エビコ

シルクロードステークスで的中を呼び込む穴馬予想

シルクロードステークス予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析したシルクロードステークス

2022年シルクロードステークス開催情報

レース名 シルクロードステークス
クラス G3
開催日 2022年1月30日(日)
開催場 中京競馬場
レース番号 11R

2022年シルクロードステークス直前予想

シルクロードステークスの最終予想をするわよ!

月曜日にも伝えたように、大荒れに期待できるこのレース。

人気薄が毎年のように馬券に飛び込んでいる、なんてデータもあるように、いかに激走傾向にある穴馬を拾えるかが、このレースで配当を手にするためのカギよ。

今回もさらにデータを追加して、そんな番狂わせの可能性を秘めた伏兵を炙り出しておいたわ。

6桁配当が見込める注目穴馬として印に含めてあるから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ。

目次

    競走成績

    枠番 馬番 馬名 性別 負担
    重量
    騎手 調教師 所属
    11レッドアンシェル牡857.5和田竜二庄野靖志栗東
    2マイスタイル牡857.0横山典弘昆貢栗東
    23メイケイエール牝455.0池添謙一武英智栗東
    4ルッジェーロセン755.0団野大成鹿戸雄一美浦
    35タイセイアベニール牡756.0幸英明西村真幸栗東
    6ホープフルサイン牡654.0太宰啓介本間忍美浦
    47ショウナンバビアナ牝651.0川島信二加藤士津美浦
    8ミッキーワイルド牡756.0柴山雄一安田隆行栗東
    59カレンモエ牝655.0松山弘平安田隆行栗東
    10ナランフレグ牡656.0丸田恭介宗像義忠美浦
    611レインボーフラッグ牡953.0藤井勘一小崎憲栗東
    12レジェーロ牝554.0小崎綾也西村真幸栗東
    713エーポス牝555.0亀田温心北出成人栗東
    14マイネルアルケミー牡654.0国分優作中野栄治美浦
    15ビアンフェセン557.5藤岡佑介中竹和也栗東
    816シャインガーネット牝554.0田辺裕信栗田徹美浦
    17ジャンダルム牡757.5荻野極池江泰寿栗東
    18サヴォワールエメ牝653.0酒井学辻野泰之栗東

    ※馬名をクリックすれば各馬の情報が見られるわよ。


    詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

    ■前走クラス別成績
    前走に重賞を使った馬が優勢
    京阪杯組は複勝率35.4%ともっとも馬券に絡んでいる

    ■前走着順別成績
    勝ち馬は前走で掲示板内だった馬から出る可能性が高い
    栗東所属の牡馬が巻き返す傾向にある

    ■レース当日人気別成績
    勝ち馬は当日4番人気以内の馬が有力
    過去10年のうち7年で10番人気以降だった馬が1頭は馬券になっている

    ■年齢別成績
    4~6歳までは成績が安定している
    芝1200mの重賞で馬券になった実績のある7歳以上の馬は侮れない


    それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年分のデータを用いてシルクロードステークスの予想を詰めていくわよ。

    枠順別成績から見てちょうだい。

    PR

    枠順別成績

    枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    1枠 0 1 1 37 0.0% 2.6% 5.1%
    2枠 3 3 2 31 7.7% 15.4% 20.5%
    3枠 3 1 2 34 7.5% 10.0% 15.0%
    4枠 3 5 6 28 7.1% 19.0% 33.3%
    5枠 2 2 3 35 4.8% 9.5% 16.7%
    6枠 3 1 2 36 7.1% 9.5% 14.3%
    7枠 3 3 3 46 5.5% 10.9% 16.4%
    8枠 4 5 2 47 6.9% 15.5% 19.0%

    昨年から引き続き今年も中京開催ということで、中京の芝1200mで行われた重賞レースにおける過去10年分の枠順データを集めてみたわ。

    傾向的には、内枠が複勝率も高めでよく馬券に絡んでいる感じね。

    なかでも4枠はもっとも複勝率が高いだけでなく、複勝回収率が230%とコスパ面でも好調。
    今回ここに収まるショウナンバビアナミッキーワイルドは、穴候補として面白い存在になるわね。

    ただデータを見てもわかるように、最内の1枠だけは抜けて成績が悪いわ。

    まったく馬券にならないわけじゃなさそうだけど、ここに入ってしまったレッドアンシェルマイスタイルは不利を前提に考えるべきね。

    次は、斤量別成績を見てもらうわよ。
     

    斤量別成績

    斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    51kg 0 0 0 4 0.0% 0.0% 0.0%
    52kg 0 0 0 3 0.0% 0.0% 0.0%
    53kg 0 2 3 9 0.0% 14.3% 35.7%
    54kg 0 0 1 40 0.0% 0.0% 1.2%
    55kg 2 2 2 24 3.3% 6.7% 10.0%
    56kg 1 2 1 29 1.5% 4.5% 6.1%
    57kg 3 1 3 11 16.7% 22.2% 38.9%
    57.5kg 1 1 0 5 14.3% 28.6% 28.6%

    見込まれた馬がよく走れているようね。

    とくに、57kg以上のハンデがついた馬は勝率が高め。

    斤量57kgのマイスタイル、57.5kgのジャンダルムビアンフェレッドアンシェルは勝利も見える存在として評価しておきたいわね。

    また、勝ち鞍こそ出ていないけど、斤量53kgだった馬も複勝率35.7%と好調。
    複勝回収率は350%近い数値が出ているし、穴馬候補として狙ってみる価値がありそうね。

    今年はいかにも伏兵の雰囲気を漂わせる、サヴォワールエメレインボーフラッグがこの条件で出走するわよ。

    最後は、所属別成績を見てもらおうかしら。
     

    所属別成績

    所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    関東 0 2 2 34 0.0% 5.3% 10.5%
    関西 10 8 8 102 7.8% 14.1% 20.3%

    圧倒的に関西馬が有利とわかるデータね!

    もちろん京都開催時のデータが主だからこそ、とも言えるんだけど、今年と同じ中京開催だった去年も馬券になった3頭はすべて関西所属の馬たちなの。

    今回も、関西馬を中心に馬券を組むのが賢明そうね。


    そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!


    PR

    ◎本命

    メイケイエール(牝4)
    【前走:スプリンターズステークス(G1)7番人気4着】

    勝利か馬券外か、という派手な戦績が特徴のメイケイエール

    実力は確かなんだけど、信頼できるのかの判断が難しい子よね。

    でも伝えたように、なかなかデータ面で好調な馬がいなかった中でもバッチリ好データに該当していたし、前走のスプリンターズSでは復調の兆しを見せる走りで4着入線。

    調教では併せ馬をしっかりとこなすなど、課題の気性面も落ち着きをみせてきたようだし、今回は彼女の本領が発揮できるレースになりそうよ。

    コンビを組む池添謙一Jとの最終追い切りでも、栗東のCWで4F【54.2-37.9-11.5】の時計を記録。
    馬体も絞れていて、いかにも調子がよさそうだったわ。

    走る材料が揃った今回、勝ち負けになるはずよ!
     

    ○対抗

    ビアンフェ(セ5)
    【前走:スプリンターズステークス(G1)9番人気7着】

    昨年の函館スプリントで重賞2勝目を飾った、ビアンフェ

    G1の舞台でこそ活躍できていないものの、やはり実績を見れば本走トップハンデは妥当なところかしら。

    とはいえこのレースは見込まれた馬が好走する傾向にあるし、今回最先着馬として有力視されているカレンモエには函館スプリントで先着、メイケイエールには前走で0秒1差と肉薄だったことから、展開ひとつで十分勝利だって期待できるわよ。

    そんなビアンフェの最終追い切りは、栗東の坂路で【52.1-37.8-24.7-12.5】の時計を記録。
    時計もさることながら、稽古を重ねたというだけあってスタートも改善されつつあるようで、まずます好走に期待ができる仕上がりだったわ。

    荒れるシルクロードSとはいえ、切れない人気馬よ!
     

    △連下

    ナランフレグ(牡6)
    【前走:タンザナイトステークス(OP特別)2番人気1着】

    ここ2戦は本来の走りが戻り、馬券に絡む活躍を見せているナランフレグ

    月曜日の時点ではデータ面でも好調だったんだけど、今日関東所属であること、さらに斤量56kgであることが不利にあたることがわかって、印は連下にとどめておくことにしたわ。

    とはいえ、中京の1200mではメンバートップクラスの実績と適性がある彼。
    中京での複勝率は75%なんてデータもあるし、勝利までとはいかないまでも、相性のよさを活かして馬券に絡んで来る可能性は十分にありそうよ。

    そんなナランフレグの最終追い切りは、美浦の南Wで6F【85.4-69.0-53.8-38.5-11.6】の時計。
    併せた寮馬に1馬身差をつけるなど、前走から好調さをキープできている走りが見られたし、状態面も心配しなくてよさそうね。

    末脚勝負に持っていければ、3戦連続の馬券内確保はカタそうよ!


    大荒れも見込める、今年のシルクロードS。
    穴馬の条件を備えたアノ伏兵が、例年以上の高配当をもたらすかもしれないわ!

     

    注目穴馬

    無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

    会員登録でお得な情報を無料配信!

    • 厳選メインレースの穴馬情報公開


    登録済みの方はコチラ

    シルクロードステークス予想記事一覧

    ログイン



    閉じる

    パスワードを忘れた方はこちら

    会員登録でお得な情報を無料配信!


    閉じる