g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

チャレンジカップ予想 2017

レースの見どころ
今年から大阪杯と同じコースに変更された中距離戦、チャレンジカップの予想をするわよ!

施行条件や名称が頻繁に変わるチャレンジカップだけど、去年からの変更点として距離が200m伸びて2000mとなった上に、負担重量もハンデ戦から別定戦に変更になったわ。

荒れる要素が少し減ったように見えるけれど、このレースがいろんな思惑を持った陣営に使われる競争であることには変わりないから、引き続き波乱の展開に期待していいわよ。

まずは、過去10年の結果を紹介するわ。

3連単

※2014年は2着同着よ

ここ5年で10万馬券が4度も出ているわ!

昨年、5番人気のベルーフに◎を付けたように、今年も配当に期待出来るオイシイ馬を探し出したから期待しててちょうだい!

詳しい予想に入る前に、今年の登録馬を見てもらうわね。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
サトノクロニクル55.0池江泰寿栗東
ジョルジュサンク56.0鮫島一歩栗東
スーパーマックス55.0九日俊光地方
ニシノジャーニー56.0森秀行栗東
ブレスジャーニー55.0佐々木晶栗東
マイネルミラノ56.0相沢郁美浦
マサハヤドリーム56.0今野貞一栗東
メドウラーク56.0橋田満栗東
モンドインテロ56.0手塚貴久美浦
レッドソロモン56.0庄野靖志栗東
デニムアンドルビー54.0角居勝彦栗東
プリメラアスール54.0鈴木孝志栗東
マキシマムドパリ54.0松元茂樹栗東

それじゃ、過去10年のデータを使って、チャレンジカップの予想をしていくわ。


前走クラス別成績から見てもらうわね!

前走クラス別成績
前走クラス

満遍なく結果を残しているように見えるけれど、いくつか気になる点があるわ。

まずは、前走OP特別組から勝ち馬が出ていない点。

複勝率も低いし、今回前走OP特別から出走になるメドウラークレッドソロモンはマイナス評価ね。

そして次に気になるのは、前走1600万下組の複勝率が頭一つ抜けている点。

前走の福島記念(G3)を出走除外になったジョルジュサンクは、実質的に前走1600万下だと言えるわ。

つまり、ジョルジュサンクには注目しておくべきだってこと。


以下に今回の登録馬をクラス別にリストアップしておくわよ。

【前走G1】
サトノクロニクル
ブレスジャーニー
マキシマムドパリ

【前走G2】
デニムアンドルビー
モンドインテロ

【前走G3】
ジョルジュサンク(出走除外 2走前1600万下)
プリメラアスール
マサハヤドリーム

【前走OP特別】
メドウラーク
レッドソロモン


【前走1600万下】
該当なし

【前走1000万下】
ニシノジャーニー

【地方競馬】
スーパーマックス


前走1000万下と地方競馬の馬についてだけど、過去そのクラスから出走した馬は1頭ずついて、どちらも馬券に絡んでいなかったの。

今回該当するニシノジャーニースーパーマックスについては、他のデータも見ながら検討していくわね。


次は、前走着順別成績。

前走着順別成績
前走着順

前走10着以下の馬たちはほとんど成果を出せていないのね。

その中で馬券に絡んだ2頭について調べてみたんだけど、チャレンジカップが2000mだった2011年以前の話だったわ。

2頭とも前走の距離が2400mだったという共通点があって、距離を短縮できたのが良い結果を生んだようね。

ただ今回の出走馬の中で前走2桁決着だった4頭は、どれも条件に当てはまらなかったわ…

サトノクロニクルブレスジャーニーマイネルミラノマサハヤドリームはマイナス評価ね。


また、それとは対照的に、前走6~9着だった馬たちは、前走掲示板組と遜色ない成績を残しているの。

過去に前走6~9着で馬券に絡んだ馬について調べてみたんだけど、彼らの負担重量に着目すると、みな前走と同じか、前走より軽い斤量を背負っていたことがわかったわ。

今回その条件に該当するのはデニムアンドルビーモンドインテロレッドソロモンの3頭よ。


次は、年齢別成績

年齢別成績
年齢

まず目につくこととして、勝ち馬は5歳以下の馬からしか出ていないわ。

その中でも4歳馬は複勝率も頭一つ抜けて良いから、馬券の中心は4歳馬で考えるといいわね。

今回の登録馬を馬齢ごとに分類しておくわよ。

【3歳】
サトノクロニクル
スーパーマックス
ブレスジャーニー

【4歳】
ジョルジュサンク
ニシノジャーニー

【5歳】
プリメラアスール
マキシマムドパリ
マサハヤドリーム
モンドインテロ
レッドソロモン

【6歳】
メドウラーク

【7歳】
デニムアンドルビー
マイネルミラノ


ただ、6歳以上の馬についても、2~3着に絡んだ数は十分。

相手を探すために、過去6歳以上で馬券に絡んだ馬について調べてみたところ、どの馬も過去3走までに馬券に絡んでいたことがわかったわ。

衰えのなさを結果で示してくれている馬でないと買えない、ってことね。

この条件に当てはまらないデニムアンドルビーマイネルミラノは切るわよ!


次は、脚質別成績

脚質別成績
脚質

最後の直線に急坂のある阪神競馬場だけあって、差しが決まる割合が高いようね。

このレースは差し馬を中心に考えるといいってこと。

過去の成績をもとに、今回の登録馬を脚質ごとに分類しておくわ。

【逃げ】
プリメラアスール

【先行】
サトノクロニクル
ジョルジュサンク
マイネルミラノ
マキシマムドパリ
レッドソロモン

【差し】
スーパーマックス
ニシノジャーニー
ブレスジャーニー
メドウラーク
モンドインテロ

【追い込み】
デニムアンドルビー
マサハヤドリーム


それじゃ、ここまでのデータをまとめるわね。

【前走クラス別成績】
前走OP特別組は勝利していない

【前走着順別成績】
前走10着以降は切る
前走6~9着は、前走以下の負担重量であることが条件

【年齢別成績】
4歳馬を中心に考える
勝ち馬は5歳以下

【間隔別成績】
差し馬を中心に考える


それじゃ、ここまでのデータを基に、現時点での注目馬を紹介するわよ。

注目馬1
ジョルジュサンク(牡4
【前走:福島記念(G3)9番人気 出走除外】

前走の福島記念では、放馬によって出走除外になってしまったジョルジュサンク。

人馬共に大きなケガはなかったようで良かったわ…

ともかく、ジョルジュサンクにとっては実質本走が古馬としての重賞デビュー。

データ的にも不安はないし、実質的な前走である9月の1600万下で阪神の芝1800mを走っていることも、大きなプラス材料だわ。

前走の雪辱をここで果たしてもらいたいわね!


注目馬2
マキシマムドパリ(牝5
【前走:エリザベス女王杯(G1)12番人気4着】

前走では良い位置につけていたけれど、最後は一杯になってしまったマキシマムドパリ。

もう少し距離が短ければ…と思わされたエリザベス女王杯が2200mだったのに対して、本走はまさに距離短縮となる2000m。

彼女が今年その2000mで重賞2勝を挙げていることも含めて考えると、ここでなら前走よりさらに良い走りをしてくれるはずよ。

データ的にも申し分ないし、当日の人気次第では配当にも期待できるわ!


施行条件が変更される今年のチャレンジカップで、頼りになるのはデータだけ。
そのデータが導き出した馬をぜひチェックしてちょうだい!



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます




2017年的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
g3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る