g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報

阪神牝馬ステークス予想 2014

 阪神牝馬ステークスでは4歳馬が現在4年連続で勝利中で、その内3年で2着も確保している。今年もG1馬ローブディサージュや重賞勝ちのあるウリウリ、クロフネサプライズ、G12着の実績のあるスマートレイアーなど生きの良い4歳馬が出走しており、今年もこの世代が中心と考えて問題ないだろう。

では、どこから入るかだが、この舞台で行われた直近の3つの重賞(フィリーズレビュー、阪急杯、阪神カップ)をみていくと一つ、面白いデータが出てくる。逃げ馬が2勝2着1回とほぼパーフェクトの成績を残しているのだ。ならば、ここは逃げ馬から入るのも一つの手。

そこで4歳の逃げ馬◎クロフネサプライズに注目したい。実戦は骨折明けでオークス以来というのが最大の懸念となるが、休み明けだったチューリップ賞を制しているように鉄砲駆けは利き、最終追い切りの動きを見る限り、動ける状態には仕上がっている。展開的にも、是が非でも逃げたいタイプや早め早めにというタイプが少なくマイペースで運べる公算は大きい。昨年の桜花賞でも引っ掛かって強引過ぎる競馬をしながら4着に粘れているようにポテンシャルはG1でも遜色ないものがある馬。また、そのレース内容から距離が短くなるのは歓迎といったところだろう。おそらく1番人気はスマートレイアーだが、距離適性と脚質の差でここは押さえ込めるとみる。

そのスマートレイアーが○。昨年の4月デビューで春のクラシックこそ縁がなかったものの、その後は順調に勝ち上がり、最後の一冠である秋華賞には間に合った。その秋華賞では出遅れながらもメイショウマンボにコンマ2秒差の2着。世代トップクラスの実力を有していることを示している。愛知杯こそ敗れたが、放牧で立て直され迎えた今年初戦では、シッカリと差し切って快勝。初の1400m戦が最大の懸念となるが、ある程度は阪神との相性(3戦3勝)や絶対能力でカヴァーできるハズだ。

▲には4歳のG1馬ローブディサージュ。近走は不振にあえいでいるが、中間の動きが目を引き、復調を感じさせる。元々、ファンタジーステークス2着の実績があり、距離は対応可能。むしろ、その気性面を考えると現状ではプラスに働く可能性も十分にある。変わり身に注意したい一頭。

あとは昨秋は適距離以外の3戦で不完全燃焼だった上、前走は積雪順延でのカラ輸送など悪条件。元々、叩き良化型の気のある☆ヴィルシーナ、昨夏に戦列に復帰して以降、安定感抜群で5歳の今、充実期を迎えている△トーホウアマポーラまで押さえたい。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る