G2レース全部徹底解剖 過去の提供情報

マイラーズカップ予想 2016



今週から京都競馬が開幕ね。
この開幕週の馬場コンディションがポイントなの。
とにかく前が止まらない馬場状態だから、脚質も重要になってくるわ。
脚質別成績はまた金曜日に出すけど、とにかく前目で競馬が出来る馬を見つけて勝った方が良いわ。
 
それじゃ、登録馬から見て行くわよ。

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アルバートドック56.0須貝尚介栗東
アルマワイオリ56.0西浦勝一栗東
エキストラエンド56.0角居勝彦栗東
クラレント56.0橋口慎介栗東
クルーガー56.0高野友和栗東
グァンチャーレ56.0北出成人栗東
ケイティープライド56.0角田晃一栗東
ケントオー56.0西橋豊治栗東
サンライズメジャー56.0浜田多実栗東
ダノンシャーク57.0大久保龍栗東
ダノンリバティ56.0音無秀孝栗東
テイエムイナズマ56.0福島信晴栗東
ネオスターダム56.0石坂正栗東
フィエロ56.0藤原英昭栗東
マーティンボロ56.0友道康夫栗東
レッドアリオン57.0橋口慎介栗東

 
フルゲート18頭に16頭の登録・・・
随分控えめな登録なのね。
メンバーを見ても抜けている馬もいなそうだし、なんだか波乱の予感がするわ!
 
それじゃ、データを使ってマイラーズカップをひも解くわ。
このデータはマイラーズカップの過去10年分のデータよ。
 
前走クラス別成績
G1(1-2-1-18)
勝 率:4.5%
連対率:13.6%
複勝率:18.2%
 
G2(3-2-2-16)
勝 率:13.0%
連対率:21.7%
複勝率:30.4%

 
G3(1-3-6-54)
勝 率:1.6%
連対率:6.3%
複勝率:15.6%
 
OP(3-3-0-30)
勝 率:8.3%
連対率:16.7%
複勝率:16.7%
 
1600万下(0-0-0-8)
勝 率:0%
連対率:0%
複勝率:0%
 
一つ言えることは前走で重賞を使っていることが絶対条件になってくるという事。
クラス別に見ると前走でG2だった馬が良く走るようだから、中心に見た方が良いわよ。
と思ったらG2からの参戦って1頭もいないじゃないの!!!
となると、まずは重賞組の精査が必要になりそうね。
 
前走着順別成績
1着(2-2-1-24)
勝 率:6.9%
連対率:13.8%
複勝率:17.2%
 
2着(2-3-1-11)
勝 率:10.0%
連対率:25.0%
複勝率:45.0%

 
3着(0-0-1-15)
勝 率:0%
連対率:0%
複勝率:6.3%
 
4着(0-2-0-7)
勝 率:0%
連対率:22.2%
複勝率:22.2%
 
5着(2-1-0-4)
勝 率:28.6%
連対率:42.6%
複勝率:42.9%

 
 6~9着(1-0-3-31)
勝 率:2.9%
連対率:2.9%
複勝率:11.4%
 
10着以下(3-2-1-34)
勝 率:7.5%
連対率:12.5%
複勝率:15.0%

 
前走の着順別で目を引くのは10着以下からの巻き返しよね。

1着だった馬よりも勝率は高いから高配当を狙うならこの辺りの馬を仕留めることね。
大丈夫よ!後でちゃんと教えるから!!
 
前走着順別成績
1番人気(3-5-3-21)
勝 率:9.4%
連対率:25.0%
複勝率:34.4%
 
2番人気(2-2-1-17)
勝 率:9.1%
連対率:18.2%
複勝率:22.7%

 
3番人気(1-0-1-8)
勝 率:10.0%
連対率:10.0%
複勝率:20.0%
 
4番人気(1-1-2-7)
勝 率:9.1%
連対率:18.2%
複勝率:22.7%
 
5番人気(0-2-0-14)
勝 率:0%
連対率:12.5%
複勝率:12.5%
 
6~9番人気(1-0-2-29)
勝 率:3.1%
連対率:3.1%
複勝率:9.4%
 
10番人気以下(0-0-0-30)
勝 率:0%
連対率:0%
複勝率:0%
 
前走の人気では上位人気に支持されているのが良いようね。

どんなクラスであれ、6番人気以下の低評価の馬は切ってしまいましょう!!!
と思ったけど、前走低評価だった馬の方が多いのね・・・。
これだと、残って馬が人気になるから今回は残して他のデータと合わせて使うわ。
 
それじゃ、データをまとめるわ!
 
■前走クラスは重賞である事が必須
 
■前走着順では10着以下の馬も狙い目
 
■前走の人気では上位人気している方が良い

 
このデータを使って私のオススメ馬を発表するわ!!
 
注目馬1
フィエロ
【前走:香港マイル9着】

一昨年、昨年とこのマイラーズカップで馬券に絡んでいて、
マイルチャンピオンシップで2年連続2着と高いマイル適性を見せているディープインパクト産駒よ。

好位から中団と幅広い位置で競馬が出来るし、実績No.1だから注目1番手ね

 
注目馬2
サンライズメジャー
【前走:ダービー卿チャレンジトロフィー5着(6番人気)】

昨年のマイラーズカップで2着だったこの馬。
前に行けるのは強みだし開幕週の馬場を味方に付けられるのも良いわ。

前走も大きく負けてはいないし、抑えは必要ね
 

注目馬3
レッドアリオン
【前走:小倉大賞典7着(8番人気)】

昨年のこのレースの覇者よ。
ここ2走は距離がやや長かった印象があるし、京都や東京で勝っているように広い競馬場の方が良いのよね。

前走G3からの参戦だし、斤量も2キロ減るのも好材料よ
 
注目馬4
エキストラエンド
【前走:ダービー卿チャレンジトロフィー7着(8番人気)】

昨年のマイラーズカップで4着と健闘して、その後もG3で人気が無いと穴を開けるのよ。

この馬の京都競馬場での成績は複勝率が50%と高い数字を残しているの
前走も負けたとはいえ0.5差なら逆転は可能よ。

前走6着以下もここで馬券に絡んでいるから無下には出来ないわよ。
 
波乱必至の今年のメンバーで押さえなければいけない馬がいた!
その馬を知るだけで面白いように的中が見えてくる!
その馬とは・・・

 
注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

的中結果


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

マイラーズカップ

【質問】マイラーズCってどんなレースですか?
4月の京都競馬場の芝1600メートル外回りで行われる別定のG2競走です。
創設当時は阪神芝1600で天皇賞・春の前哨戦として施工され、
第1回の優勝馬は牝馬初の年度代表馬トウメイでした。
グレード制導入後は安田記念の前哨戦となり、
2012年からマイルのローテーション整備により京都へ移行された。
過去に優勝馬としてニホンピロウイナー、ノースフライトが安田記念を制覇し、
敗れた馬からもハッピープログレス、ヤマニンゼファー、アサクサデンエンが本番で優勝している。
またヴィクトリアマイルの前哨戦として出走する馬もおり、ダンスインザムード、
アパパネがここから本番で優勝を飾っている。
尚、地方馬のみ上位2着までに安田記念出走権が与えられる。
2012から安田記念との間隔が中5週と適度になり、これから関連性はさらに深まりそうです。
【質問】京都芝1600ってどんなコースですか?
向正面直線を2コーナー側に延長したポケットからスタート。
3コーナーまでの直線距離は長く、まるで新潟の直線競馬のように出たなりで横広の状態のまま先行争いになる。
よってテンからペースは速めで、中盤で緩むことも少ない。
淡々とした流れで脚をタメることが出来るかどうかがポイントとなる。
芝のマイル戦は逃げ切りが難しいが、京都外回りも同様。
特にクラスが上がると差し・追い込み馬の活躍が目立ち、重賞での逃げ切りは滅多に見られない。
最後の直線に向いた時に、馬群がバラけるのと内ラチが開くので、
後続馬が抜け出しやすくなっていることも要因の一つです。
開幕週に行われるので逃げ不利とは言い切れませんが、差し馬に注意したいです。
【質問】じゃあマイラーズCも差し有利ですか?
まだサンプルが過去2年しかないので明確な答えは出ませんが、そのイメージを持った方が良さそうです。
2012年はシルポートが逃げ切りましたが、当時は稍重で先行馬有利に拍車がかかっていました。
今年は1番人気の先行馬カレンブラックヒルが4着と敗れたので
良馬場なら先行馬には厳しいと考えた方がいいでしょう。
【質問】臨戦過程に傾向はありますか?
休み明けで活躍する馬はG1級の馬ばかりなので実績のない馬は割り引いた方がいいでしょう。
年明けに1度はレースを使っているのが理想です。
中山記念組の相性がいいです。
厳しい流れでスタミナを要するので距離短縮組の成績は良好です。
次に好走馬が多いのは東京新聞杯組です。
逆に高松宮記念など距離延長組の成績は芳しくありません。
穴で特注したいのが、六甲S組。
2011年のクレバートウショウは14番人気で2着と100万馬券の立役者となり、
2013年も8番人気のサンレイレイザーが2着と要注意のレースとなっております。
【質問】血統に傾向はありますか?
京都に移行してからまだ2年なので何とも言えませんが、
京都芝1600外回りはディープインパクト産駒が強いレース。
実際ダノンシャークが2012年2着、2013年3着と2年連続好走しています。
来年以降のディープ産駒には注目したいです。
あと阪神施工時代から一貫して強いのがリファール系。
古くはダンシングブレーヴ産駒のジョウテンブレーヴが勝ち、翌年は3着。
最近ではホワイトマズル産駒のシルポートが阪神、京都で変則連覇を達成しています。
今年もラスカルスズカ産駒のサンレイレイザーが2着と4年連続連対馬
(2010年はトライアンフマーチの母父がダンシングブレーヴ)を出しており、
リファール系の血を持っている馬がいれば黙って買いです。
【質問】最後にまとめをお願いします。
まだデータ数は少ないのですが、ディープインパクト産駒の差し馬がいれば軸に最適。
穴ならリファール系の馬がいいでしょう。
年内初出走の馬はG1級でなければ押さえまでが妥当です。
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る