今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

新潟大賞典2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 新潟大賞典 事前予想

今週は、新潟競馬を盛り上げるハンデキャップ重賞、新潟大賞典の予想をしていくわ!

ハンデ走ということで、みんな大荒れの高配当に期待しているだろうけど、このレースの荒れかたは尋常じゃないのよ。

なんとこの新潟大賞典、過去10年で1番人気馬が1勝もしていないの。

こういうレースで大事なのは、世間の評判に流されず、データを使って軸馬を選出すること。

今回も、いつものデータさばきを駆使して、10万、100万馬券につながる勝ち馬候補を見つけ出したわ!

このページの最後で紹介しているから、楽しみにしててちょうだい。

さっそく、今年の特別登録馬を見てもらうわね。

2018年 新潟大賞典 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アウトライアーズ 54.0 小島茂之 美浦
ウインテンダネス 51.0 杉山晴紀 栗東
カレンラストショー 54.0 橋口慎介 栗東
ケントオー 56.0 西橋豊治 栗東
シャイニープリンス 56.0 栗田博憲 美浦
スズカデヴィアス 56.5 橋田満 栗東
ステイインシアトル 57.0 池江泰寿 栗東
ステファノス 58.0 藤原英昭 栗東
トーセンマタコイヤ 54.0 加藤征弘 美浦
ナイトオブナイツ 54.0 池添兼雄 栗東
ナスノセイカン 55.0 矢野英一 美浦
ハクサンルドルフ 55.0 西園正都 栗東
マイスタイル 55.0 昆貢 栗東
ラインルーフ 54.0 松永昌博 栗東
レーヴミストラル 57.5 高野友和 栗東
ノットフォーマル 50.0 中野栄治 美浦
ハッピーユニバンス 51.0 平田修 栗東
ロッカフラベイビー 51.0 鹿戸雄一 美浦
トリオンフ セン 57.0 須貝尚介 栗東

それじゃ、過去10年のデータをもとに、新潟大賞典の予想を進めていくわ。

前走クラス別成績から見てもらおうかしら。

2018年 新潟大賞典 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3勝 0- 1- 1- 10/ 12 0.0% 8.3% 16.7%
OPEN非L 5- 2- 4- 40/ 51 9.8% 13.7% 21.6%
G3 2- 3- 4- 47/ 56 3.6% 8.9% 16.1%
G2 2- 4- 1- 29/ 36 5.6% 16.7% 19.4%
G1 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
海外 0- 0- 0- 0/ 0

 勝ち馬の半分は前走OP特別組から 出ているのね!

連対率・複勝率も申し分ないから注目よ。

今回該当するのは以下の6頭だけど、この後のデータで何頭か切ることになるわ。
気を付けてちょうだい!

ケントオー
シャイニープリンス
ハクサンルドルフ
マイスタイル
ラインルーフ
レーヴミストラル

また今年は、G1(大阪杯)を使ってきたトリオンフや、海外G1(香港カップ)帰りのステファノスが人気になりそうだけど…。

その辺りのレースについては、前走クラス別成績のデータが少ないの。
彼らについてここでは何ともいえないわ。

他のデータを使って判断していきましょう。

次に、前走着順別成績を見てちょうだい。

2018年 新潟大賞典 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2- 1- 6- 15/ 24 8.3% 12.5% 37.5%
前走2着 3- 3- 2- 6/ 14 21.4% 42.9% 57.1%
前走3着 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
前走4着 2- 1- 0- 8/ 11 18.2% 27.3% 27.3%
前走5着 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
前走6〜9着 1- 1- 1- 36/ 39 2.6% 5.1% 7.7%
前走10着〜 1- 3- 1- 50/ 55 1.8% 7.3% 9.1%

前走2の馬が妙に好成績だわ。

複勝率にいたっては50%超えで、馬券にならない方が珍しいくらいの数字。

「勝ち同然の成績をおさめながら、実際に勝った馬ほどはハンデに響かない」というような影響があるのかもしれないわね。

今回該当するのはマイスタイル1頭、忘れずに押さえておく必要がありそうよ。

またここでは穴馬を探すために、前走6着以降で馬券に絡んできた馬の共通点を調べてみたの。

すると該当する8頭全員が前走でG3以上のレースを使っていて、うち7頭は前走人気が7番以降であることがわかったわ。

OP特別以下のクラスで惨敗したような馬や、重賞で期待を裏切って目標を下方修正してきたような馬は買えないってことね。

ケントオーシャイニープリンスステイインシアトルラインルーフレーヴミストラルは切ったほうがいいわよ。

次は、所属別成績を見てもらうわね。

2018年 新潟大賞典 所属別成績

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 4- 4- 5- 50/ 63 6.3% 12.7% 20.6%
栗東 6- 6- 5- 78/ 95 6.3% 12.6% 17.9%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

輸送距離の関係か、関西馬の成績が関東馬とほとんど変わらないわ。

むしろ、複勝率については関東馬のほうがいいくらい。

このレースにおいて「西高東低」は成立しないのね。

穴馬は関東馬から探すといいことがありそうよ。

次は、脚質別成績よ。

2018年 新潟大賞典 脚質別成績

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
平地・先行 2- 3- 2- 28/ 35 5.7% 14.3% 20.0%
平地・中団 6- 6- 3- 46/ 61 9.8% 19.7% 24.6%
平地・後方 2- 1- 5- 44/ 52 3.8% 5.8% 15.4%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

600m以上の直線をもつ新潟の芝2000m(外回り)だけあって、かなりの割合で差しが決まっているわ。

また、逃げ馬がまったく馬券になっていないのも特徴的ね。

このレースでは、後ろからの競馬でいい成績を残した馬から重点的に買っていきましょう。

さあ、ここで現時点における注目馬を発表するわ。

2018年 新潟大賞典 注目馬①

マイスタイル(牡4
【前走:福島民報杯(OP特別)1番人気2着】

前走では、アダムバローズとハナを競い合う超ハイペースの展開から、マイネルサージュの2着に逃げ粘ったマイスタイル

勝利を逃したのは残念だったけど、前走OP特別で2、というのがこのレースの好走材料であることはすでに話したとおりよ。

そもそも前走は半年の休養明け。
それで1着馬とハナ差のレースをしたんだから、実力はかなりのものよね。

力関係の面でも好走は間違いなさそうな彼だけど、ちょっと不安なのが脚質。
前で競馬をしたがる彼が、直線の長いこのレースでどこまで通用するか心配だわ。

とはいえ、このレースは賞金加算を目指す陣営にとって、何としても勝たなければならないところ。

あらゆる手を尽くして、勝利を目指してくるはずよ!

2018年 新潟大賞典 注目馬②

ハクサンルドルフ(牡5
【前走:六甲ステークス(OP特別)3番人気4着】

前走の六甲ステークスでは、上がりトップの脚を見せながら4着に敗れたハクサンルドルフ

上で紹介したマイスタイルとならんで、ここまでに切る要素の無かった前走OP特別組だから注目せざるを得ないわ。

彼の最後の勝ち鞍は4走前の甲斐路ステークス(1600万下)だけど、これは府中の1800mで行われたレース。

本走と同じように瞬発力勝負になりがちなコースだから、ここを勝っているのは大きいわ!

今のところ人気もほどほどに落ち着きそうだし、配当面でも期待できる1頭よ!

1番人気が全然勝てない、大波乱の新潟大賞典
100万馬券を掴むカギは、新潟で好走経験のあるアノ関東馬よ!

2018年 新潟大賞典 注目穴馬

ナスノセイカン(牡6
【前走:日経賞(G2)11番人気13着】

本走が、オープン入り後6度目の重賞挑戦となるナスノセイカン

2走前のエプソムカップでは10着と惨敗だったけれど、上がり3Fのタイムはレーストップ
道中の位置取り次第では馬券内に入ってもおかしくなかった走りで、差し馬として実力の片鱗を見せてくれたわ。

また、本走と同じ新潟の外回りである1800mで勝利した経験もあるのよね。
2016年の話とはいえ、この特徴的なコースで結果を残していることは見逃せないわ。

彼には、脚質関東馬であること、また前走の重賞で支持を得られず惨敗したことなど、このレースの穴馬に推せる材料が揃っているの。

きっちり押さえて、高配当をゲットしてちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次