g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

新潟2歳ステークス予想 2017

レースの見どころ
今週は新潟2歳ステークス!

7月23日行われた函館2歳ステークスに続き、2歳の重賞が今週来週で3戦行われるの。

このレースを走っている馬たちが、来年のダービーやオークスに出走してくると考えると、それだけでドキドキするわ!


過去10年のこのレースの勝ち馬には、桜花賞・オークスで2着となったエフティマイア、朝日フューチュリティを勝ち皐月賞・菊花賞で3着となったセイウンワンダー、怪物ハープスター、NHKマイルカップ2着のロードクエストと、のちのG1でも活躍しているのよ。

高配当が出るこのレース自体も面白いけど、将来のスターホースを探すレースとしてみるのもありね。


どのくらいの高配当なのか、過去10年の結果を見てもらうわね。

過去10年の配当

過去10年で、6回も10万馬券になっているの。

去年のように上位人気での決着となってもそれなりの配当。
このレースの難易度は高いということね。

だけど、結果を見てみると2010年を除き、4番人気以内の馬が勝っているのが分かるわ。

2着には二桁人気が6頭!


上位人気を頭に穴馬へ流すというのが、このレースのセオリーと言えるんじゃないかしらね。

今回紹介するデータから、私の得意な馬単小点数で勝負する感じになりそうよ。

まずは、特別登録馬の情報を見てもらうわね。


競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
エングローサー54.0清水久詞栗東
オーデットエール54.0須貝尚介栗東
キボウノダイチ54.0松元茂樹栗東
グランデウィーク54.0畠山吉宏美浦
ジャスパーエイト54.0森秀行栗東
ダンツセイケイ54.0山内研二栗東
テンクウ54.0奥村武美浦
トッカータ54.0和田雄二美浦
フロンティア54.0中内田充栗東
プレトリア54.0中川公成美浦
マイネルサイルーン54.0清水英克美浦
ムスコローソ54.0手塚貴久美浦
ライリー54.0森秀行栗東
コーディエライト54.0佐々木晶栗東
シンデレラメイク54.0鮫島一歩栗東
フィルハーモニー54.0中舘英二美浦
ラインギャラント54.0水野貴広美浦

それじゃ、過去10年分のデータを使って新潟2歳ステークスの予想を始めていくわ!

まずは、前走クラス別成績から。

前走クラス別成績
前走クラス別成績

新馬戦から参戦している馬が、最も多く馬券に絡んでいるのね。

でも、これだけだと判断するのは難しそう…。

今年G3から参戦する馬はいないから、それ以外の各クラス別にどんな馬が連対したのか調べてみたわ。


■前走OP特別から連対した4

2010年
マイネルラクリマ(10番人気2着)
前走はダリア賞で2番人気3着

2009年
シンメイフジ(1番人気1着)
前走はダリア賞で1番人気2着

2007年
エフティマイア(4番人気1着)
前走はマリーゴールド賞で1番人気1着

2007年
シャランジュ(16番人気2着)
前走はダリア賞で3番人気6着

前走でダリア賞・マリーゴールド賞を走った馬のみが連対(3着で考えても同様)しているのね。

その他の中京2歳やフェニックス賞、ラベンダー賞から参戦した馬が掲示板に入ったことはないから、前走のレースはダリア賞・マリーゴールド賞の2つに絞って良いと思うわよ。

この2レースで3番人気以内に支持されていた馬から選びたいわ。

でも、フィルハーモニーはダリア賞からの参戦だけど、4番人気4着だから対象外ね。


■前走未勝利から連対した5

この5頭の共通点は前走で3番人気以内だったわ。

また、前走からの間隔でみると5週~8週の間隔という共通点も見つかったわ。

今年該当する未勝利馬は、コーディエライト・トッカータの2頭よ!


■前走新馬から連対した11

新馬戦から参戦した馬で、馬券に絡まなかったのは2008年のみ。

今年は17頭の登録に対して、新馬戦からの参戦が11頭。

2014年・2011年のように、新馬戦からの馬のみで決まる可能性もあるわね。


11頭の共通点は、前走6番人気以内だったこと。

1番人気3頭、2番人気2頭、3番人気2頭、4番人気1頭、5番人気1頭、6番人気2頭と前走の人気には関係していないわ。

今年は、ライリー以外の9頭が該当しているわね。


次は、前走の着順別成績。

前走着順別成績
前走着順別成績

上記で紹介したように、新馬・未勝利から馬券に絡む馬が多かったという理由から、前走1着だった馬が多く馬券に絡んでいるのね。

ここでは前走2着以降で連対した3頭のデータを用意したわ。


■前走2着以下で連対した3

2007年
シャランジュ(前走ダリア賞で3番人気6着)

2010年
マイネルラクリマ(前走ダリア賞で2番人気3着)

2009年
シンメイフジ(前走ダリア賞で1番人気2着)

前走クラス別成績でも紹介した3頭ね。

前走で2着以下だった馬で馬券に絡むのは、ダリア賞組と考えて良さそうよ。

考える必要があるのは前走1着だった馬、2着以下はダリア賞組ってこと!

今年のダリア賞組は既に切ったけど、ここでさらにジャスパーエイト・マイネルサイルーンを切るわ!


次は人気別成績。

当日人気別成績
人気別成績

最初に見てもらった、過去10年の結果からも分かるように新潟2歳ステークスは荒れるレース。

立役者は10番人気以降で2着になっている6頭、6~9番人気で3着になっている6頭の存在。

改めて勝ち馬は4番人気以内、2着馬は人気薄を中心に考えたいわ。

3着まで狙っていくと点数が増えてしまうし、馬単で十分高配当が狙えると思うの。

でも、三連単が好き!っていう人は3着のデータを参考にしてちょうだい。


最後は、前走の距離別成績よ。

前走距離別成績
前走距離別成績

1着は前走1400~1600mを走った馬で考えて良さそうね。

馬単の相手となる2着馬は、結構ばらついているわね。

そこで、過去2着になった馬を距離別に用意したわ。


■前走1200mで2着だった2
2012年
ノウレッジ(前走1番人気1着) 新潟

2008年
ツクバホクトオー(前走1番人気1着) 新潟

■前走1400mで2着だった2
2010年
マイネルラクリマ(前走2番人気3着) 新潟

2007年
シャランジュ(前走3番人気6着) 新潟

■前走1600mで2着だった3
2013年
イスラボニータ(前走2番人気1着) 東京

2011年
ジャスタウェイ(前走4番人気1着) 新潟

2009年
フローライゼ(前走5番人気1着) 新潟

■前走1800mで2着だった3
2016年
オーバースペック(前走3番人気1着) 福島

2015年
ウインファビラス(前走2番人気1着) 福島

2014年
アヴニールマルシェ(前走1番人気1着) 東京


2着だった馬は前走で5番人気以内だったのね。

そして、前走1400m以下では新潟からの参戦、1600mは新潟か東京、1800mは福島か東京で走った馬っていうデータが取れたわ。

小点数で攻めるための結論として、今年の2着馬はエングローサー・オーデットエール・グランデウィーク・ダンツセイケイ・テンクウ・トッカータの6頭ということになるわ。


それじゃ、ここまでのデータをまとめるわ。

■前走クラス別成績
・前走OP特別から参戦した馬で連対しているのは、ダリア賞・マリーゴールド賞の2つ
・前走未勝利戦から参戦した馬で連対しているのは、前走3番人気以内で5週~8週の間隔
・前走新馬戦から参戦した馬で連対しているのは、前走6番人気以内

■前走着順別成績
当日連対しているのは、前走1着だった馬、2着以下の場合にはダリア賞組のみ

■人気別成績
小点数で高配当を狙うためには、馬連・馬単がおすすめ
勝ち馬は4番人気以内・2着馬は10番人気以降で考えたい

■前走の距離別成績
勝ち馬は、前走1400~1600m
2着馬は前走5番人気以内、かつ距離によって開催地を限定できる


調教や最終的な人気で最終判断をするけど、現時点での注目馬を紹介するわね。


注目馬1
テンクウ(牡2)
【前走:新馬戦1着(1番人気)】

他の馬と比べると良かったけど、初めてのレースということもあり古馬のレース後に観るとまだまだという印象。

テンクウと同じように新馬戦を1番人気1着で通過したオーデットエールやグランデウィーク、フロンティアもいるけど、レースを観る限りだとこの馬が最有力と言えそう。

抜けた馬がいないというのが、毎年高配当になる理由だと考えられるわ。


でも、データにはすべて該当しているの。

2歳馬ということもあり、当日まで人気はどうなるか分からないけど上位人気の一角にはなるはず。

大きな差ではないけど、現時点では頭候補よ!


注目馬2
グランデウィーク(牡2)
【前走:新馬戦1着(1番人気)】

新馬戦はすごいレースだったわね。

スタートを出遅れ、まくり脚質で最終コーナー前には3番手に付けたものの、前2頭が外に膨らみ巻き込まれ…。


この馬の魅力は、大きな馬体から繰り出されるその歩幅!

1頭だけ古馬が混じっていたように見えたわ。

この先、成長したらどうなるのか楽しみ!

スピードはあまりないけど、2歳馬相手だったらスタミナだけで勝ち進めてしまうかもしれない逸材よ!


注目馬3
コーディエライト(牝2)
【前走:未勝利戦1着(3番人気)】

この馬もグランデウィーク同様、スピードよりもスタミナタイプ。

前走は逃げて、直線でも後続を突き放す伸びをみせたわね。

おそらく今回も逃げると思うけど、これまで逃げて馬券に絡んだ馬はいないというのはちょっと心配…。


ただ、相手も2歳馬!

今回は目立って切れる脚を持った馬はいないし、経済コースをスローで走れれば逃げ切れる可能性もあるんじゃないかしら!


注目馬4
フロンティア(牡2)
【前走:新馬戦1着(1番人気)】

新馬戦では好スタートからそのまま逃げたけど、直線での走りをみると後方からの競馬も出来そうね。

短距離でしか使えなさそうだけど、ムチを入れた瞬間の反応と伸びは良かったわ。


評価できる点は、前走の新馬戦で2番人気が2着・3番人気が3着馬と、順当に決まったこと。

新馬戦ではあるものの、相手も支持された通りの結果になったということは、1番人気としての信頼度も高いと言えるわ。

この馬もコーディエライト同様、スローで走れればチャンスがあると思うわ!


今年も大荒れ高配当が期待できる新潟2歳ステークス
その中で、来年のクラシックでも活躍しそうな穴馬を見つけたわ!


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます



2017年的中実績
登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
g3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る