g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

中山牝馬ステークス予想 2017

レースの見どころ
日曜日には、中山競馬場で牝馬限定戦重賞の中山牝馬ステークスが行われるわ。

このレースはヴィクトリアマイルの前哨戦として位置付けられているの。

でも、中山牝馬ステークスからヴィクトリアマイル出場した馬で、馬券に絡んでいることは少ないから、知らなかった人もいるかもしれないわね!

牝馬限定戦のハンデキャップ競走と言うことで、堅い決着は少なくて荒れるレースとして有名なのよ。

過去10年間では、139万馬券、244万馬券と高額な高配当が出ているレースだから穴党の私の出番ね。

このレースの見どころを挙げるとすれば“荒れるかどうか?”の一言に尽きると思うの。

こういうレースって『堅く決まったらしょうがない』くらいの気構えで穴を狙う方がいいと思うのよね。

昨年のルージュバックのような力で1枚抜けたような馬もいないし、荒れる可能性としては大。

ただ、人気が割れるのは間違いないし組み合わせによっては“えっ!?”っていうような配当が出そうだから難しいわね。

この荒れるかどうかのカギを握るのが人気馬!
中心になりそうなのは4歳馬ね。

まずは、秋華賞2着のパールコード。
重賞勝ちはないけど、フローラステークスと秋華賞で2着。

どちらのレースも決め手が鋭い馬に負けてしまって、瞬発力勝負になると分が悪いけど、過去の中山で勝ち鞍があるようにコース適性は証明済み。

ヴィクトリアマイルに向けてまず重賞勝利といきたいわね。

続く4歳馬は紫苑ステークスを勝ったビッシュ。
オークスで3着に入り、紫苑ステークスを勝ち秋華賞で1番人気に支持されるも結果は9着。

G1でここ2戦は結果が出ていないけど、この馬も中山コースの適性が高いし状態さえ整えば復活も十分可能ね。

古馬ではオープンのターコイズステークを制して挑んでくるマジックタイム

前走は後方から差し切り勝ち。
決め手は衰えていないし、1800mへの距離に対応出来れば上位争い出来るわ。

他では、愛知杯2着のサンソヴール、同じく3着のクインズミラーグロ

昨年のオークスで接戦を演じたフロンテアクイーンなど難解な馬が集まったわね。


それじゃ、今年の登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
ウインファビラス53.0畠山吉宏美浦
ウインリバティ50.0飯田雄三栗東
ウキヨノカゼ55.0菊沢隆徳美浦
クインズミラーグロ52.0和田正道美浦
サンソヴール52.0和田正一美浦
シャルール54.0松永幹夫栗東
タッチングスピーチ55.0石坂正栗東
デニムアンドルビー55.5角居勝彦栗東
トーセンビクトリー53.0角居勝彦栗東
ヌーヴォレコルト56.5斎藤誠美浦
ハピネスダンサー52.0高野友和栗東
パールコード55.0中内田充栗東
ヒルノマテーラ54.0昆貢栗東
ビッシュ55.0鹿戸雄一美浦
フロンテアクイーン53.0国枝栄美浦
プリメラアスール51.0鈴木孝志栗東
マジックタイム56.0中川公成美浦
メイショウマンボ54.0飯田祐史栗東
リーサルウェポン49.0武市康男美浦

ここからはデータを使って中山牝馬ステークスを分析していくわ。

以下のデータは、過去10年分のデータになるわ。


最初は、前走クラス別成績

前走クラス別成績
前走クラス

※2着同着があるためデータに差が生じているわ。

前走クラス別成績を見ると、G3から出走した馬がダントツの成績を収めているわ。

3着内率を見ても半分以上はG3からだからこれはまず要チェック。

じゃ、G3をレース別成績に分けてみるわ。

  愛知杯(牝馬限定):【3-1-1-14】
 京都牝馬S(牝馬限定):【2-1-4-27】
      東京新聞杯:【1-1-0-2】
       中山金杯:【0-1-0-2】
        阪急杯:【0-1-0-1】

となっていて、愛知杯と京都牝馬ステークスが抜けた成績を上げているわ。

これを見て思うのは、中山牝馬ステークスには同じ牝馬限定戦から出走した方がいいと言うのが分かるわ。

その一つの要因として上のグレードから出走すると自ずと斤量が重くなるから、G1・G2組は思ったような成績が収められていないと私は思うの。

逆に、1600万組は比較的軽めの斤量で出走できるから、格下クラスでも2着が4回と好走出来ているのね。

ちなみにデータ上、1600万組が掲示板を確保さえしていれば好走する可能性もあるわ!

【前走G1
・デニムアンドルビー
・パールコード
・ビッシュ
・メイショウマンボ

【前走G2
・ヌーヴォレコルト

【前走G3
・ウインファビラス
・ウインリバティ
・クインズミラーグロ
・サンソヴール
・シャルール
・タッチングスピーチ
・ヒルノマテーラ
・プリメラアスール
・リーサルウェポン


【前走OP】
・ウキヨノカゼ
・トーセンビクトリー
・ハピネスダンサー
・マジックタイム

【前走1600万】
・フロンテアクイーン


次は、前走着順別成績

前走着順別成績
前走着順

※2着同着があるためデータに差が生じているわ。

前走着順別成績を見たときに、掲示板内と掲示板外のどっちがいいかと言えば、掲示板外の馬の方が勝ち馬を多く出しているし、高配当を狙うと言う意味では前走掲示板外の馬を軸にして狙って行った方が面白いわね。

掲示板内を確保した馬の中では、前走3着馬と5着馬の成績が良いから掲示板内から馬を選ぶなら3着か5着の馬がオススメよ。

前走掲示板外だった馬は、ほぼG3から出走していて成績は【5-2-2-47】。

つまり、G3からの出走馬を狙うなら掲示板外に負けた馬を狙うのがいいようね。

【前走1着】
・フロンテアクイーン
・マジックタイム

【前走2着】
・サンソヴール

【前走3着】
・クインズミラーグロ

【前走4着】
・パールコード

【前走5着】
・該当馬なし

【前走6〜9着】
・ウインファビラス
・ウインリバティ
・ウキヨノカゼ
・トーセンビクトリー
・ヌーヴォレコルト
・プリメラアスール


【前走10着】
・シャルール
・タッチングスピーチ
・デニムアンドルビー
・ハピネスダンサー
・ビッシュ
・ヒルノマテーラ
・メイショウマンボ

・リーサルウェポン


次は、前走人気別成績

前走人気別成績
前走人気

前走人気別成績を見ると、圧倒的に6番人気以下の伏兵扱いや、穴馬扱いだった馬がここで好走しているのがわかるわ。

どんな格のレースであれ、前走人気になった馬より、人気のない馬を狙って行きなさい。

じゃ、ここで前走6番人気以下だった馬の当日人気別成績をまとめるわ。

1〜3番人気:【1-3-2-9】
4〜5番人気:【1-2-1-5】
6〜7番人気:【2-0-0-7】
8〜9番人気:【2-0-1-7】
10番人気以下:【0-3-2-47】

となっているんだけど・・・人気の有無に関わらず来ているわね。

ただ、勝ち馬の数としては当日6〜9番人気の馬が4頭、10番人気以下も5頭も馬券に絡んでいるから荒れる前提で予想をするなら、前走も当日も人気にならなそうな馬を狙うとかなりの高配当が期待出来るわ

【前走1番人気】
・トーセンビクトリー
・マジックタイム

【前走2番人気】
・プリメラアスール

【前走3番人気】
・該当馬なし

【前走4番人気】
・シャルール
・タッチングスピーチ

【前走5番人気】
・パールコード
・ヒルノマテーラ

【前走6〜9番人気】
・ウインファビラス
・ウキヨノカゼ
・クインズミラーグロ
・ヌーヴォレコルト
・ハピネスダンサー
・フロンテアクイーン
・リーサルウェポン


【前走10番人気】
・ウインリバティ
・サンソヴール
・デニムアンドルビー
・ビッシュ
・メイショウマンボ



それじゃ、ここまでのデータをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
G3組が圧倒的に強く、2着には1600万からの出走馬が入る。

【前走着順別成績】
前走掲示板内の馬より、掲示板外の馬を狙った方が良い。
特にクラス別成績を合わせるなら、G3に出走した掲示板外の馬が狙い目。

【前走人気別成績】
前走6番人気以下で、当日も6番人気以下の馬を狙うと高配当が期待出来る。


これらのデータを各馬のレース内容から私のオススメ馬を発表するわ。

注目馬1
トーセンビクトリー
【前走:アンドロメダステークス(OP)8着(1番人気)】

お母さんは2001年のエリザベス女王杯を制したトゥザヴィクトリー。

3歳の頃はローズステークスで3着に入り比較的安定した走りを見せていたんだけど、古馬になってからは走りにムラが出て来てしまったの。

先行抜け出しで勝つこともあれば逃げ切りもあるし、脚質に幅があるのはいいんだけど、まだ力を完全に使えていない感じがするのよね。

ただこの一族にはある共通点があって、兄のトゥザグローリーは有馬記念で3着が2回、トゥザワールドは有馬記念で2着1回と、トゥザヴィクトリーの子供たちは総じて中山コースを得意とする傾向があるのよ。

これまで主に関西を中心に走って来たこの馬だけど、今回は初めて中山で出走。

兄たちと同じで前でレース出来るのは大きな強みだし、この馬も中山コースが得意な可能性は大。

間違いなく人気は落とすでしょうからこのレースが狙い時よ。


注目馬2
ウキヨノカゼ
【前走:ニューイヤーステークス(OP)9着(6番人気)】

デビュー2戦目のフェアリーステークスで2着、3戦目のクイーンカップ1着と早くから活躍していたウキヨノカゼ。

5歳時にはキーンランドカップを制して挑んだスプリンターズステークスでは、32.8の上がりを使って3着と善戦。

しっかりと成長しながら結果を残し7歳を迎えたけど、通算で15戦しかしておらず馬体はまだまだ若いわね。

昨年の高松宮記念、ヴィクトリアマイルでは上がり最速をマークしたりとその末脚は健在。

ただ、私が目を付けたのは2走前のターコイズステークス

これまで追い込み一辺倒だった馬を中団からレースをさせて早めに進出を開始。
直線では一旦先頭に立ち見せ場を作るも、最後は後続馬に差されて4着。


とはいえ、こういうレースが出来ると相手に合わせて位置取りが出来るし今後の選択肢が広がる1戦だったと思うの。

ただ、距離的な観点から見ると1800mは本当にギリギリだと思うわ。

理想は、内をロスなく回ってコーナーで脚を溜めて直線でも外を回すことなく馬群を捌いてくること。

前走大きく増えた馬体重は絞れてくるでしょうし、期待したくなる馬ね。


注目馬3
クインズミラーグロ
【前走:愛知杯(G3)3着(6番人気)】

初勝利まで6戦もかかったけど、その後は堅実な走りを見せて紫苑ステークスを勝ち、秋華賞では勝ったミッキークイーンから0.7差のレースを見せていたこの馬。

昨年の夏に自己条件に降級されてから惜しいレースが続いていたけど、10月に1000万を勝つと、12月に1600万を勝って前走の愛知杯では見せ場を作り3着と好走。

この馬って実は中山と相性が良くて複勝率は75%

前に行ったり中団で我慢したりと色んな位置からレースが出来るのがこの馬の最大の長所かしら。

ただ、心配なのは馬体重の増減が激しいの。

だから当日の体調はすごく重要になってくると思うけど、コース適性を考えれば上位争いを演じても何ら不思議じゃないわ。

着順別成績からも3着馬は相性がいいしオススメの1頭ね。


注目馬4
ビッシュ
【前走:ジャパンカップ(G1)16着(11番人気)】

昨年のオークスで3着だったこの馬。

その時は中団で脚を溜めて、4コーナー手前から動き出し早めに先頭に立つも最後はシンハライトとチェッキーノに差されてしまったの。

3走前の紫苑ステークスでは、後方14番手からのレースになったけど直線入り口では2番手まで押し上げるまくりを見せて秋華賞馬のヴィヴロスに2馬身半の差を付けて快勝。

この2レースを見て思うのが、割とスタミナが豊富で持続する末脚を持った馬ね。

だから極端な瞬発力勝負では勝ちきるのは厳しいけど、上がりが多少掛かってスタミナや底力が求められるレースになれば台頭の余地があるわ。

戸崎騎手もそのあたりは良く分かっていると思うし、あのシンハライトと接戦を演じて、ヴィヴロスに完勝した力を考えればここもあっさり勝ってもおかしくないわ。

一つ懸念材料を挙げるとすれば、馬体が410キロ台と小さい馬だから少しでも馬体が増えてくると良いわね。


人気馬の信頼度が低いこのレース。
荒れる中山牝馬ステークスでエビコが指名した
強烈な穴馬とは…


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

2017的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
g3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る