エビコ

カペラステークスを徹底予想!重賞レースはお任せ!

カペラステークス予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析したカペラステークス

2017年カペラステークス開催情報

レース名 カペラステークス
クラス G3
開催日 2017年12月10日(日)
開催場 中山競馬場
レース番号 11R

2017年カペラステークス事前予想

レースの見どころ
今回は、ある意味レアなダート重賞、カペラステークスの予想をしていくわよ!

ダートの1200m、という条件で施行されるこのレースだけど、類似の重賞が少ないおかげで、いろんな陣営からダートの短距離を使いたい馬が出走してくるのよね。

一方で、この路線の実力馬は前月のJBCスプリントに出走することが多いから、カペラステークスは確固たる主役の存在しない荒れ模様のレースになりがちよ。

今回もデータを使って、配当に期待できそうな穴馬を見つけたわ!


まずは過去のレース結果を見てもらおうかしら。


3連単


過去には100万馬券も出ているのね!

また表を見てもらえばわかる通り、このレースは1番人気があまりアテにならないから、データを使って有力馬を見つけることがより重要になってくるわ。

具体的な予想へ入る前に、まずは今年の特別登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アールプロセス56.0萩原清美浦
キクノストーム56.0吉田直弘栗東
キタサンサジン57.0梅田智之栗東
キャプテンシップ56.0森秀行栗東
グレイスフルリープ58.0橋口慎介栗東
ゴーイングパワー56.0岩元市三栗東
サイタスリーレッド57.0佐藤正雄栗東
ショコラブラン56.0浅見秀一栗東
スノードラゴン58.0高木登美浦
テイエムヒッタマゲ55.0福島信晴栗東
ディオスコリダー55.0高橋義忠栗東
ドラゴンゲート56.0小西一男美浦
ドリームドルチェ56.0根本康広美浦
ナンチンノン56.0中竹和也栗東
ニットウスバル56.0高橋文雅美浦
ノボバカラ57.0天間昭一美浦
ブルドッグボス57.0西浦勝一栗東
ブルミラコロ56.0大久保龍栗東
ベック56.0牧浦充徳栗東
ペイシャモンシェリ56.0目野哲也栗東
モンドクラッセ56.0清水英克美浦
コーリンベリー56.0小野次郎美浦
ベストマッチョセン56.0手塚貴久美浦

それじゃ、過去9年のデータをもとに、カペラステークスの予想を組み立てていくわよ。

登録頭数の多い今回、まずは明確な消し材料が見つかった『年齢別成績』から見てもらうことにしたわ。


年齢

4,5,6歳の馬が馬券のほぼすべてを占めているの。

3歳、および8歳以上で馬券に絡んだ馬はいないから、該当する以下の5頭は切ってしまうわね。

キクノストーム
ゴーイングパワー
スノードラゴン
テイエムヒッタマゲ
ディオスコリダー


これ以降は、彼らを省いた上で予想を進めていくわよ。

また、七歳馬のグレイスフルリープについては「切るにはまだ早いけど、以降のデータで明確なプラスがなければ買いにくい」ということは覚えておいてちょうだい。


次は、前走クラス別成績。

前走クラス別成績
前走クラス

馬券に絡んだ割合でいうと、前走G3組が優秀ね。

今回G3から出走するのはモンドクラッセだけだから、注目しておいた方がいいわ。

今回の登録馬を前走クラス別にリストアップしておくわね。

【前走G1】
グレイスフルリープ

【前走G2】
※該当なし

【前走G3】
モンドクラッセ

【前走OP特別】
アールプロセス
キタサンサジン
サイタスリーレッド
ショコラブラン
ドラゴンゲート
ドリームドルチェ
ナンチンノン
ニットウスバル

ブルミラコロ
ベストマッチョ
ペイシャモンシェリ

【前走1600万下】
キャプテンシップ
ベック

【前走地方競馬】
コーリンベリー
ノボバカラ
ブルドッグボス

ここで前走地方競馬組としている3頭は、いずれもJBCスプリントを走ってきた馬たちよ。

前走JBCスプリント組なんていかにも「買い」に見えたから、より詳しく調べてみたんだけど、その結果コーリンベリーノボバカラは切る、という結論になったわ。

なぜなら、過去に前走地方競馬から馬券に絡んだ4頭についてはみな「過去5走以内に2回以上連対していた」という共通点があったんだけど、切った2頭はこの条件を満たしていないの。

これ以降の予想は、このコーリンベリーノボバカラについても除外して考えていくわよ。


次は、前走着順別成績。

前走着順別成績
前走着順

前走の結果を鵜呑みにしてはダメ、というデータね。

穴党の性分で、前走10着以降で馬券に絡んだ馬について調べてみたんだけど…。
彼らは全員、本走では前走と同じか、より重い斤量を背負っていたことがわかったわ。

このカペラステークスは別定戦だから、近走で着実に実績を残しているかどうかが斤量に現れるってこと。

今回の出走馬の中で、前走2桁決着かつ斤量が前走から軽くなるナンチンノンベックは切っていいわ!


次は、間隔別成績。

レース間隔別成績
間隔

まず目につくこととして、前走から半年以上の間隔が空いた馬はまったく馬券に絡んでいないわ。

今回該当するキャプテンシップブルドックボスはここで切るわね。

またいい意味で目につくのは4週間隔勢の複勝率だけど、今回該当する馬はいないのね…


その他の行を見てみると、「5週以上」よりも「3週以下」の馬の方が全体的に良い成績を残していることがわかるわ。

今回の登録馬のうち、まだ切っていない馬を間隔別にリストアップしておくわよ。


【2週】
アールプロセス
キタサンサジン
ショコラブラン
ニットウスバル
ベストマッチョ
ペイシャモンシェリ

【3週】
ドリームドルチェ

【4週】
※該当なし

【5~9週】
サイタスリーレッド
ドラゴンゲート
ブルミラコロ
モンドクラッセ

【10週以上】
グレイスフルリープ


それじゃ、ここまでのデータをまとめるわね。

【年齢別成績】
馬券のほとんどは4~6歳
3歳および8歳以上は切る

【前走クラス別成績】
前走OP特別と前走G3組の成績がよい
今回出走する前走地方組は切る

【前走着順別成績】
前走10着以降で、前走より斤量の軽くなる馬は切る

【間隔別成績】
4週よりも短い間隔で出走する馬が好成績


さあ、ここまでのデータを基に、現状の注目馬を紹介するわよ。

注目馬1
グレイスフルリープ(牡7
【前走:コリアスプリント(G1)6番人気1着】

良くも悪くも注目しておきたいのが、このグレイスフルリープ。

9月に本走と同距離のコリアスプリントを制してきたこともあって、かなりの人気が出そうよね。

ただ繰り返すとおり、このレースは1番人気がまったく勝てていない上に、グレイスフルリープはデータ上不利な七歳馬、ということは忘れない方がいいわ。

彼をどう扱うかは、金曜日までさらに時間をかけて吟味させてもらうわね。


注目馬2
アールプロセス(牡6
【前走:オータムリーフステークス(OP特別)5番人気5着】

今回が重賞初挑戦となるアールプロセス。

ここまでオープンクラスまでしか走っていないとはいえ、彼は2016年の3月から14走連続で掲示板入りしていて、安定感はピカイチ。

更に本走の舞台である中山の1200m、彼はこのコースを今年だけで3度走っている、という点も見逃せないわ。

本走のような荒れ模様のレースでこそ、買っておきたい一頭ね!


一番人気がアテにならないカペラステークス
人気が出そうなあの馬より、データが見つけたこの馬を信用してちょうだい!



注目穴馬

無料登録後(注目穴馬)閲覧できます





2017年的中実績


会員登録でお得な情報を無料配信!

  • 厳選メインレースの穴馬情報公開
  • WIN5予想
  • 地方競馬予想
  • 中央競馬勝負レース予想
  • トリプル馬単予想(南関競馬)


登録済みの方はコチラ

カペラステークス予想記事一覧

ログイン



閉じる

パスワードを忘れた方はこちら

会員登録でお得な情報を無料配信!


閉じる