今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

京都金杯2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 京都金杯 事前予想

一年の計は金杯にあり

競馬ファンの間では聞いたことのない人がいないぐらい有名な格言よね。

中山と京都の東西で開催されるこのレース。
中央競馬における一年のはじまりを彩る名物重賞で「金杯を当てることができればその年の競馬運も良し!」なんて言われているの。

今回ここで予想する『京都金杯』は外回りのマイル戦なんだけど、過去の勝ち馬にはエアスピネル、ダノンシャーク、エイシンデピュティ、ハットトリック、ダイタクリーヴァ、キョウエイマーチといった、その時代のマイルG1を賑わせた豪華な面々が揃っているわ。

2018年のマイル戦線を占う意味でもすごく重要なこの一戦。
今年の競馬運をグっとアップさせる、注目の穴馬を用意するわ!

まずは出走馬から見てちょうだい。

2018年 京都金杯 特別登録馬

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 マサハヤドリーム 牡6 54.0 岩崎翼 今野貞一 栗東
2 2 ラビットラン 牝4 54.0 藤岡康太 角居勝彦 栗東
3 3 マイネルアウラート 牡7 57.0 丹内祐次 高橋裕 美浦
4 4 アメリカズカップ 牡4 56.0 松山弘平 音無秀孝 栗東
5 カラクレナイ 牝4 54.0 池添謙一 松下武士 栗東
5 6 ダノンメジャー 牡6 56.5 北村友一 橋口慎介 栗東
7 レッドアンシェル 牡4 56.0 幸英明 庄野靖志 栗東
6 8 ストーミーシー 牡5 54.0 大野拓弥 斎藤誠 美浦
9 ブラックムーン 牡6 57.0 武豊 西浦勝一 栗東
7 10 スズカデヴィアス 牡7 56.5 藤岡佑介 橋田満 栗東
11 キョウヘイ 牡4 55.0 高倉稜 宮本博 栗東
8 12 ウインガニオン 牡6 57.5 津村明秀 西園正都 栗東
13 クルーガー 牡6 57.5 浜中俊 高野友和 栗東

それじゃ、ここから過去10年分のデータを使って『京都金杯』を分析していくわよ。

最初は、前走着順別成績よ!

2018年 京都金杯 前走着順別成績

結構バラけているわね。
ただ、前走3着馬の成績は頭ひとつ抜けているから要注意よ。

あとは「前走6〜9着」からの巻き返しが目立つのも特徴的かしら。

出走全馬が年明け初戦のレースだから、前走の着順よりも現状の体調をしっかりと見極めることが的中への近道かもしれないわ。

なので、前走の着順が悪くて人気を落としている馬は絶好の狙い目になるってことね。

【前走1着】
・ストーミーシー
・レッドアンシェル

【前走2着】
※該当馬なし

【前走3着】
※該当馬なし

【前走4着】
・キョウヘイ
・ラビットラン

【前走5着】
・ブラックムーン
・マイネルアウラート

【前走6着~9着】
・クルーガー
・スズカデヴィアス
・マサハヤドリーム

【前走10着以下】
・アメリカズカップ
・ウインガニオン
・カラクレナイ
・ダノンメジャー

次は、前走距離別成績を見てみるわね。

2018年 京都金杯 前走距離別成績

これはもうマイル重賞の定番とも言えるんだけど、『京都金杯』も例外ではなく距離短縮組の成績が良いわね。

特にこのレースに関しては特徴的で「前走1800m組」の好走率がめっぽう高いから、これに該当する馬は大幅にプラスポイントと考えて良さそうよ。
(※今年は残念ながら該当馬がいなかったわ…)

【前走1200m以下】
※該当馬なし

【前走1400m】
・カラクレナイ
・ストーミーシー

【前走1600m】
・アメリカズカップ
・ウインガニオン
・キョウヘイ
・クルーガー
・ダノンメジャー
・ブラックムーン
・マイネルアウラート
・ラビットラン
・レッドアンシェル

【前走1800m】
※該当馬なし

【前走2000m以上】
・スズカデヴィアス
・マサハヤドリーム

次は、前走クラス別成績を見てみるわ。

2018年 京都金杯 前走クラス別成績

前走でG1を走っている馬の好走確率がさすがの数字ね。
馬券圏内への好走数で見ると、前走G3の馬が狙い目に感じるわ。

OP特別組から4頭の勝ち馬が出ているけど、2着は1回もないように“ピンかキリ”だから、相当大物感の漂う上がり馬でもない限り評価しなくて良さそうよ。

【前走G1】
・アメリカズカップ
・ウインガニオン
・クルーガー
・ダノンメジャー

【前走G2】
・カラクレナイ

【前走G3】
・スズカデヴィアス
・マサハヤドリーム
・ラビットラン

【前走OP特別】
・キョウヘイ
・ブラックムーン
・マイネルアウラート
・レッドアンシェル

【前走1600万下】
・ストーミーシー

次は、脚質別の成績よ。

2018年 京都金杯 脚質別成績

これは予想どおりの結果ね。

直線距離の長い京都の外回り戦とはいえ、マイルの一線級が出揃うわけだから、ある程度は位置どりの優位性を確保していないと勝負にならないわよね。

逃げ馬もそこそこ好走例があるように、先行できる脚質の馬を積極的に狙っていきたいわ。

【逃げ馬】
・ダノンメジャー

【先行馬】
・アメリカズカップ
・ウインガニオン
・スズカデヴィアス
・マイネルアウラート
・レッドアンシェル

【差し馬】
・カラクレナイ
・クルーガー
・マサハヤドリーム
・ラビットラン

【追い込み馬】
・ストーミーシー
・ブラックムーン

次に、年齢別成績を見てみるわ。

2018年 京都金杯 年齢別成績

6歳馬の成績が良いのは珍しいけど、そこまで大きな差があるわけでもないわね。

こちらも予想どおり、7歳以上になると一気に成績が落ちるから、基本的には4歳馬〜6歳馬の勝負と考えて良さそうよ。

【4歳馬】
・アメリカズカップ
・カラクレナイ
・キョウヘイ
・ラビットラン
・レッドアンシェル

【5歳馬】
・ストーミーシー

【6歳馬】
・ウインガニオン
・クルーガー
・ダノンメジャー
・ブラックムーン
・マサハヤドリーム

【7歳以上馬】
・スズカデヴィアス
・マイネルアウラート

次に、当日の人気別の成績よ。

2018年 京都金杯 レース当日人気別成績

1番人気の成績が良いのは当たり前だけど、注目すべきは3番人気の成績の良さ

明確な理由があるわけではないけど、ここまで好成績なわけだから無条件で狙ってみても良さそうだと感じるわ。

あとは5番人気以下の伏兵も馬券圏内に好走しているから、あまり人気に振り回されることがないレースよ。

最後に、枠順別の成績よ。

2018年 京都金杯 枠順別成績

これは顕著で、内枠が圧倒的に有利よ。
外枠を引いた時点で大きくマイナスと考えていいわ。

それじゃ、データをまとめるわね。

【前走着順別成績】
前走3着馬の成績は頭ひとつ抜けている感じがするから要注意
「前走6〜9着」からの巻き返しが目立つのも特徴

【前走距離別成績】
距離短縮組の成績が良い
特に「前走1800m組」の馬の好走率がめっぽう高い

【前走クラス別成績】
前走でG1を走っている馬の好走確率がさすがの数字
馬券圏内への好走数で見ると、前走でG3を走っている馬が狙い目

【脚質別成績】
先行できる脚質の馬を積極的に狙っていきたい

【年齢別成績】
6歳馬の成績がいい

【当日人気別成績】
1番人気が強い。ただ注目すべきは3番人気馬の成績の良さ
とはいえ、5番人気以下の伏兵の好走もあるからあまり人気に振り回されないでも大丈夫

【枠順別成績】
内枠が圧倒的に有利

これらをもとに、私の印を発表するわね。

◎クルーガー

○レッドアンシェル

▲ウインガニオン

△ラビットラン

スズカデヴィアス

それじゃ、1頭ずつ触れていくわよ。

2018年 京都金杯 注目馬①

クルーガー(牡6)
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)8番人気 7着】

「前走G1」、「前走7着」、「前走G1」、「6歳馬」と強調材料が揃ったわね。
当日も3番人気あたりになりそうな気配だからプラス材料にあふれているわ。

厳寒期のこの時期でも、年齢を感じさせない馬体の張りで、状態の良さは出走メンバーのなかでも1番じゃないかしら。

キングカメハメハ産駒は冬の京都での好走確率がめっぽう高い種牡馬だし、前走の『マイルチャンピオンシップ』の内容から能力も重賞級なのは間違いない一頭よ。

であれば、気になるのは差してくる脚質だけ。
でも、さすがに今年の弱メン相手なら勝ち負けすると思うけどね。

2018年 京都金杯 注目馬②

レッドアンシェル(牡4)
【前走:リゲルステークス(OP特別)4番人気 1着】

前走の『リゲルステークス』が強かったわよね。
負かした相手もサトノアーサーだから胸を張れる内容だったと思うわ。

厳寒期に強いマンハッタンカフェ産駒で、京都実績も十分。
前走内容や中間の状態から気配も抜群って感じ。

前々から位置どりの優位性を確保できるのも、このレースでは絶対的な有利の条件だから、展開的にも死角は少ないんじゃないかしら。

一年の計は金杯にあり

このレースでの好走をきっかけに、今年飛躍しそうな一頭だと感じているわ。

2018年 京都金杯 注目馬③

ウインガニオン(牡6)
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)11番人気 17着】

金杯なんだから“ステイゴールド産駒”は絶対に買っておいたほうがいいわよね(笑)
いや、冗談じゃなくて本当にくるのよ、過去の傾向から。
実際、2016年だってステイゴールド産駒のウインプリメーラが快勝しているしね。

前走の『マイルチャンピオンシップ』は大外枠でさすがに厳しかった印象。
完全に度外視可能な一戦だと割り切って大丈夫よ。

夏に強そうなイメージがあるけど、別に冬場が苦手なわけじゃなさそうだし、前走の大敗で人気落ちするようなら積極的に狙いたい一頭ね。

2018年 京都金杯 注目馬④

ラビットラン(牝4)
【前走:ターコイズステークス(G3)1番人気 4着】

昨夏に急激に力を付けて『ローズステークス』を快勝。
勢いそのままに臨んだ『秋華賞』でも4着に食い込んでいたわ。

昨年のクラシック世代はレベルが高いから、この馬も相当な能力を秘めていると考えていいわよ。

血統的にも馬力たっぷり、厳寒期で力の要る今の馬場状態も味方しそうな予感。
乗り難しい馬じゃないから、テン乗りもさほど気にしなくて大丈夫ね。

今年は低調なメンバー構成で、上位人気馬が絶対でもなさそうな『京都金杯』。
「まったく人気なさそうだけど、間違いなく前走よりも走るわよね!」と、エビコが目をつけた穴馬とは…

2018年 京都金杯 注目穴馬

スズカデヴィアス(牡7)
【前走:中日新聞杯(G3)6番人気 9着】

クルーガーの欄でも触れたけど、キングカメハメハ産駒は冬の京都での好走確率が高い種牡馬だから、前走以上に走ってくるんじゃないかしら。

能力的な部分でいえば、『京都記念』であのラブリーデイとキズナの間に割って入ったり、昨年の『金鯱賞』では勝ち馬のヤマカツエースと0.2秒差の競馬、かつステファノスには先着したり、絶対能力が高いのは間違いないわ。

マイルは約1年ぶりになるけど、中距離でスッと先行できるスピードがあるから問題ないと感じるわ。

であれば、狙わない手はないわよね。
人気は相当なさそうだけど、積極的に馬券へ絡ませたい一頭だわ。


よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次