エビコ

きさらぎ賞を徹底予想!重賞レースはお任せ!

きさらぎ賞予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析したきさらぎ賞

2022年きさらぎ賞開催情報

レース名 きさらぎ賞
クラス G3
開催日 2022年2月6日(日)
開催場 中京競馬場
レース番号 11R

2022年きさらぎ賞事前予想

今週は東京新聞杯とあわせて、中京メインのきさらぎ賞(G3)にも注目するわよ!

クラシック戦線を見据える3歳馬たちの、いわば登竜門と言えるこのレース。
今年も頭角を現し出した有望株が集結し、中京を舞台に火花を散らすわ。

そんな激戦必至の本走、人気馬だけでなく伏兵勢も見逃せないところ。
2020年には当時7番人気だったコルテジアが最先着するなど、荒れる展開も少なくないのよね。

今回もデータを用いて、番狂わせの可能性を秘めた伏兵を炙り出しておいたわ。

高配当決着の立役者になり得る注目穴馬として紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、特別登録馬から確認するわよ。

目次

    競走成績

    馬名 性別 負担
    重量
    調教師 所属
    アスクワイルドモア56.0藤原英昭栗東
    エアアネモイ56.0池添学栗東
    シェルビーズアイ56.0武英智栗東
    ショウナンマグマ56.0尾関知人美浦
    ストロングウィル56.0橋口慎介栗東
    ダンテスヴュー56.0友道康夫栗東
    トーセンヴァンノ56.0小桧山悟美浦
    フォースクエア56.0池江泰寿栗東
    マテンロウレオ56.0昆貢栗東
    メイショウゲキリン56.0池添兼雄栗東
    リューベック56.0須貝尚介栗東
    レヴァンジル56.0堀宣行美浦
    セルケト54.0斉藤崇史栗東

    ※馬名をクリックすれば各馬の情報が見られるわよ。


    それじゃあ今回も過去10年分のデータを用いて、きさらぎ賞の予想を組み立てていくわね。

    今年も去年から引き続き中京での開催だけど、レースの傾向を掴む上で通常開催時の舞台である京都のデータも参考にしているわよ。

    まずは、前走クラス別成績から見てちょうだい。

    PR

    前走クラス別成績

    前走 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    同クラス 6 1 4 22 18.2% 21.2% 33.3%
    今走昇級戦 4 9 6 39 6.9% 22.4% 32.8%
    前走 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    G1 1 1 3 6 9.1% 18.2% 45.5%
    G2 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
    G3 3 0 1 11 20.0% 20.0% 26.7%
    OP特別 2 0 0 4 33.3% 33.3% 33.3%
    1勝クラス 3 7 3 20 9.1% 30.3% 39.4%
    未勝利 0 1 3 7 0.0% 9.1% 36.4%
    新馬 1 1 0 12 7.1% 14.3% 14.3%

    連対・複勝率は同等ながら、勝率は前走と同クラスだった馬が約3倍ほど高くなっているわね。

    詳しく見てみると、もっとも勝率が高いのが前走オープン特別組

    今年この条件から参戦してくるのは、若駒Sを使ったリューベックのみ。
    若駒S組と言えば、2012年に快勝したワールドエースと同じローテーションだし、相対的な面も含めて期待できるわね。

    ちなみに上位人気しているダンテスヴューが使った東スポ2歳S、マテンロウレオアスクワイルドモアが使ったホープフルSは、直近10年の勝率が0%

    馬券に絡んでいないわけじゃないけど、好ローテーションとは言い難い、ということは覚えておいてちょうだい。

    次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。
     

    前走着順別成績

    前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    前走1着 5 6 4 21 13.9% 30.6% 41.7%
    前走2着 2 1 3 8 14.3% 21.4% 42.9%
    前走3着 2 2 0 4 25.0% 50.0% 50.0%
    前走4着 0 1 0 2 0.0% 33.3% 33.3%
    前走5着 0 0 0 3 0.0% 0.0% 0.0%
    前走6~9着 1 0 1 16 5.6% 5.6% 11.1%
    前走10着~ 0 0 1 8 0.0% 0.0% 11.1%

    勝ち馬になり得るのは前走で馬券になった馬、と言えるデータよ。

    前項のデータとあわせると、若駒Sで勝利してくるリューベックは有力な勝ち馬候補になるわね。

    逆に、前走馬券外から巻き返した4頭だけど…。
    今年同じ条件で走る馬たちに当てはめながら見ていくわよ。

    【前走4着:ダンテスヴュー・ショウナンマグマ】

    過去10年で前走4着から連対したのは、2012年のヒストリカル1頭。
    彼は前走・前々走の3勝クラスで敗戦していたものの、新馬戦では当時のきさらぎ賞の舞台だった京都で勝利していたわ。

    前走東スポ2歳S4着だったダンテスヴューも、新馬戦で今年のきさらぎ賞の舞台である中京で最先着しているから傾向上ここでは切れないわね。

    対して前走葉牡丹賞4着のショウナンマグマは、デビューから中京でのレース歴はなし
    馬券圏内は難しそうね。

    【前走5着以降:アスクワイルドモア・シェルビーズアイ・マテンロウレオ・トーセンヴァンノ】

    過去10年で前走5着以降から馬券になったのは、のべ3頭。
    調べてみたら3頭すべてが前走にG1を使っていて、かつ格がオープン特別以上のレースで馬券になった実績があったの。

    今回この傾向に該当するのは、前走ホープフルS、前々走札幌2歳S2着のアスクワイルドモア1頭。
    彼は馬券になる可能性を残しているから、切らないでちょうだい。

    次は、レース当日の人気別成績を見てもらうわよ。
     

    レース当日人気別成績

    当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    1番人気 3 2 2 3 30.0% 50.0% 70.0%
    2番人気 1 3 3 3 10.0% 40.0% 70.0%
    3番人気 2 0 2 6 20.0% 20.0% 40.0%
    4番人気 1 3 0 6 10.0% 40.0% 40.0%
    5番人気 0 1 1 8 0.0% 10.0% 20.0%
    6~9人気 3 1 2 29 8.6% 11.4% 17.1%
    10番人気以下 0 0 0 7 0.0% 0.0% 0.0%

    1番人気の信頼度はまずまず、といったところね。

    とはいえ複勝率を見ると、人気順に比例して高くなっているから、傾向通り上位陣を中心に馬券を組んでいきたいわ。

    ただ、6~9番人気にかけて馬券になった馬が多いのも見逃せないポイント。
    詳しく見てみると、6~9番人気のなかでも馬券になっていたのは6・7番人気だけだったわ。

    さらに直近10年で馬券になった馬の最大オッズは62倍、というデータもあるから、穴馬を選ぶ際は7番人気以内で単勝62倍を超えない程度、と覚えておきたいわね。

    最後は、所属別成績を見てもらうわよ。
     

    所属別成績

    所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    関東 1 1 1 8 9.1% 18.2% 27.3%
    関西 9 9 9 54 11.1% 22.2% 33.3%

    単純に馬券になった馬の数は圧倒的に関西所属馬が多いけど、好走率で見るとそこまで大きな差はない印象。

    ただ関東所属で馬券になった3頭について調べてみたら、いずれもデビュー以来馬券外になったことがなく、かつきさらぎ賞が今年の緒戦だった、という共通点があったの。

    今年の関東馬ショウナンマグマトーセンヴァンノレヴァンジルはこの条件に該当しないから、傾向通り馬券は関西馬中心で考えるべきね。


    そんなところで、現段階における注目馬と穴馬候補を紹介するわよ!


    PR

    注目馬①

    リューベック(牡3)
    【前走:若駒ステークス(OP特別L)3番人気1着】

    前走の若駒Sを快勝した、リューベック

    データ検証でも紹介した通り、若駒Sを勝ち切れた馬はこの舞台でも力負けしないし、本走はそんな前走と同じ中京2000mでのレースとあって、最先着への期待十分って感じね。

    また去年この舞台を勝利したラーゴム、先週のシルクロードSを制したメイケイエールを見るにこの時期の中京は先行馬有利
    デビューから逃げ先行策を取ってきたリューベックには、いかにも合いそうな舞台だわ。

    懸念材料としては、中1週のローテーションでの疲労の度合いくらいだから、状態面は金曜日までしっかりチェックするわよ。
     

    注目馬②

    アスクワイルドモア(牡3)
    【前走:ホープフルステークス(G1)5番人気10着】

    リューベックと対称に、前走のホープフルSでは大敗を喫したアスクワイルドモア

    ただ大外枠の不利と落鉄のアクシデントがあるなど、本来の力を出し切れずに敗れた、って感じよね。

    しかもデータ検証では、前走5着以降から巻き返すための「前走にG1を使っていて、かつ格がオープン特別以上のレースで馬券になった実績がある」にも該当していたし、ここで勝ち負けするだけの実力と材料は備えているわ。

    さらに根岸Sでヘリオスを連対させるなど、調子の上がってきた武豊Jが引き続きの鞍上を務めてくれるし、今回は好走の気配十分よ。


    上位陣が好調でカタく決着しがちな、きさらぎ賞。
    今年はアノ伏兵が、高配当決着を演出してくれるかもしれないわ!

     

    注目穴馬

    無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

    会員登録でお得な情報を無料配信!

    • 厳選メインレースの穴馬情報公開


    登録済みの方はコチラ

    きさらぎ賞予想記事一覧

    ログイン



    閉じる

    パスワードを忘れた方はこちら

    会員登録でお得な情報を無料配信!


    閉じる