今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

フサイチコンコルドの日本ダービー勝利は誰もが驚きました

体質が弱く怪我に泣かされ日本ダービーの後は結果を残せませんでした

フサイチコンコルドの基本情報

馬名 フサイチコンコルド
生年月日 1993年2月11日~2014年9月8日
Cearleon
バレークイーン
戦績 5戦3勝
主な勝ち鞍 ’96日本ダービー(G1)
調教師 小林稔
騎手 藤田伸二
馬主 関口房朗
生産者 社台ファーム早来

 

 

1995年にイギリスでわずか2戦でダービーを制した馬がいたわ。

 

その馬はニジンスキーの血を引く馬。
名を『ラムタラ』と言い『神の馬』と称されたわ。

 

戦後の日本競馬においてこの馬より少ないキャリアでダービーを制した馬はいないわね。 

そのキャリアわずか3戦。

 

今では考えられないような奇跡を起こした馬がいたのよ。

 

音速の如くその競走馬人生を全うした馬。

 

その名は…

 

『フサイチコンコルド』

 

別名…

 

『和製・ラムタラ』

 

父のカーリアンは日本ですでにシンコウラブリイとエルウェーウィンの2頭を輩出した種牡馬であり、日本への適性も証明済みだったわ。 

母のバレークイーンは欧州の大種牡馬サドラーズウェルズの血を引く馬だったのよ。

 

その2頭により交配されたフサイチコンコルドは、ノーザンダンサーの3×3という割と血の濃い配合だったの。

 

このフサイチコンコルドは、この濃い血の影響なのか体質が非常に弱かったわ。 

デビューに向けて栗東へ輸送中に肺に病を患い、それによる逆体温なども発症するようになってしまったのよ。

 

このフサイチコンコルドの最大の敵は自身の体質の弱さだったわ。

 

それでも無事デビューにこぎ着けたフサイチコンコルドは、1996年の1月に京都でデビューを迎えたわ。 

ここを1番人気に応えた勝利。

 

そこから2ヶ月の間隔を開けてオープンのすみれステークスし出走。

 

ここも1番人気に応えて勝利。

 

皐月賞に向けて賞金を加算したんだけど、調教師の小林は皐月賞回避を決定したわ。

 

こうなると目標はダービーになるわね。 

だけど、ダービー出走でさえ順風満帆にはいかなかったわ。

 

当初はダービートライアルのプリンシパルステークス出走を予定していたんだけど、東京競馬場への輸送の際に熱発を発症してしまったの。 

そのためこのレースを回避。

 

賞金的にはダービー出走は微妙ではあったけど、なんとか出走にこぎ着けたわ。
でも、輸送の際にまたもや発熱。

 

ゲートイン出来るかは微妙だったの。

 

それでもレースはやってきたわ。 

1996年6月2日第63回日本ダービー

 

ここでの1番人気は皐月賞を発熱で回避し、前走のプリンシパルステークスを勝ったダンスインザダークだったわ。

 

本来なら、ダンスとコンコルドはプリンシパルステークスで相見えるはずだったわ。

 

2番人気がロイヤルタッチ。 

3番人気が皐月賞馬のイシノサンデーとこの年もサンデーサイレンス産駒たちが上位人気を独占したの。

 

ゲートが開きダンスインザダークは4番手からのレースを選択し、一方のフサイチコンコルドはそのダンスを見る形で進めていったわ。 

フサイチコンコルド鞍上の藤田伸二は相手はダンス一本に絞っていたのでしょうね。

 

それほどダンスを意識した道中だったわ。

 

直線を向き武豊とダンスインザダークが先に抜ける。 

藤田伸二とフサイチコンコルドはダンスの外に進路を取りダンスを目標に迫っていったの。

 

残り200mでフサイチコンコルドはダンスインザダークを捕まえたわ。

 

その時、実況アナウンサーがこう言った「音速の末脚炸裂!」

 

武豊の夢を打ち砕くその末脚。 

まさに、コンコルドが飛んでいるような脚だったわ。

 

これで、キャリア3戦目でのダービー制覇。 

戦後、誰も見たことのない記録が達成された瞬間だったわね。

 

歴史に名を刻んだフサイチコンコルド。 

しかし、この先も彼を苦しめるのは体の弱さだったのよ。

 

晴れてダービー馬となったフサイチコンコルドは、秋は菊花賞を目指し京都新聞杯に向けて調整が進められていたわ。

だけど調整が間に合わなかったため、1週遅らせてオープンのカシオペアステークスに出走することとなったのよ。 

1.3倍の指示を受けたけど、逃げた馬を捕まえることが出来ずに5馬身差をつけられての完敗だったわ。

 

そんな不安を残しながら、フサイチコンコルドは菊花賞に出走したの。 

2番人気の指示を受け、直線で一旦は先頭に立つも最後はダンスインザダークの鬼脚に屈し3着までに。

 

この後は、脚元の怪我に悩まされ二度とターフに帰ってくることなく引退することとなったわ。

 

そして、2014年11月15日に放牧の際に転倒し脚を骨折しそのまま“日本の神の馬”は文字通り“神”となったのよ。

 

3戦目でのダービー制覇。 

今後、何年何百年と競馬が続こうともこんな記録を達成出来る馬は二度と現れることはないでしょうね。

 

わずかキャリアは5戦。 

その中で本気で走ったのは奇跡を起こしたダービーだけかもしれないわ。

 

名馬一覧