今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

フジキセキは朝日杯3歳ステークスのみのG1勝利でした

屈腱炎で引退しクラシックに出走できず幻の三冠馬と呼ばれました

フジキセキの基本情報

馬名 フジキセキ
生年月日 1992年4月15日
サンデーサイレンス
ミルレーサー
戦績 4戦4勝
主な勝ち鞍 ’94朝日杯3歳ステークス(G1)
調教師 渡辺司
騎手 角田晃一
馬主 斎藤四方司
生産者 社台ファーム千歳

 

92年に生まれたサラブレッドの中に父親の名前が“サンデーサイレンス” と表記されている馬が多くいたわ。
社台グループ総帥の吉田善哉が是が非でも欲しかった種牡馬よ。

 

そう、1992年に生を受けたサンデーサイレンスの血を継ぐものたちは、この後日本の血統図を塗り替えるほどの活躍を見せた父親の最初の産駒なの。

 

その中に、一際黒光りする父親そっくりな馬がいたわ。
その時点での評価は、他の産駒たちを圧倒するもので1番の期待馬に挙げられていたわね。

 

わずか4戦でターフから去ることとなり“幻の3冠馬”と称された馬。その馬こそ・・・

『フジキセキ』よ。

 

栗東の渡辺栄厩舎に入厩したフジキセキであったが、ゲート試験に合格するまで5回も要したのよ。
だけど、調教などの動きから調教師の渡辺は期待を抱いていたわ。

 

この年の新馬戦ではサンデーサイレンス産駒が次々と勝ち上がり「サンデーサイレンス旋風」とさえ呼ばれていたの。そんな中でフジキセキはデビューを迎えたわ。

 

1994年8月20日
新潟競馬場の新馬戦で鞍上には蛯名正義を配したわ。

 

距離は1200mでスタートでフジキセキは煽ってしまったの。

 

短距離戦での出遅れは致命傷よね。

 

そのまま後方からレースを進めて行き、4コーナでは3番手まで上がっていたわ。
そのまま直線で追い出すと、見る見るうちに差をつけて8馬身差の快勝。
その能力に疑う余地などなかったわ。

 

次に選んだレースは、2ヶ月後の阪神で行われるもみじステークスよ。
ここには後のダービー馬のタヤスツヨシも出走していたんだけど、フジキセキは単勝1.2倍で迎えたわ。 

五分にスタートを切ったフジキセキは、そのまま中団からレースを進めていったわ。
4コーナーにかけて馬なりで上がっていき、直線では先頭に立っていたの。

 

手応えは抜群。
その後ろにいたタヤスツヨシが必死に追っているにもかかわらず、鞍上の角田晃一は軽く仕掛けただけだったわね。

 

ムチなんて不要。
そんなアクションに応えた後のダービー馬を子供扱いしたのよ。

 

噂に違わぬその走り。
3歳王者どころか、その先のダービーまでさえ道が見えているようであったわ。

 

1994年12月11日第46回朝日杯3歳ステークス
フジキセキは当然の如くこのレースに出走してきたわ。 

当たり前の1番人気。
そろった頭数は10頭とG1では多くはなかったわね。

 

1番枠からスタートを切ったフジキセキは、好位の内5番手でレースを進めていったわ。
幾分引っかかっているようにも見えたわね。 

そのまま直線を向き最内を突いて伸びてきたの。
大外からスキーキャプテンが迫ってきたけど、クビ差凌いでのゴール。

 

苦戦したように見えたけど、ムチを1発も使うことなくの勝利に鞍上の角田晃一もこの馬の能力に脱帽したわ。
「とにかくモノが違う!!」
その言葉がこの馬の強さを物語っていたのかもしれないわね。

 

文句無しでこの年の最優秀3歳牡馬の称号を手にしたわ。
次なる目標はもちろんクラシック制覇であり3冠への挑戦だったわ。

 

年が明けてフジキセキは皐月賞トライアルの弥生賞からスタートを切ったの。
この弥生賞こそが、フジキセキが志半ばでターフを去り伝説と化すレースなのね。

 

パドックに現れたフジキセキの馬体重がプラス16キロであったけど、単勝は1.3倍のダントツ人気。
9番枠からスタートすると、そのまま馬の気に任せて2番手からのレースを選択したわ。 

前半1000m通過が62.5というスローペース。
そのペースの中、フジキセキは3コーナー過ぎから早々と進出し直線では先頭に立ったわ。

 

坂下で一旦ホッカイルソーに迫られるが再び加速し、そこから2馬身半離してゴール。
この勝ち方はもはや異次元といっても過言ではなかったわね。

 

もうこの時点でフジキセキの力はクラシック級であり、その器を遥かに超えていたのかもしれないわ。

 

皐月賞はたまたダービーまですでに当確と言われていたフジキセキを、競馬の神様が良しとしなかったわ。
そのとてつもない強さに嫉妬したのね。

 

その結果・・・『フジキセキ。屈腱炎を発症。引退決定』

こんなニュースが急に舞い込んできたわ。

 

絶望という以外の表現が見当たらなかったわね。

 

その後のクラシックはサンデーサイレンス産駒たちが大活躍し、3歳時に子供扱いしたタヤスツヨシがダービーを勝ったわ。
たらればではあるけど、もしフジキセキが出ていればと思ってしまうわ。

 

偉大な父が最初に世に出した最初の傑作。

 

それが・・・『フジキセキ』

なのよ。

名馬一覧