エビコ

共同通信杯を徹底予想!重賞レースはお任せ!

共同通信杯予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した共同通信杯

2022年共同通信杯開催情報

レース名 共同通信杯
クラス G3
開催日 2022年2月13日(日)
開催場 東京競馬場
レース番号 11R

2022年共同通信杯事前予想

クイーンカップ京都記念と重賞目白押しの今週だけど、東京メインの共同通信杯(G3)も見逃せないわよ!

昨年のエフフォーリアをはじめ、数々のクラシックホースを輩出しているこのレース。

今後の3歳世代の行方を占う意味でも、非常に興味深い一戦ね。

ただ荒れることはあまりなくて、例年カタめに決着する傾向が強いの。

超高配当を狙って手広く買うよりも、小点数に絞って買うのがこのレースで勝利するポイントよ。

今回もそのあたりを踏まえ、データ検証から買うべき注目馬とオススメの買い方を炙り出しておいたわ。

もちろん高配当が狙える穴馬候補も押さえてあるから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、特別登録馬から確認していくわよ。

目次

    特別登録馬

    馬名 性別 負担
    重量
    調教師 所属
    アケルナルスター56.0清水英克美浦
    アサヒ56.0金成貴史美浦
    アバンチュリエ56.0大竹正博美浦
    エイシンシュトルム56.0勢司和浩美浦
    サンストックトン56.0鹿戸雄一美浦
    ジオグリフ57.0木村哲也美浦
    ジュンブロッサム56.0友道康夫栗東
    セイウンプラチナ56.0小桧山悟美浦
    ダノンスコーピオン56.0安田隆行栗東
    ダノンベルーガ56.0堀宣行美浦
    ビーアストニッシド56.0飯田雄三栗東
    フジマサフリーダム56.0菊川正達美浦
    メイショウラナキラ56.0南井克巳栗東
    レッドモンレーヴ56.0藤沢和雄美浦
    プレサージュリフト54.0木村哲也美浦

    ※馬名をクリックすれば各馬の情報が見られるわよ。


    それじゃあ今回も過去10年分のデータを基に、共同通信杯の予想を組み立てていくわよ。

    まずは、レース当日の人気別成績から見てちょうだい。


    PR

    レース当日人気別成績

    当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    1番人気 1 3 1 5 10.0% 40.0% 50.0%
    2番人気 2 1 3 4 20.0% 30.0% 60.0%
    3番人気 3 2 2 3 30.0% 50.0% 70.0%
    4番人気 2 1 2 5 20.0% 30.0% 50.0%
    5番人気 0 1 0 9 0.0% 10.0% 10.0%
    6番人気 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%
    7番人気 0 1 0 0 0.0% 10.0% 10.0%
    8番人気 0 0 0 9 0.0% 0.0% 0.0%
    9番人気 0 0 1 8 0.0% 0.0% 11.1%
    10番人気以下 0 0 1 19 0.0% 0.0% 5.0%
    過去10年において、勝ち馬は6番人気以内からしか出ていない、ということがわかるわね。

    そして、その中でも抜けて勝率のいいところはないわ。

    また複勝率も買えそうなレベルの数値なのは、同じく6番人気までよ。

    さて、以上を踏まえてた上で馬券の買い方を考えていくわ。

    6番人気以内をボックス買いした時の回収期待値を出してみたから見てちょうだい。

    馬単30頭ボックス:193%(7番人気が馬券に絡んだ2021年を除く)
    馬連15頭ボックス:143%(7番人気が馬券に絡んだ2021年を除く)
    3連複20頭ボックス:135%(7番人気以降が馬券に絡んだ3年分を除く)


    このように、馬単がもっとも回収率を見込めることがわかったわ。

    今回のレースは、6番人気以内での馬単ボックスで勝負するのがベストね。

    現段階での人気順だと、
    ダノンスコーピオン
    ジオグリフ
    アサヒ
    ダノンベルーガ
    アバンチュリエ
    アケルナルスター

    から考えればよさそうよ。

    次は、前走クラス別成績を見てもらおうかしら。
     

    前走クラス別成績

    前走 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    G1 0 3 0 4 0.0% 42.9% 42.9%
    G2 1 0 0 4 20.0% 20.0% 20.0%
    G3 3 2 6 23 8.8% 14.7% 32.4%
    OP特別L 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
    1勝クラス 4 2 2 26 11.8% 17.6% 23.5%
    未勝利 0 0 0 9 0.0% 0.0% 0.0%
    新馬 1 2 2 6 9.1% 27.3% 45.5%
    ※今回登録されている馬の前走クラスだけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

    前走G2組の勝率が高い
    わね。

    前項の6頭で見ると、該当するのは前走東スポ2歳S組のアサヒのみ。
    彼は軸候補として、高く評価しておきたいわ。

    ただ勝率こそそこそこなものの、連対率の高い前走G1組も注目したいところ。

    この条件で馬券になった、のべ3頭について調べてみたんだけど…。
    いずれも新馬戦で3着以内だった、という共通点があったの。

    この傾向でいうと、新馬戦7着のアケルナルスター買いにくくなるわね。

    次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。
     

    前走着順別成績

    前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    前走1着 5 5 4 25 12.8% 25.6% 35.9%
    前走2着 2 2 1 8 15.4% 30.8% 38.5%
    前走3着 2 1 3 4 20.0% 30.0% 60.0%
    前走4着 0 1 0 3 0.0% 25.0% 25.0%
    前走5着 0 0 0 7 0.0% 0.0% 0.0%
    前走6~9着 0 1 1 21 0.0% 4.3% 8.7%
    前走10着~ 0 0 1 10 0.0% 0.0% 9.1%
    ※前走取消除外馬が勝利したケースがあるから、1着の列は合計が10にならないわよ。

    勝ち馬は前走3着以内
    2着は前走4着以内が狙い目ね。

    前項までで好データに該当していた、のべ4頭の馬券候補に当てはめてみると…。

    前走3着以内:アサヒ・ダノンスコーピオン・ダノンベルーガ
    前走4着以内:該当なし


    かなり絞れてきたわね。

    最後は、キャリア別成績を見てもらうわ。
     

    キャリア別成績

    キャリア 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    1戦 1 2 2 6 9.1% 27.3% 45.5%
    2戦 2 1 3 14 10.0% 15.0% 30.0%
    3戦 4 5 3 20 12.5% 28.1% 37.5%
    4戦 3 1 1 15 15.0% 20.0% 25.0%
    5戦以上 0 1 1 23 0.0% 4.0% 8.0%

    5戦以上のキャリアがあると、ガクッと好走率が落ちるようね。

    このデータから、キャリア4戦以内だった馬に絞って検証していくことにするわ。

    まず勝率がもっとも高いのは、キャリア4戦組
    ここは単勝回収率も140%オーバーと好調だし、勝ち馬候補として考えたいところだわ。

    前項までに残ったのべ4頭の馬券候補に当てはめると、アサヒが唯一該当するわね。

    次に連対率がもっとも高いのが、キャリア3戦組

    同様に前項の馬券候補に当てはめると、ダノンスコーピオンが該当するわ。
    彼は2番手候補、ってところかしら。


    そんなところで、おおかたの結果は出ちゃっているけど、現段階における注目馬と穴馬候補を発表していくわ!

    ちなみに穴馬候補は、これまで名前が出ていないアノ伏兵よ!


    PR

    注目馬①

    アサヒ(牡3)
    【前走:東京スポーツ杯2歳ステークス(G2)4番人気2着】

    最先着候補として唯一残った、アサヒ

    キャリア4戦にしてすでに本走の舞台でもある東京コースで3戦を走っているなど、今回は地の利のアドバンテージも見込めそうよね。

    前走の東スポ2歳Sではイクイノックスにこそ敗れ2着だったものの、さららぎ賞2着のダンテスヴューには先着しているし、この世代の重賞で勝ち負けするだけの力は十分にあるわ。

    人気馬の中ではコスパもいい方だし、まさに本走で軸にするにふさわしい1頭

    ここを勝ち切って、クラシックではイクイノックスにリベンジね!
     

    注目馬②

    ダノンスコーピオン(牡3)
    【前走:朝日杯フューチュリティステークス(G1)4番人気3着】

    連対の期待値がもっとも高い、ダノンスコーピオン

    G1・3着の実績は今メンバートップクラス、さらに前々走の萩SではホープフルSの覇者キラーアビリティ相手にクビ差の勝利を収めるなど、普通に考えれば優勝候補の筆頭なんだけど…。

    データや傾向的には連対する可能性が高いから、彼だけを頭に固定するのは避けた方がよさそうだわ。

    さらに単勝オッズは現時点で2倍を下回っているなど、コスパ面も良好とは言えないから、アサヒの相手候補の筆頭と考えたいわね。


    馬単のボックス買いで高回収率が期待できる、今年の共同通信杯。
    払い戻しに色をつけるなら、アノ伏兵は見逃せないわよ!

     

    注目穴馬

    無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

    会員登録でお得な情報を無料配信!

    • 厳選メインレースの穴馬情報公開


    登録済みの方はコチラ

    共同通信杯予想記事一覧

    ログイン



    閉じる

    パスワードを忘れた方はこちら

    会員登録でお得な情報を無料配信!


    閉じる