g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

来週月曜日にここで、
アルテミスステークス 2017 の予想
をするから楽しみにしていなさい!

事前にメールアドレス登録をしておけば、
隠されている激熱穴馬含め、すべての予想が見られるわよ。
当日になって慌てないように登録しておくと
いいんじゃないかしら?

アルテミスステークス予想 2014

2012年に2歳牝馬限定重賞として新設されたアルテミスステークス。今年から本格的にG3として格付けされ、G1阪神ジュベナイルフィリーズに向けて関東での重要なステップレースの役割を果たすことになった。

 まだ重賞となって2年しか経っていないため、データを分析することは難しいが、ある程度の傾向としては、先行馬よりも差し、追い込み脚質が優位であると言えそう。そして、東京の芝1600メートルということもあり、スピードだけでは押し切れないだけに、マイル以上の距離経験があるに越したことはない。

 ◎レッツゴードンキは8月の札幌芝1800メートルで2着に3馬身差をつけて新馬勝ち。果敢に挑戦した同距離のG3札幌2歳ステークスでは、牡馬に混じりながらも3着を確保した。前走で少し立ち遅れたことからも、広い東京コースに替わるのは歓迎材料。中間も調教で好時計を連発しており、2ヵ月ぶりのレースとなるが体調面に問題は全くない。2歳牝馬で初めての長距離輸送だけが心配されるが、鞍上に岩田騎手を配してきたことからも、陣営の期待度の高さが窺えるというもの。週末は天気が崩れるとの予報もあり、馬場が渋るようならば洋芝で好走してきたこともプラスに働きそうだ。

 デビューから2戦続けて2着となり、3戦目の未勝利戦を勝った後、サフラン賞も制した○スマートプラネット。行く馬がいなければ先手を取ることもできるが、好位からの競馬もできるレースセンスの良さを持ち合わせている。父ファルブラヴ、母の父アルカセットはどちらもデットーリ騎手でジャパンカップを勝っており、1ハロンの距離延長は問題ないと思われるが、やはり4戦連続で1400メートルを使われてきたことは気になるだけに、評価を一枚落とした。

 ▲シャルールの新馬戦は圧巻の一言だった。小回りの札幌競馬場にもかかわらず、軽く仕掛けられただけで4コーナーでは先頭に立ち、そのまま後続を突き放して6馬身差でゴール。それでいて、あまり強い調教をしていなかったというのだから、潜在能力は間違いなく重賞級だろう。初戦で見せた末脚からすれば、直線が長い東京コースは魅力。まだキャリアが浅いだけに、当日の落ち着きがカギとなるものの、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか注目したくなる一頭だ。

 ☆シングウィズジョイは未勝利を勝って臨んだオープンの野路菊ステークスで2着。勝ち馬のダノンメジャーと併せるような形で伸びた差し脚は際立っており、牝馬限定戦ならば上位とそれほど差はない。

 母に桜花賞とヴィクトリアマイルを制したダンスインザムードを持つ良血馬フローレスダンサーも侮ることができない存在だが、東京のマイル戦で新馬勝ちをし、新潟でのアスター賞でも2着となったテンダリーヴォイスが△。こちらも、祖母は芝・ダートを問わずに重賞6勝をマークしたブロードアピールという良血で、晴雨兼用との見立てができる。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る