g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

京都記念予想 2017

レースの見どころ
今週の京都競馬場では、今年で110回目を迎える伝統の重賞京都記念(G2)が行われるわ。
 
今年から大阪杯がG1に昇格したことはみんな知っているわよね!?
 
これまで大阪杯から天皇賞(春)や宝塚記念を見据えて始動する馬が多かったけど、
 
今後、この京都記念から大阪杯→天皇賞(春)や宝塚記念と言うローテーションが定着してくると思うわ。
 
国内の主要G1だけではなくて、ドバイにも繋がるレースになれば来年以降もこの時期の大注目レースとして目が離せないわね。
 
今年の見どころは何と言っても、昨年のダービー馬マカヒキがターフに帰ってくること。
 
昨年のダービー制覇後は、フランス遠征をして凱旋門賞に挑戦するも14着と敗退。
 
今回は凱旋門賞以来のレースになるし、ダービー馬がどんなレースを見せるか注目ね。
 
昨年、京都記念で勝利をおさめたサトノクラウン
 
12月の香港ヴァーズで、初G1タイトルを手にしたのは記憶に新しいわね!
 
この香港ヴァーズで倒した相手がブリーダーズカップ・ターフなどを勝っているハイランドリールだったから、この勝利には驚いたわ。
 
心配材料とすれば昨年よりも斤量が2キロ重いことね。
 
マカヒキと同じ4歳馬では日経新春杯を勝ったミッキーロケット
 
神戸新聞杯でサトノダイヤモンドにクビ差まで迫った馬で、ハナ差とはいえ前走は勝利。
 
一度使われている分、他馬より有利だし重賞2連勝も十分可能ね。
 
あとは、香港ヴァーズ5着のスマートレイアーマイルから距離を伸ばして来たガリバルディなどが登録しているわ。


それじゃ、今年の登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アクションスター56.0音無秀孝栗東
アングライフェン56.0安田隆行栗東
ウインインスパイア56.0高橋祥泰美浦
ガリバルディ56.0藤原英昭栗東
サトノクラウン58.0堀宣行美浦
ショウナンバッハ56.0上原博之美浦
トウシンモンステラ56.0村山明栗東
マカヒキ57.0友道康夫栗東
ミッキーロケット56.0音無秀孝栗東
ヤマカツライデン56.0池添兼雄栗東
スマートレイアー54.0大久保龍栗東

登録段階で11頭と頭数は少ないけど、メンバー的にはかなりの好メンバーと言えるわ。
 
今年の中距離G1を占う上で大事なレースになるから要注目ね!!
 
それじゃ、ここからはデータを使って予想をしていくわ。

以下のデータは、京都記念の過去10年分のデータになるわ。


まずは、前走クラス別成績。

前走クラス別成績
前走クラス

G1に直結するレースだけあって、前走G1組が複勝率44.7%とかなり高い数字を残しているわ。
 
そのほとんどが『有馬記念』からの出走になって成績は【4-2-4-8】。
 
今年のG1組を見ると有馬記念からの出走はいないから、海外組が3頭と過去に例のないローテーションね。
 
ただ、海外から出走した馬は過去10年で2頭いるわ。
 
そして、どちらも勝利して勝率は100%
 
その2頭共、香港からの出走だから凱旋門賞帰りのマカヒキにはやや不安なデータかしら
 
意外なデータなのがG2から出走してきた馬ね。
 
今年はAJCC組みと日経新春杯組みを合わせて5頭いるけど、AJCCからの成績は【0-0-1-16】、日経新春杯からの成績が【0-0-1-14】と散々な結果なのよね。
 
昨年、日経新春杯を勝って1番人気で挑んだレーヴミストラルが惨敗。

今年はミッキーロケットが日経新春杯を勝って参戦してきたけど、前走は余裕がないレースだったから状態がポイントになるわね。
 
前走G3組が意外と頑張っているわ!
 
今年はガリバルディが京都金杯から距離延長での参戦。
 
京都金杯組は複勝率が66.7%と悪くはないけど、中距離での実績は欲しいところね。
 
とにかく、このデータからだと前走重賞を走っていた方が馬券に絡む確率は高いわ。

【前走海外G1】
・サトノクラウン
・スマートレイアー
・マカヒキ


【前走G2】
・アクシュンスター
・ウインインスパイア
・ショウナンバッハ
・ミッキーロケット
・ヤマカツライデン

【前走G3】
・ガリバルディ


【前走OP】
・アングライフェン
・トウシンモンステラ


次は、前走着順別成績

前走着順別成績
前走着順

※前走取消除外馬がいるため、2着が9回となっているわ。
 
前走着順別成績を見ると、勝ち馬の数は前走掲示板内・外ともに全く一緒ね。
 
掲示板内の馬では、前走勝っている馬が良いと言うわけじゃなくて2着、3着に負けた馬でもきっちり巻き返しているわ。
 
とは言え、前走1着馬は2着が最多の4回あることから無視するわけには行かなそうね。
 
上のデータと照らし合わせるとミッキーロケットの取捨に迷うわね・・・。
 
後は、前走大敗組からの巻き返しが見受けられることがこのデータのポイントになるかしら。
 
大敗組みと言ってもほとんどがG1だから、G2で2桁着順の馬は少し買いづらいわ。

【前走1着】
・サトノクラウン
・ミッキーロケット

【前走2〜4着】
・該当馬なし

【前走5着】
・スマートレイアー

【前走6〜9着】
・アクションスター
・ショウナンバッハ
・トウシンモンステラ
・ヤマカツライデン

【前走10着以下】
・アングライフェン
・ウインインスパイア
・ガリバルディ
・マカヒキ


最後は、前走人気別成績

前走人気別成績
前走人気

※計測不可な前走海外と取消除外があるため、数字に多少の誤差があるわね。
 
前走1番人気馬の成績は特段良いと言うわけではないわよね。

それよりは、前走6番人気以下だった伏兵馬の巻き返しが見受けられると言うこと。

これは、G1からの巻き返しだから今年の登録馬で当てはまる馬がいないけど、手堅く行くなら前走人気馬で、穴を狙うなら前走人気薄の馬を狙うのもありね。

【前走1番人気】
・マカヒキ(日本のオッズ)
・ミッキーロケット

【前走2・3番人気】
・該当馬なし

【前走4番人気】
・サトノクラウン
・ガリバルディ

【前走5番人気】
・ヤマカツライデン

【前走6〜9番人気】
・アクションスター
・スマートレイアー
・トウシンモンステラ

【前走10番人気以下】
・アングライフェン
・ウインインスパイア
・ショウナンバッハ


それじゃ、データをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
前走G1が好成績を収めていて、海外帰りも悪くない
 
【前走着順別成績】
2着の回数に差はあるも、全体的には掲示板内・外の差はない
 
【前走人気別成績】
G1で伏兵だった馬が好走するけど、今年は…

今まで紹介したデータをもとに、私のオススメ馬を発表するわ!

注目馬1
マカヒキ
【前走:凱旋門賞(仏G1)14着(1番人気)】
 
昨年のダービーをサトノダイヤモンドとの叩き合いを制したマカヒキ。
 
その後は、凱旋門賞制覇を目指し3歳限定のニエル賞に出走。

5頭と少頭数だったけどしっかりとした走りで見事勝利したわ。
 
凱旋門賞制覇の期待が掛かる中、日本で売られた馬券では1番人気の支持を受けるも、結果は14着と見せ場すら作ることが出来ずに大敗。
 
凱旋門賞を勝つことの難しさを見せつけられたレースだったけど、このマカヒキ自身が“タフなレースになると脆い”と言う一面を見せたレースだと思うの。
 
皐月賞、ダービー共にこの馬の最大の長所である『決め手』を最大限生かせるレースになったから、『運が良かった』と言う感じを受けるのよね。
 
道中の位置取り、直線の仕掛けは完璧だったし、極め付けはサトノダイヤモンドの落鉄。
 
だから、私はまだマカヒキの力は半信半疑だわ!

今の京都の馬場は2開催目に入って最近の悪天候で馬場がかなり荒れ出しているし、今週も雪の予報が出ているの。
 
決め手を削がれる馬場になれば取りこぼしても不思議じゃないわ。


注目馬2
サトノクラウン
【前走:香港ヴァーズ(香G1)1着(4番人気)】
 
昨年のこのレースを2番手から押し切る強い競馬を見せたサトノクラウン。

重馬場が向いたのもあるけど、あそこまで圧勝したのはビックリしたわよ。
 
でも、その後のG1では12着→6着→14着と全く結果が出なかったのよね。

どの位置からでもレースが出来て、脚質に幅があるのは良いけど一方で『決め手不足』を露呈していたわ!
 
ただ、その弱点も前走の香港ヴァーズであっさり克服した印象。
 
鞍上のJ・モレイラ騎手は、スタートからサトノクラウンを内に入れじっと我慢させる作戦をとったの。
 
そして、直線でハイランドリールが逃げ込みを図るところを凄まじい脚で追い込み見事G1初制覇。
 
もう、この脚には驚いたわよ!

2001年に香港ヴァーズを勝ったステイゴールドを思い出したわ。
 
今回は、昨年より2キロ増の58キロでの出走と斤量面でやや不安は残るけど、海外G1馬の意地に期待して注目2番手ね。


注目馬3
ミッキーロケット
【前走:日経新春杯(G2)1着(1番人気)】
 
ハイレベルな4歳馬から、神戸新聞杯でサトノダイヤモンドにクビ差まで迫ったミッキーロケット。
 
もともと、スプリングステークスで2番人気になるほどの素質馬だったけど、ここに来て走りに安定感が出て来たわね。
 
菊花賞までは2着が多くここ一番での勝負弱さや取りこぼしが見られていたけど、前走の日経新春杯でハナ差競り勝ったのは評価出来るわよ。
 
ただ、相手が1000万を勝ったばかりで、その馬とハナ差の着差をどう捉えるは難しいわよね。
 
前走より相手強化になるし、2頭のG1馬を相手にどこまでのレースが出来るかが注目ね。
 
日経新春杯組の成績が良くないから注目3番手に下げたわ。


注目馬4
ヤマカツライデン
【前走:日経新春杯(G2)6着(5番人気)】
 
ここ2戦はG2で8着→6着と少し重賞の壁にぶつかっている感じかしら。
 
とは言え、2走前はキタサンブラックで自分のペースで運べなかったし、前走の日経新春杯は自分のペースに持ち込めたけどプラス14キロの馬体重が影響したのは間違いないわ。
 
今回も、ハナに行くのはこの馬だろうしマイペースを刻めれば面白いと思うのよね。
 
母父ダンスインザダーク、父シンボリクリスエスとスタミナはあるはずだからそれを最大限生かせるレースが出来るかが重要よ!


上位と下位の力差がはっきりしているこのレース。
とは言え『競馬に絶対はない』中でエビコが見つけた穴馬とは…



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


2017年的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
g2全38レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る