g1レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

フェブラリーステークス予想 2017

レースの見どころ
今週、東京競馬場で2017年最初のG1フェブラリーステークスが行われるわ。

G1を10勝しダート界のトップに君臨していたホッコータルマエが現役を引退、JBCクラシックを勝ったアウォーディーがドバイワールドカップへの直行を表明しているの!

さらに、コパノリッキーの近走の不調、サウンドトゥルーは前走まさかの敗北だし…

これまでダート界を引っ張ってきた馬たちも年齢と共に衰えが少しずつ見えてきているから、この辺りで世代交代がありそうなのよね!

ホッコータルマエ(G1・10勝)、ヴァーミリアン(G1・9勝)、コパノリッキー(G1・8勝)といった、ダートで多くのG1勝利を挙げてきた馬たちは、4歳で初めてG1を勝って積み重ねているから、今年もまずは4歳馬に注目だわ!

その中でも気になるのが、昨年のチャンピオンズカップで2番人気に推されたゴールドドリーム

この馬の長所はなんといっても自在性のある脚質!

前に付けても良いし、控えて中団からレースも出来ちゃうのよ。
ペースによって位置を取れるのが良いところね。

マイルが向いていると思うから距離短縮はプラスよ。

もう1頭は、交流重賞3勝のケイティブレイブ

持ち味はスピードで、逃げてレースに主導権を握れれば勝ち負け出来る能力は持っているわ。

5歳馬にも素質馬が集まっていて、その筆頭が根岸ステークスを勝ったカフジテイク

高確率で終いに伸びてくる脚が武器なんだけど、それがG1で通用するかがポイントね。

昨年の覇者モーニン

フェブラリーステークス制覇後は思うような成績が挙げられていないけど、この舞台なら復活があっても不思議じゃないわね。

あとは、昨年のこのレース2着のノンコノユメ2015年の桜花賞馬レッツゴードンキ昨年の最優秀ダートホースのサウンドトゥルーなど良いメンバーが集まったわね。

それじゃ、今年の登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アスカノロマン57.0川村禎彦栗東
インカンテーション57.0羽月友彦栗東
エイシンバッケン57.0中尾秀正栗東
カゼノコ57.0野中賢二栗東
カフジテイク57.0湯窪幸雄栗東
キングズガード57.0寺島良栗東
ケイティブレイブ57.0目野哲也栗東
コパノリッキー57.0村山明栗東
ゴールドドリーム57.0平田修栗東
サウンドスカイ57.0佐藤正雄栗東
スーサンジョイ57.0岩元市三栗東
ソルティコメント57.0藤沢和雄美浦
ニシケンモノノフ57.0庄野靖志栗東
ピオネロ57.0松永幹夫栗東
ブライトライン57.0鮫島一歩栗東
ブラゾンドゥリス57.0尾形和幸美浦
ベストウォーリア57.0石坂正栗東
メイショウウタゲ57.0安達昭夫栗東
モーニン57.0石坂正栗東
モルトベーネ57.0松永昌博栗東
デニムアンドルビー55.0角居勝彦栗東
ホワイトフーガ55.0高木登美浦
レッツゴードンキ55.0梅田智之栗東
サウンドトゥルーセン57.0高木登美浦
チャーリーブレイヴセン57.0尾関知人美浦
ノンコノユメセン57.0加藤征弘美浦


フルゲート16頭に対して26頭の登録があるの。

それだけ、抜けた馬がいなくてどの陣営もチャンスと考えていることの表れじゃないかしら。

ここからはデータを使ってフェブラリーステークスを分析していくわ。

以下のデータは過去10年分のものになるわ。

最初は、前走クラス別成績

前走クラス別成績
前走クラス別成績


前走クラス別成績を見ると、G1と地方から来た馬が好成績を上げていて、格の高いレースから来た馬が中心になるのは間違いなさそうね。

もう少し詳しく見てみるわ。

G1組では、チャンピオンズカップが【0-1-1-1】と勝ち馬は出していないけど悪くない成績ね。

地方組では川崎記念からが【2-3-2-7】と複勝率50%とかなり良い数字で、東京大賞典は【0-3-3-8】と勝ち馬はいないけど馬券に絡んでいる馬は多いわ。
このデータから中心として推せるのがチャンピオンズカップ、川崎記念、東京大賞典組ね。

あと相性の良いレースは、G2東海ステークスで【2-1-1-7】で複勝率は36.4%

フェブラリーステークスの前哨戦の根岸ステークスは【2-1-2-50】と複勝率は9.1%と出走頭数の割に馬券に絡んでいる馬は少なく強く推すことは出来ないわ

【前走G1
・ゴールドドリーム
・デニムアンドルビー
・モーニン


【前走G2
・アスカノロマン
・インカンテーション
・カゼノコ
・ピオネロ
・メイショウウタゲ
・モルトベーネ

【前走G3
・エイシンバッケン
・カフジテイク
・キングズガード
・ニシケンモノノフ
・ブライトライン
・ベストウォーリア

【前走OP
・サウンドスカイ
・スーサンジョイ
・ソルティコメント
・チャーリーブレイヴ
・ブラゾンドゥリス
・レッツゴードンキ

【前走川崎記念】
・ケイティブレイブ
・サウンドトゥルー

【前走東京大賞典】
・コパノリッキー
・ノンコノユメ


【前走地方】
・ホワイトフーガ


次は、前走着順別成績

前走着順別成績
前走着順別成績

このデータはかなりハッキリしているわね!
馬券に絡んだほとんどの馬が、前走掲示板内に入っているが分かるわ。

掲示板外からの巻き返した馬は過去10年間のデータでたったの2だし、予想の中心としては掲示板を確保した馬になるわね!

【前走1着】
・カフジテイク

【前走2着】
・サウンドトゥルー
・ブラゾンドゥリス
・ベストウォーリア
・モルトベーネ
・レッツゴードンキ

【前走3着】
・エイシンバッケン
・ホワイトフーガ
・メイショウウタゲ

【前走4着】
・キングズガード
・ノンコノユメ

【前走5着】
・カゼノコ
・ケイティブレイブ
・コパノリッキー
・スーサンジョイ
・ソルティコメント
・ニシケンモノノフ


【前走69着】
・アスカノロマン
・デニムアンドルビー
・ピオネロ
・ブライトライン
・モーニン

【前走10着以下】
・インカンテーション
・ゴールドドリーム
・サウンドスカイ
・チャーリーブレイヴ


最後は前走人気別成績よ

前走人気別成績
前走人気別成績

前走人気別成績を見ると、1番人気だった馬が最多の4

前走1番人気で1着だった馬のフェブラリーステークスでの成績は【4-3-2-9】で勝率は22.2%、複勝率50%と期待できる数字を残しているのよね

前走1番人気でしっかり勝ち切ったカフジテイクは、このデータだとおススメできるわよ。

次に良いのが前走3番人気だった馬ね。

複勝率は1番良いし、ここは押さえておいた方がいいわよ。

2014年に最低人気で勝ったコパノリッキーの前走人気は3番人気だったわ。

このことからも当日の人気に関係なく注目しても損はないわね。

【前走1番人気】
・カフジテイク
・サウンドトゥルー
・ブラゾンドゥリス
・ホワイトフーガ


【前走2番人気】
・アスカノロマン
・ケイティブレイブ
・ゴールドドリーム

【前走3番人気】
・コパノリッキー
・スーサンジョイ
・ピオネロ
・ベストウォーリア


【前走4番人気】
・インカンテーション
・エイシンバッケン
・ソルティコメント
・チャーリーブレイヴ
・ノンコノユメ

【前走5番人気】
・キングズガード
・モーニン

【前走6〜9番人気】
・サウンドスカイ
・ニシケンモノノフ
・レッツゴードンキ

【前走10番人気以下】
・カゼノコ
・デニムアンドルビー
・ブライトライン
・メイショウウタゲ
・モルトベーネ


それじゃ、データをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
G1・地方組の成績が良い。地方組では、川崎記念と東京大賞典。

【前走着順別成績】
ここで馬券に絡む大半の馬が前走掲示板内

【前走人気別成績】
前走1番人気馬の成績は悪くはないけど、前走3番人気に要注目

これらのデータと各馬のレース内容から私のオススメ馬を教えるわ

注目馬1
カフジテイク
【前走:根岸ステークス(G3)1着(1番人気)】

ここに来て一気に力を付けて来て、2走前のチャンピンオンズカップで僅差の4着と善戦。

この馬の長所は、とにかく速い上がりを使えるということ。

チャンンピオンズカップで4着に入った時の上がりはメンバー2位の上がり。

前走の根岸ステークスは、上がり34.5と芝並の脚を使って見事勝利。

この2つのレースの差を見るとそれは『距離』なのよ。

チャンピンオンズカップは1800mで根岸ステークスは1400mと400mの差があるんだけど、このカフジテイクにとっては1400mの方が確実に向いているの。

前走の脚を見ても中距離より短距離向きの脚だし、今回の1600mならチャンピオンズカップよりも好走できる確率は高いわ。

ただ、G1にもなると強力な先行馬をいるし、前走ほど簡単には差しきれないと思うわ。

注目馬2
サウンドトゥルー
【前走:川崎記念(G1)2着(1番人気)】

2走前のチャンピオンズカップで念願の中央G1制覇を達成したサウンドトゥルー。

この馬は、追い込みタイプで最後は伸びて来るんだけど自分から動けない弱点があって2・3着が多いのよね。

2走前のチャンピオンズカップは、後方の馬に有利なペースになったけどあれだけの脚を使って差し切るのは力がなければ出来ない走りよ。

前走の川崎記念は、いつも通り後方からのレースになったけど勝負所での反応が鈍く2着に追い込むのが精一杯だったわね。

脚質的に直線の長い競馬場の方が圧倒的に向いているし、東京になるのはプラスになるわ。

ただ一つ心配ごとを挙げるとすれば、昨年7回走って唯一掲示板を外したのは、船橋競馬場で行われた1600mのかしわ記念で、1600mへの対応がカギになりそうね。

注目馬3
ゴールドドリーム
【前走:チャンピオンズカップ(G1)12着(2番人気)】

今年出走の4歳馬からオススメするのはゴールドドリーム。

2走前の武蔵野ステークスまで3着以下を外したことのない堅実な馬。

初めての古馬との戦いになった武蔵野ステークスは、タガノトネールに逃げ切られるも、きっちり2着は確保。

そのレースで3着だったカフジテイクは根岸ステークスを制覇、4着のキングズガードは根岸ステークス4着と古馬の重賞好走馬を相手にここまで走れたのは評価できるわ。

武蔵野ステークスの走りが評価されて前走のチャンピオンズカップでは2番人気に推されたけど、スタートの出遅れが全てだったわ。

出遅れを挽回しようと1コーナーまでに脚を使ってしまった影響で、最後の直線では伸びを欠きまさかの12着。

まぁ、このレースの敗因はしっかりしているから見限るのはまだ早いわよ。

得意の1600mに戻れば巻き返しは十分可能だし期待大ね。

注目馬4
モーニン
【前走:チャンピオンズカップ(G1)7着(5番人気)】

昨年のフェブラリーステークスの覇者モーニン。

この時は、根岸ステークスを制した勢いで一気にG1まで制覇したの。

その後は、その勢いが止まってしまって4戦して2着が1回だけとちょっと走りに陰りが見えてきたのかしら。

4走前のかしわ記念は、大幅な場体重のマイナスが影響して8着。

2走前の武蔵野ステークスは59キロの斤量を背負わされて7着。

前走のチャンピオンズカップは、大外枠からの発走で終始外を回らされて4コーナーでは手応え無しに見えたけど、そこから盛り返し7着。

前走は着順こそ良くないけど、最後盛り返したレース内容としては悪くなかったわ。

今回は、得意な1600mの距離になるし復活する可能性は十分あるわ。

G1でのミルコ・デムーロ騎手は本当に怖いから注意しておいた方がいいわよ。

実力拮抗のフェブラリーステークス。
古豪の意地か?世代交代か?
エビコが見つけた実績馬に隠れた実力馬は?


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
g1全25レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る