今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

アンタレスステークス2022のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

皐月賞に注目の集まる今週だけど、アンタレスステークス(G3)も見逃せない一戦よ!

阪神ダート1800mで争われる、このレース。

例年G1やJpn1の大舞台を見据えた有力馬が集うだけあって、過去10年の3連単の平均配当は42,671円とカタめに決着する傾向にあるわ。

今年もオメガパフュームを筆頭に、上位陣の層は厚め。
いかに少点数に絞った予想ができるかが、重要になりそうね。

今回も各種データを基に、信頼できる人気どころと、配当を跳ね上げる穴馬を炙り出しておいたわ。

ページの後半で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、特別登録馬から確認していくわよ。

目次

特別登録馬

馬名 性別 負担重量 調教師 所属
アルーブルト 56.0 畑端省吾 栗東
オーヴェルニュ 57.0 西村真幸 栗東
オメガパフューム 59.0 安田翔伍 栗東
カデナ 57.0 中竹和也 栗東
グロリアムンディ 56.0 大久保龍 栗東
ケイアイパープル 57.0 村山明 栗東
サクラアリュール 56.0 村山明 栗東
デュープロセス 56.0 安田隆行 栗東
ニューモニュメント 56.0 小崎憲 栗東
バーデンヴァイラー 56.0 斉藤崇史 栗東
ヒストリーメイカー 56.0 新谷功一 栗東
ミヤジコクオウ 56.0 川村禎彦 栗東
ユアヒストリー 56.0 池添学 栗東
ライトウォーリア 56.0 高野友和 栗東
アッシェンプッテル 54.0 奥村豊 栗東
プリティーチャンス 54.0 野中賢二 栗東
アナザートゥルース セン 57.0 高木登 美浦
ウェスタールンド セン 56.0 佐々木晶 栗東

それじゃあ今回も過去10年分のデータを基に、アンタレスSの予想を組み立てていくわよ。

レース当日の人気別成績から見てちょうだい。

2022年アンタレスステークス レース当日人気別成績

当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5 1 1 3 50.0% 60.0% 70.0%
2番人気 1 3 2 4 10.0% 40.0% 60.0%
3番人気 2 2 3 3 20.0% 40.0% 70.0%
4番人気 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
5番人気 0 1 2 7 0.0% 10.0% 30.0%
6~9人気 2 2 2 34 5.0% 10.0% 15.0%
10番人気以下 0 1 0 69 0.0% 1.4% 1.4%

まず、1番人気が強いレース、ということがわかるわね。

過去10年において約半数のレースで勝利していることから、有力な勝ち馬候補として押さえたいわ。

また勝ち馬に絞って見てみると、過去10年はすべて6番人気以内だった馬が占めているの。

さらに馬券圏内、というところでも30頭中27頭は6番人気以内

とくに3番人気以内だった馬は、複勝率の平均が66%以上と信頼できる数値が出ているわ。

つまり上位人気馬6頭を中心に、7番人気以降で馬券に絡んだ3頭の共通点を見つけるのが、このレースセオリーのようね。

次は、前走距離別成績を見てもらうわよ。

2022年アンタレスステークス 前走距離別成績

前走距離 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
同距離 2 4 8 74 2.3% 6.8% 15.9%
今回短縮 8 5 2 37 15.4% 25.0% 28.8%
今回延長 0 1 0 19 0.0% 5.0% 5.0%

勝ち馬の10頭中8頭は前走から距離が短縮した馬、というデータよ!

さらにこの8頭、すべて前走4番以内で、かつ4着以内という共通点があるの。

前項で挙げた6頭では、唯一オメガパフュームだけがこの条件に該当するわよ。

ちなみにコース別では、以下の2コースを走った子たちが好成績を残しているわ。

■名古屋ダート1900m【4-3-1-7 / 勝26.7% 連46.7% 複53.3%】:ケイアイパープル
■中京ダート1800m【2-0-3-5 / 勝20.0% 連20.0% 複50.0%】:グロリアムンディ・オーヴェルニュ・アルーブルト・ニューモニュメント

今回距離短縮にもあたる名古屋大賞典組のケイアイパープルも、好ローテーションの1頭ね。

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2022年アンタレスステークス 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
前走1着 6 3 1 25 17.1% 25.7% 28.6%
前走2着 1 4 3 9 5.9% 29.4% 47.1%
前走3着 1 1 1 8 9.1% 18.2% 27.3%
前走4着 1 1 0 9 9.1% 18.2% 18.2%
前走5着 0 0 0 9 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 1 0 2 31 2.9% 2.9% 8.8%
前走10着~ 0 1 3 38 0.0% 2.4% 9.5%

勝ち馬の6割を前走1着馬が占めているわね。

勝率も抜けて高いから、ここは勝ち馬候補として外せないわ。

今回前走で1着だったのは、
オメガパフューム
グロリアムンディ
バーデンヴァイラー

の3頭。
彼らには要注目よ。

また前走2着馬も、勝率こそ低いものの複勝率は47.1%と馬券にはよく絡めているわ。

回収率も100%オーバーとコスパもいいし、該当するオーヴェルニュケイアイパープルも注視したいわね。

次は、斤量別成績を見てもらうわよ。

2022年アンタレスステークス 斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
54kg 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
56kg 5 3 6 98 4.5% 7.1% 12.5%
57kg 5 4 2 19 16.7% 30.0% 36.7%
59kg 0 1 0 1 0.0% 50.0% 50.0%

※今回登録されている馬の斤量だけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

斤量57kgを背負った馬の成績がいいわね。

斤量56kgと同等の勝ち星ではあるけど、勝率は圧倒的に57kgの方が上。

今回はこの斤量には、
オーヴェルニュ
アナザートゥルース
カデナ
ケイアイパープル

の4頭が決まっているわよ。

ちなみに今回トップハンデの59kgを背負う、オメガパフュームだけど…。
過去に斤量59kgを背負った2頭は、勝利実績なし

彼ほどの成績を収める馬はいなかったとはいえ、ちょっと注意したいデータね。

そんなところで、現段階における注目馬と穴馬候補を紹介するわよ!

 

2022年アンタレスステークス 注目馬①

オメガパフューム(牡7)
【前走:東京大賞典(G1)1番人気1着】

昨年の東京大賞典で4連覇を達成した、オメガパフューム

レース後は引退して種牡馬入りする予定だったけど、一転して現役続行、このアンタレスSが仕切り直しの一戦になるわ。

そんな彼、今日の検証でほぼパーフェクトな材料を備えていたように、データ上はかなりの激走傾向にある存在。

今回の彼と同じ斤量59kgを背負った馬は勝てていないけど、彼ほどの実績馬はいなかったし、自身過去に同斤量だったレースでは2戦して1着1回・2着1回とよく走れているのよね。

相手関係を見ても、前例を覆して最先着する可能性は高いと見ているわ。

あとは何とかオッズが2倍を下回らないことを祈るだけ、って感じね!

2022年アンタレスステークス 注目馬②

グロリアムンディ(牡4)
【前走:名古屋城ステークス(OP特別)1番人気1着】

ダート転向後は4連勝と破竹の勢いを見せる、グロリアムンディ

今回が初のダート重賞となる彼だけど、現段階では並みいる強豪を抑え上位人気しているわね。

伝えたように彼は、臨戦過程・斤量ともに好走が見込める好データに該当していた1頭。

阪神2000mも克服済みだし、4連勝中というところを抜きにしても買える材料が備わっている、と言えるわよ。

上位人気しているとはいえオッズも5倍程度は見込めそうだし、オイシイ勝ち馬候補として押さえておきたいわね。

カタめに決着しそうな、今年のアンタレスステークス。
アノ伏兵を馬券に含めて、万馬券を手繰り寄せてちょうだい!

2022年アンタレスステークス 注目穴馬

ケイアイパープル(牡6)
【前走:名古屋大賞典(Jpn3)2番人気2着】

前走の名古屋大賞典では勝ち馬にタイム差なしの2着入線を果たした、ケイアイパープル

昨年末からの重賞3戦はすべてで馬券圏内を確保するなど、本格化の兆しさえ見せはじめているわね。

伝えたようにこのアンタレスSは、名古屋大賞典組が絶好調
また前走2着以内だった馬は複勝率47%と、よく馬券に絡めていたわね。

データ的にこのレースを勝ち切るには足りない感じだけど、相手には押さえたいところだわ。

現段階では中堅人気に落ち着ているのも、穴党としては嬉しい限りよね。

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次