エビコ

日本ダービーを徹底予想!重賞レースはお任せ!

日本ダービー予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した日本ダービー

2022年日本ダービー開催情報

レース名 日本ダービー
クラス G1
開催日 2022年5月29日(日)
開催場 東京競馬場
レース番号 11R

2022年日本ダービー事前予想

公開:
更新:

いよいよ今週末、競馬の祭典こと東京優駿(日本ダービー)が開催されるわ!

今年も「ダービー」の名にふさわしい、豪華な面々が集ったわね。

なかでもこの世代を代表するイクイノックスにダノンベルーガ、ドウデュースにジオグリフあたりは4強と目され、人気の方もかなり過熱しているようだけど…。

この日本ダービーは、上位人気3頭が飛んで280万馬券が出た2018年をはじめ、大荒れな展開も少なくない一戦。

世間の評価に流されると、思わぬ不利益を被ることになり兼ねないから気を付けてちょうだい!

それじゃあこのレースで的中を出すためには、何を頼るべきか…。

それはウチのように客観的に各馬を評価できる、データ予想に限るわ!
 

【5/27更新】枠順が確定!人気4頭はすべて外枠


先週のオークスで2着入線したスタニングローズを炙り出したデータを駆使して、最終的には3連単90点の買い目が導き出されたわ!

6桁配当を演出し得る注目の穴馬候補と一緒に紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!
 

【PR】大荒れの韋駄天Sを3連単12点で的中!ウマニキ

ウマニキ

経験より実力を重視して選ばれた、日本最高クラスの馬券師たちが予想を提供する「ウマニキ」

”プラス収支の提供”を至上命題とし、毎週会員の資産を増やし続けている本格派の投資競馬サイトよ。

2・10・9番人気の順で大荒れ決着した先週の韋駄天Sでは、3連単12点の少点数で見事的中

しかも1点400円の推奨だったから、そのまま買えば1,207,760円の払い戻しだったわ。

そんな「ウマニキ」が今週は、満を持して日本ダービーの予想を無料で公開

ダービーよ!ここで当てなきゃいつ当てるの!?

なんとしてでもダービーを的中させたいそこのアンタ、ぜひぜひこの機会を逃さないでちょうだい!

【的中実績】
2022年5/21 東京11R メイステークス
<獲得>3連単8点×600円 158,400円

2022年5/22 中京2R 3歳未勝利
<獲得>3連単9点×600円 687,480円

2022年5/22 新潟11R 韋駄天ステークス
<獲得>3連単12点×400円 1,207,760円


→ウマニキの日本ダービー無料予想はコチラ


目次

    2022年日本ダービー 特別登録馬

    馬名 性別 負担
    重量
    調教師 所属
    アサヒ57.0金成貴史美浦
    アスクビクターモア57.0田村康仁美浦
    アスクワイルドモア57.0藤原英昭栗東
    イクイノックス57.0木村哲也美浦
    オニャンコポン57.0小島茂之美浦
    キラーアビリティ57.0斉藤崇史栗東
    コマンドライン57.0国枝栄美浦
    ジオグリフ57.0木村哲也美浦
    ジャスティンパレス57.0杉山晴紀栗東
    ジャスティンロック57.0吉岡辰弥栗東
    セイウンハーデス57.0橋口慎介栗東
    ダノンベルーガ57.0堀宣行美浦
    デシエルト57.0安田隆行栗東
    ドウデュース57.0友道康夫栗東
    ビーアストニッシド57.0飯田雄三栗東
    ピースオブエイト57.0奥村豊栗東
    プラダリア57.0池添学栗東
    ポッドボレット57.0辻野泰之栗東
    マテンロウオリオン57.0昆貢栗東
    マテンロウレオ57.0昆貢栗東
    ロードレゼル57.0中内田充栗東
    ヴェローナシチー57.0佐々木晶栗東

    ※馬名をクリックすれば各馬の情報が見られるわよ。


    それじゃあ今回も過去10年分の各種データを用いて、2022年日本ダービーの予想を組み立てていくわよ。

    まずは、レース当日の人気別成績から見てちょうだい。
     

    2022年日本ダービー レース当日人気別成績

    当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    1番人気 3 2 2 3 30.0% 50.0% 70.0%
    2番人気 1 2 1 6 10.0% 30.0% 40.0%
    3番人気 3 3 1 3 30.0% 60.0% 70.0%
    4番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
    5番人気 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
    6~9人気 0 0 3 37 0.0% 0.0% 7.5%
    10番人気以下 1 0 3 84 1.1% 1.1% 4.5%

    勝ち馬の9割は、5番人気以内から出ていることがわかるわね。

    基本的には、当日5番人気以内の馬から勝ち馬を選ぶのがよさそうなんだけど…。

    2019年に当時単勝オッズ93倍だったロジャーバローズが勝利した前例もあるのよね。

    このロジャーバローズ、調べてみたら重賞を含めデビューから日本ダービーまでの2000m以上のレースで、すべて2着以内に入る実績を残していたの。

    今回人気薄が濃厚な面々でこの条件に該当するのは、プラダリアロードレゼルの2頭。
    上位5頭とあわせて、勝ち馬候補として覚えておきたいわね。

    他にも2着はすべて5番人気以内から、3着は16番人気以内から、というデータも出ているから…。

    馬券は上位5番人気以内での馬単、また3連系の場合は3着馬のみ好データに該当した馬を広めに買う、と考えるのがベターよ。

    次は、前走レース別成績を見てもらおうかしら。
     

    2022年日本ダービー 前走レース別成績

    前走レース 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    皐月賞(G1) 7 8 5 66 8.1% 17.4% 23.3%
    京都新聞杯(G2) 2 1 1 19 8.7% 13.0% 17.4%
    毎日杯(G3) 1 0 0 5 16.7% 16.7% 16.7%
    青葉賞(G2) 0 1 3 19 0.0% 4.3% 17.4%
    プリンシパルS(L含む) 0 0 1 8 0.0% 0.0% 11.1%
    スプリングC(G2) 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
    NHKマイルC(G1) 0 0 0 22 0.0% 0.0% 0.0%

    馬券になった馬の3分の2は、前走皐月賞組ね。

    ローテーション的に、人気の4頭は素直に評価してよさそうだわ。

    ちなみに回収率で見ると、京都新聞杯組が抜けて好調。

    前項でも紹介した、2019年に番狂わせを演じたロジャーバローズも前走にこの京都新聞杯を使っていて、単勝回収率は400%オーバーにもなるの。

    今回はアスクワイルドモアが唯一この条件に該当するから、相対的な意味でも注目ね。

    次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。
     

    2022年日本ダービー 前走着順別成績

    前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    前走1着 4 5 4 32 8.9% 20.0% 28.9%
    前走2着 2 2 2 29 5.7% 11.4% 17.1%
    前走3着 1 2 1 10 7.1% 21.4% 28.6%
    前走4着 1 0 0 8 11.1% 11.1% 11.1%
    前走5着 1 0 0 8 11.1% 11.1% 11.1%
    前走6~9着 1 1 3 28 3.0% 6.1% 15.2%
    前走10着~ 0 0 0 32 0.0% 0.0% 0.0%

    前走3着以内だった馬が本走でもよく馬券に絡めているけど、そこを外れても1桁台の着順であれば勝負になる、って感じのデータね。

    とくに前走2着馬は、単勝回収率が270%オーバーと人気薄の好走も見られるし、ぜひ配当妙味のある勝ち馬候補としても注視したいわ。

    ちなみに前走掲示板外から巻き返した5頭について調べてみたら、いずれも前走で5番人気以内だった、という傾向があったの。

    春先の時点である程度目立っていた馬なら、この舞台でリベンジできる見込がありそうね。

    この条件に当てはまらない、
    オニャンコポン
    ジャスティンパレス
    ジャスティンロック
    デシエルト
    ビーアストニッシド
    マテンロウレオ

    あたりは厳しい戦いになりそうね。

    次は、騎手の乗り替わり別成績を見てもらうわよ。
     

    2022年日本ダービー 騎手乗り替わり別成績

    前走騎手 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    同騎手 9 9 8 90 7.8% 15.5% 22.4%
    乗替り 1 1 2 58 1.6% 3.2% 6.5%

    前走と同じ鞍上であることがこのレースで馬券圏内に入るための条件、と言えるデータね。

    こういった大舞台で3歳馬のポテンシャルを引き出すには、やはり乗り慣れた騎手が手綱をとることが不可欠、ということかしら。

    ちなみに例外にあたる4頭は、いずれもレース当日の人気が4番以降。
    しかもそのうち2頭は、10番人気以降の大穴クラスだったのよね。

    言い換えれば、大穴クラスは乗り替わりのあった子が好走傾向にある、ということだから、穴馬を選ぶ際はそのあたりにも注目してみるといいわ。

    次は、枠順別成績を見てもらうわよ。
     

    2022年日本ダービー 枠順別成績【5/27更新】

    枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    1枠 3 2 1 14 15.0% 25.0% 30.0%
    2枠 1 1 2 16 5.0% 10.0% 20.0%
    3枠 1 0 1 18 5.0% 5.0% 10.0%
    4枠 0 2 1 16 0.0% 10.5% 15.8%
    5枠 2 1 0 17 10.0% 15.0% 15.0%
    6枠 1 3 2 14 5.0% 20.0% 30.0%
    7枠 1 1 2 25 3.4% 6.9% 13.8%
    8枠 1 0 1 28 3.3% 3.3% 6.7%

    近年のダービーと言えば、やっぱり1枠だった馬が走るイメージよね!

    過去10年で3頭が勝利していて、うち1頭は2019年の当時単勝オッズ93倍だったロジャーバローズ。
    単勝回収率は500%オーバーにもなるわ。

    そんな穴馬の激走も期待できる1枠には、今回いかにも伏兵って感じのオッズがついたアスクワイルドモアセイウンハーデスが入るから注目したいわね。

    ちなみに抜けて人気している4頭は、いずれも外枠

    ダノンベルーガだけは複勝率高めな6枠に収まるけど、勝ち馬というところでは有利と取れれる子はいないわよ。

    次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。
     

    2022年日本ダービー 馬体重別成績【5/27更新】

    馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    ~459kg 2 2 0 26 6.7% 13.3% 13.3%
    460~479kg 2 2 3 49 3.6% 7.1% 12.5%
    480~499kg 5 3 4 55 7.5% 11.9% 17.9%
    500kg以上 1 3 3 18 4.0% 16.0% 28.0%

    馬格に関係なく走る、という感じのデータだけど…。
    勝ち馬はある程度馬格のある、480~499kgだった馬から出やすいようね。

    この範囲だった馬は単勝回収率も170%と好調だし、伏兵の台頭にも期待できそうな印象。

    調教後の馬体重を参考にすると、
    マテンロウレオ
    マテンロウオリオン
    ジャスティンロック
    ダノンベルーガ
    ドウデュース
    ジオグリフ
    イクイノックス

    が該当しそうだから注目ね。

    また勝率こそそこそこだけど、連対率・複勝率が抜けて高い500kgを超える大柄な馬たちも警戒したいところ。

    デシエルトロードレゼルあたりは、複勝圏に来る可能性が高いから侮れないわよ。

    ちなみにレース当日、増減があった場合に思い出して欲しいんだけど…。

    前走と同体重だった馬【0-1-1-25 / 勝0.0% 連3.7% 複7.4%】
    前走馬体が増えた馬【2-3-4-64 / 勝2.7% 連6.8% 複12.3%】


    なのに対し、

    前走から馬体が減った馬は、【8-6-5-59 / 勝10.3% 連17.9% 複24.4%】と好走率が高いの。
    前走時に比べて馬体が締まった馬、狙い目よ。


    そんなところで最終的な注目馬と穴馬候補、推奨馬券を発表するわ!


    PR

    2022年日本ダービー 注目馬①

    ジオグリフ(牡3)
    【前走:皐月賞(G1)5番人気1着】

    今年の皐月賞馬に輝いた、ジオグリフ

    直線ではイクイノックスの仕掛けにしっかり反応して、最後は強烈な末脚で勝利を決める強い競馬だったわ。

    新馬戦で上がり最速での勝利を記録した東京コースに戻る今回は、ますます彼の末脚が活きそうな感じよね。

    伝えたように皐月賞は本走絶好のローテーションでもあるし、そこで勝利した彼はベストな臨戦過程
    日本ダービーでは直近10年で3勝を挙げている福永祐一Jの続投も決まり、二冠へ視界良好ね。

    今年は上位で人気が割れていて、皐月賞馬の彼でも現時点の単勝オッズは5~6倍程度。
    配当的にも絶好の狙い目よ!
     

    2022年日本ダービー 注目馬②

    イクイノックス(牡3)
    【前走:皐月賞(G1)3番人気2着】

    前走の皐月賞では、ジオグリフの強襲に屈し2着に敗れたイクイノックス

    ただ約6か月ぶりの実戦、さらに大外枠の不利がありながら、最後は見せ場を作っての敗戦だったこともあって、ダービーでは期待を抱かせる走りができていたんじゃないかしら。

    そもそもローテーション的に、皐月賞はダービーへの叩きともとれるレース。
    叩き2戦目、かつ東スポ杯2歳Sで圧勝した東京が舞台というところを考えれば、ここで巻き返す可能性は十分、って感じよね。

    枠順こそデータ的に良好とは言えない8枠18番だけど、今回イクイノックスとコンビを組むルメールJは、先週のオークスで同じ枠からスターズオンアースを勝たせているし…。
    彼がダービー馬になってもおかしくないわね!
     

    2022年日本ダービー 注目馬③【5/27更新】

    アスクワイルドモア(牡3)
    【前走:京都新聞杯(G2)8番人気1着】

    強烈な末脚で前走の京都新聞杯を制した、アスクワイルドモア

    伝えた通り、京都新聞杯はこのレース絶好のローテーションだし、そこを勝ち切ってくる彼はダービーでも激走が見込めるわ。

    しかも今回は、絶好調1枠1番からのスタート
    本走のデータ的にも好走にかなり期待できる枠だけど、彼自身も1枠1番だったレースは2戦して連対率100%とよく走れているのよね。

    ホープフルSの大敗は外枠の不利があったことは明白だし、好位からレースが進められるであろう今回は、勝ち負けになってもおかしくないわと見ているわ。

    いい枠を引いたとあって、当日はそれなりに人気しそうだけど、それでも十分なコスパが見込めるオイシイ穴馬候補よ!
     

    2022年日本ダービー 注目馬④【5/27更新】

    ダノンベルーガ(牡3)
    【前走:皐月賞(G1)2番人気4着】

    4強の中ではもっとも好調な6枠に決まった、ダノンベルーガ

    イクイノックスが大外に入ったとあって、当日はこの子が1番人気になるかもしれないわね。

    伝えたように、1番人気だった馬はこのレース複勝率70%と好調。

    今回は共同通信杯でジオグリフをさえ寄せ付けない強い競馬をした東京が舞台、さらに好走条件の「前走時より馬体が絞れている」、にも該当しそうだし、まさに走る材料が揃った1頭と言えるわ。

    今年に入ってすでにG1を2勝している川田将雅Jが鞍上、というのも心強いわね!


    2019年の再来を期待させる、今年の日本ダービー。
    穴馬の条件がバッチリ備わったアノ伏兵が、10万馬券を演出する勝利を届けてくれるわ!

    2022年日本ダービー 注目穴馬【5/27更新】

    無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

    会員登録でお得な情報を無料配信!

    • 厳選メインレースの穴馬情報公開


    登録済みの方はコチラ

    日本ダービー予想記事一覧

    ログイン



    閉じる

    パスワードを忘れた方はこちら

    会員登録でお得な情報を無料配信!


    閉じる