田智之栗東
ウインインスパイア52.0高橋祥泰美浦
クラリティスカイ57.5斎藤誠美浦
サムソンズプライド54.0杉浦宏昭美浦
サンデーウィザード55.0大久保龍栗東
シャイニープリンス56.5栗田博憲美浦
ジュンヴァルカン55.0友道康夫栗東
トーセンレーヴ57.0池江泰寿栗東
トルークマクト54.0尾関知人美浦
ハクサンルドルフ55.0西園正都栗東
パリカラノテガミ53.0清水英克美浦
フルーキー57.5角居勝彦栗東
マイネルフロスト57.0高木登美浦
ムスカテール56.0友道康夫栗東
メートルダール55.0戸田博文美浦
モズライジン55.0矢作芳人栗東
レッドソロモン56.0庄野靖志栗東
ロンギングダンサー54.0田村康仁美浦
シャドウウィザードセン52.0勢司和浩美浦
バロンドゥフォールセン53.0久保田貴美浦

現状20頭の登録があるから、フルゲートが期待出来るわ。

今年も良い配当が出そうで楽しみね。

早速、その配当を過去10年分みてもらうわ!

3連単

10回中6回が10万馬券、残りの4回も2014年の堅い決着以外では、6番人気以下の馬が絡んでいるわね。

これだけ荒れる理由は1番人気があまり馬券に絡んでいないこと!

2014年含め、過去10年で1番人気が絡んだのはたった3回。

とはいえ、2014年以外の2回は10万馬券…。

考え方としては荒れる前提で1番人気を外し、6番人気以降を馬券に絡める!という感じね。


それじゃ本題、データではどんな傾向があるか見ていくわよ!

初めは前走クラス別成績

前走クラス別成績
前走クラス

前走が1600万以下の条件戦から参戦する馬は、厳しい結果になっているのがわかるわ。

唯一2着に入ったのは2008年の6番人気マンハッタンスカイだけ

あとで紹介するけど、54キロの軽いハンディだったということも理由の1つね。

過去10年分のデータでは前走1600万下の出走馬11頭。

それに対して今年は4頭もいるから、押さえという意味で注意はしておきたいわ。

前走G1出走は、2013年・2016年に勝ったパッションダンス

基本的にG1馬のローテーションで、新潟大賞典を使うことは無いってこと。

今年は、前走G1出走馬はいないわ

成績の中心は、OP~G2までのクラスで走っていた馬。

中でも前走OPの馬が優勢、特別1着の数だけじゃなく勝率的にもOP馬が頑張っているわ。

配当が高い理由はここにもあるってことね。

■前走G2
・ジュンヴァルカン
・トーセンレーヴ
・フルーキー
・マイネルフロスト
・モズライジン

■前走G3組
・クラリティスカイ
・ムスカテール
・レッドソロモン
・サムソンズプライド

■前走OP
・アドマイヤフライト
・ウインインスパイア
・サンデーウィザード
・シャイニープリンス
・トルークマクト
・バロンドゥフォール
・ロンギングダンサー

■前走1600万下組
・シャドウウィザード
・ハクサンルドルフ
・パリカラノテガミ
・メートルダール


次は前走の人気別成績よ。

前走人気別成績
前走人気

4番人気が抜けているけど、9番人気以内の勝率は横ばい!

複勝率まで見ると、1番人気よりも6番人気~9番人気の数値の方が高いわ

6番人気~9番人気の馬が毎年0.8頭絡んでいるって計算になるから、今年も注目したいデータね。

3着まで考えると前走10番人気以下が2頭絡んでいるから、三連系は多少リスクが伴いそう

荒れる事と点数を広げ過ぎないことを前提に、前走6番人気~9番人気の馬を軸に、前走9番人気以内の馬に流す馬連勝負が良さそうね!

■前走1番人気~5番人気
・クラリティスカイ
・サンデーウィザード
・シャイニープリンス
・ジュンヴァルカン
・ハクサンルドルフ
・メートルダール

■前走6番人気~9番人気
・アドマイヤフライト
・シャドウウィザード
・トルークマクト
・モズライジン
・ロンギングダンサー

■前走10番人気以降
・ウインインスパイア
・トーセンレーヴ
・パリカラノテガミ
・バロンドゥフォール
・フルーキー
・マイネルフロスト
・ムスカテール
・レッドソロモン

■中止
・サムソンズプライド


続いては前走着順別成績。

前走着順別成績
前走着順

基本的に頭は、前走掲示内に入った馬ね。

今年は、前走6着以下の対象馬が12頭もいるから、確率的には2着には掲示板外の馬も押さえる必要がありそう。

人気別成績のデータとは相反する買い方になるけど、頭を決めて2着を幅広くという感じかしら。

この2つのデータで、どちらを軸に予想するか?しっかり検討する必要がありそう。

これは週末まで、じっくり考えるわ!


最後は、当日の斥量別成績よ。

斤量別成績
斤量

馬体重が出ないと判断できないけど、傾向としては軽ハンディの馬が馬券に絡むのは難しそうね。

条件戦からの参戦だと軽ハンディが多いけど、実績のある馬が休養前の賞金稼ぎとして本気で戦うっていうことのようね。

直近での成績だけに注目してしまうと、痛い目をみるわよ!


それじゃ、データをまとめるわ。

■前走クラス別成績
OP~G2の馬が馬券の中心、条件戦の馬は相手に押さえる程度

■前走人気別成績
前走4番人気が抜けているが、9番人気までは横ばい
6番人気~9番人気の馬を軸に馬連馬券がセオリー

■前走着順別成績
前走掲示板内に入った馬が中心だが、6着以下の台頭も注意すべき
頭は掲示板組、相手には幅広く考える必要あり

■当日の斤量別成績
53キロ以下の軽ハンディは無視!
重すぎるハンディを背負う実績馬も馬券には絡みづらい


以上のデータから、現時点での注目馬を紹介するわ!

注目馬1
クラリティスカイ
(前走:小倉大賞典(G3)3着)

まずは実績No.1のこの馬から紹介するわ。

今週のメインであるNHKマイルカップを2年前に勝ったG1馬。

以降、1年以上馬券に絡むことなく過ごしてきたけど、昨年秋口から体制が整って来たわ。

瞬発力が問われるマイルでの戦いは止め、距離を伸ばしたことが功を奏したわね。

マイルを辞めてから5戦して4度掲示板を確保。

今年に入って2戦したG3でも、共に馬券に絡む好成績。
この先G1戦線に立つことは難しいと思うけど、G3ならまだまだ戦えるわ!


注目馬2
サンデーウィザード
(前走:福島民報杯(OP)3着)

こちらもクラリティスカイ同様、元気な5歳馬。

未勝利戦を抜けるまでに5戦掛かった遅咲きの馬だけど、ここ12戦掲示板を外していない安定した走りをしているわ。

2走前の関門橋ステークス辺りから差し気質がしっかり見えてきて、前走の福島民報杯でも良い足を使えたわ。

292mと直線が短い福島コースでは、その足を最大限に発揮できなかったけど、新潟では存分に発揮できそう!

新潟は初めてだけど、前走の輸送でも大きな弊害はなし!

重賞初参戦にして初勝利できる逸材だと思うわ。


注目馬3
ジュンヴァルカン
(前走:日経賞(G2)9着)

新馬戦から重賞以外では掲示板を外していない馬。

重賞と言っても前走の日経賞は、単騎出遅れ。

また、菊花賞はちょっと距離が長すぎたし、これまた出遅れ。

前々走の条件戦もそうだったけど、スタートがカギになりそうね…

力量で言えば、昨年青葉賞を勝ったヴァンキッシュランと互角の戦いをしていたわけで、実績がないだけの有力馬。

実績がないからこそ、軽ハンディで戦えるから新潟大賞典はチャンス言えるわ。

鋭い切れ脚タイプでは無いから出遅れは致命傷!

まだまだ4日目の良い馬場状態、出遅れさえなければ残り切ることは可能よ。


注目馬4
シャイニープリンス
(前走:福島民報杯(OP)9着)

まだまだ良い足が使える7歳馬。
前走の福島民報杯では、もう少し走れると思ったというのが正直な感想だけど、少しハンディがきつかったようね。

右周りの実績の方が高いけど、去年の当レースでは5番手追走の逃げ残り3着。

1着は難しいけど、去年同様の走りが出来れば再現可能だとおもうわ。

斥量によっては対象外にする可能性もあるけど、現状では穴馬として注目しているわ。


注目馬5
メートルダール
(前走:アメジストS(1600万下)1着)

今年出走する前走条件戦組で、もっとも可能性を感じる1頭。

新馬戦から11戦しているけど、掲示板を外したのは昨年のセントライト記念のみ

休み明けということもあり、スタートから首が外を向き動きづらそうに走っていたわね。

最後の直線、前が空かない状態で無意味に追った感じで、あれは騎手のせいと考えるわ!

右回り・左回り、どちらでも数字に大きな差は無いけど、鋭い良い足は左回り向き、2カ月半ぶりのレースではあるけど、2着までなら可能性があるわよ!


出走登録馬から10万馬券は堅そう!
夏競馬を占う大事な一戦で、
エビコが劇的な穴馬を選定した!


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

2017年 的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
g3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る