g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

フローラステークス予想 2017

レースの見どころ
皐月賞をもって春の中山開催が終わり、今週からは舞台を東京競馬場に移して熱戦が繰り広げられるわけなんだけど、その最初の重賞がオークスのトライアルレースであるフローラステークス

トライアルレースと言っても、なかなかオークスに結びつく事は少なくて、過去10年でフローラステークスからオークスを勝ったのは1頭のみと圧倒的に桜花賞組の後塵を配しているのが現状ね。

ただ、勝ち馬を出していないだけで2・3着馬はちょろちょろ出しているから全く無視すると言うわけにはいかないわ。

このレースからオークスで馬券を買おうと思うなら、一つの指標となるのは勝ちタイム。

過去の勝ち馬を見ても2000mを2分0秒台で走ることが出来れば、オークスで馬券圏内の争いをすることは十分可能になるの。

昨年のチェッキーノなんか2000mになった1987年以降で唯一2分を切って1.59.7の好時計で快勝して、オークスでは2着と好走。

とにかく、このレースでは勝ちタイムに注目して見るといいわ。

それじゃ今年の見どころを話すわね。

まずは、ラキシス・サトノアラジンの妹にあたるフローレスマジック

過去のレースでも、1着を取っているリスグラシューやアドマイヤミヤビと差のないレースができているし、オークスでライバルと戦うために、最低でも権利は欲しいわね。

次は、フラワーカップから参戦して来たディーパワンサ
桜花賞で阪神JF組が3着まで占めたレベルの高いレースで4着に好走した馬よ。

1600mまでの距離では掲示板を外したことがなかったのだけれど、1800mでは掲示板外に沈んでいることから問題は距離になりそうね。

未勝利→500万と連勝中のホウオウパフュームも見ておくわ。

ここ2戦とも2000mを連勝していて、距離は全く問題ないわね。

父がハーツクライだしここで好走出来ればオークスでも楽しみな1頭になるわ。

他では、エルフィンステークス2着のアドマイヤローザ、連対率100%のラユロット、ヤマカツエースの妹のヤマカツグレースなど、3枚しかない樫の舞台への切符を目指す22頭が登録をしているわ。


それじゃここで登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アドマイヤローザ54.0梅田智之栗東
アロンザモナ54.0西浦勝一栗東
アンネリース54.0尾関知人美浦
キャナルストリート54.0大竹正博美浦
ザクイーン54.0角居勝彦栗東
タガノアスワド54.0五十嵐忠栗東
ディーパワンサ54.0松下武士栗東
ドリームマジック54.0中川公成美浦
ニシノアモーレ54.0上原博之美浦
ビルズトレジャー54.0田中剛美浦
ピスカデーラ54.0池添学栗東
フローレスマジック54.0木村哲也美浦
ブラックスビーチ54.0角居勝彦栗東
ホウオウパフューム54.0奥村武美浦
ムーンザムーン54.0上原博之美浦
メイショウササユリ54.0松永幹夫栗東
モズカッチャン54.0鮫島一歩栗東
ヤマカツグレース54.0池添兼雄栗東
ラユロット54.0藤沢和雄美浦
レッドコルディス54.0高橋義忠栗東
レッドミラベル54.0尾関知人美浦
ワラッチャウヨネ54.0高橋義博美浦

ここからはデータを使ってフローラステークスを分析していくわ。

以下のデータはフローラステークス過去10年分になるわ。


まずは、前走クラス別成績

前走クラス別成績
前走クラス

前走クラス別成績を見ると、意外と極端なデータが出ていてG3組か500万組が多く馬券に絡んでいるのが分かるわ。

連対率と複勝率を見ると500万組の方がいい数字を残しているから、馬券の軸に迷ったら500万からの昇級組がいいわね。

じゃ、まず馬券に絡んだG3組をレース別に見るわ。

フラワーC:【3-3-1-24】
毎日杯:【0-1-0-0】
クイーンC:【0-0-1-6】

となっていてG3組で馬券に絡んだのはこの3レースのみ。
中でも、中山1800mで行われるフラワーカップ組がダントツの成績を残しているし、ほぼこのレースから出てきていると言っても過言じゃないわ。

次に、500万組を距離別に見るわよ。
1600m:【1-1-2-33】
1800m:【7-6-4-53】
2000m:【2-3-2-43】
2400m:【0-0-2-1】

となっていて、1800mからの距離延長組がかなりの好成績を上げているわ。

一見、フローラステークスと同じ距離の2000mが良さそうに感じるけど、数字的にはイマイチね。

後は、前走関西圏内で走った馬が好成績をあげているから、前走の場所にも注目して見るといいわ。

【前走G1
・アロンザモナ

【前走G2

【前走G3
・ディーパワンサ
・ビルズトレジャー
・フローレスマジック


【前走OP
・アドマイヤローザ

【前走500万下】
・キャナルストリート
・タガノアスワド
・ニシノアモーレ
・ピスカデーラ
・ホウオウパフューム
・ムーンザムーン
・メイショウササユリ
・モズカッチャン
・ヤマカツグレース
・レッドコルディス
・ワラッチャウヨネ


【前走未勝利】
・アンネリース
・ザクイーン
・ドリームマジック
・ブラックスビーチ
・ラユロット
・レッドミラベル


次は、前走着順別成績よ。

前走着順別成績
前走着順

これは前走着順別成績だけど、このデータを見て分かるのは前走3着以内に好走をしないとここで勝ち負けをするのは難しいと言うこと。

だから、着順に見るなら馬券に絡んだかどうかというのが一つの指標になりそうね。

となると、軸になるのは前走3着以内の馬なんだけど、前走掲示板外の馬でも馬券に絡めてはいるから、狙うと配当的な妙味はあるわね。

しかも、前走4着・5着とギリギリ掲示板を確保した馬よりも連対率も複勝率もいいから、このデータに当てはまる馬を狙って行きなさい!

【前走1着】
・アンネリース
・ザクイーン
・ドリームマジック
・ブラックスビーチ
・ホウオウパフューム
・モズカッチャン
・ラユロット
・レッドミラベル


【前走2着】
・アドマイヤローザ
・タガノアスワド
・ヤマカツグレース

【前走3着】
・フローレスマジック


【前走4着】
・ムーンザムーン

【前走5着】
・レッドコルディス

【前走6〜9着】
・キャナルストリート
・ディーパワンサ
・ニシノアモーレ
・ピスカデーラ
・ビルズトレジャー
・メイショウササユリ
・ワラッチャウヨネ

【前走10着以下】
・アロンザモナ


前走人気別成績も見るわよ。

前走人気別成績
前走人気

前走の人気をまとめたデータになるけど、上位人気に支持された馬が強さを見せているわね。

4番人気以下の馬になると、どこも似たような成績で推すのは難しいけど、強いて言うなら前走6〜9番人気の馬がそれなりに馬券に絡んでいるし、下位から唯一の勝ちも出ているわ。
ここは押さえておいた方が良さそうね。

【前走1番人気】
・アンネリース
・ブラックスビーチ
・ホウオウパフューム



【前走2番人気】
・アドマイヤローザ
・ドリームマジック
・フローレスマジック
・ムーンザムーン
・モズカッチャン
・ラユロット
・レッドミラベル


【前走3番人気】
・タガノアスワド
・ディーパワンサ


【前走4番人気】
・ヤマカツグレース

【前走5番人気】
・キャナルストリート
・レッドコルディス

【前走6〜9番人気】
・ザクイーン
・ニシノアモーレ
・ピスカデーラ
・ビルズトレジャー
・ワラッチャウヨネ

【前走10番人気以下】
・アロンザモナ
・メイショウササユリ


次は脚質別成績よ。

脚質別成績
脚質

このフローラステークスは、必ず春の東京開催の開幕週に行われるんだけど、とにかくこの時期の芝は状態が素晴らしいのよ。

つまり、“前に行くとなかなか止まらない”と言うことなの。

それが上のデータに顕著に出ているけど、逃げ馬は勝ち馬こそいないけど複勝率は30%とまずまず。

先行馬の勝率は頭一つ抜けた数字だし、連対率に至っては差し馬の約2倍の数字を残していることから、先行馬に圧倒的に有利と言うことが言えるわね。

ただし、差し馬がダメかといえばそんなことは全くないわよ。

データが示すように馬券に絡んでいる頭数は先行馬より多いわけだし。

ただ、前が有利な馬場である以上、差し馬が台頭するには展開の助けは必要になってくるわ。

そして何より馬の実力がモノを言うのよ。

実際、過去10年で差して勝った4頭のうち3頭はその後のG1で2着・3着に入るほどの力を持っていたの。

それ以前にも強さを見せるパフォーマスを披露しているし、レース内容も良くみた方がいいわね。

【逃げ】
・タガノアスワド
・ラユロット

【先行】
・アドマイヤローザ
・ザクイーン
・ディーパワンサ
・ブラックスビーチ
・モズカッチャン
・ヤマカツグレース

【差し】
・アロンザモナ
・アンネリース
・キャナルストリート
・ドリームマジック
・ピスカデーラ
・フローレスマジック
・ムーンザムーン
・レッドミラベル

【追込】
・ニシノアモーレ
・ビルズトレジャー
・ホウオウパフューム
・メイショウササユリ
・レッドコルディス
・ワラッチャウヨネ


次は、上がり3ハロン別成績。

上がり3ハロン順位別成績
上がり3ハロン順位

これは、フローラステークスで使った上がり順の成績だけど、上がりが速い馬が勝ち負け争いに参加しているのが分かるわね。

種牡馬のタイプで言えば、ディープインパクト産駒がダントツで好成績よ。

東京や京都と言った芝が軽く、時計の出やすいところでは無類の強さを見せているし、父で見るならまずはディープインパクトね。

次は、キングカメハメハ産駒

ディープインパクト産駒ほど一瞬の切れ味はないけど、トップスピードが長く持続するのが産駒の特徴かしら。

中団から後方でレースする馬は、コンスタントに速い上がりを使える馬がいいわね。


次は、所属別成績。

所属別成績
所属

関東でやるだけあって、全てにおいて関東馬の成績が上回っているわ。

それじゃ所属別の前走着順別成績を出すわ。

【関東】
前走1着:【3-0-1-19】
前走2着:【2-2-1-11】
前走3着:【1-2-0-8】
前走4着:【0-0-0-5】
前走5着:【0-0-2-6】
前走6〜9着:【0-2-2-14】
前走10着以下:【0-0-0-16】

【関西】
前走1着:【3-3-2-22】
前走2着:【0-0-1-6】
前走3着:【0-0-0-5】
前走4着:【1-0-0-9】
前走5着:【0-0-0-4】
前走6〜9着:【0-1-1-12】
前走10着以下:【0-0-0-7】

となっていて、かなり極端なデータかと思うけど、関東馬は前走3着以内なら好走率が高くて、たとえ掲示板外でも馬券争いは出来る

それに対して関西馬は、前走1着しか勝ち負け争いに加わることが出来ないと言ってもいいくらい差が顕著に出ているわ。

なんでこんなに極端なのかは分からないけど、オークスの権利を取るにはフローラステークスで3着以内に入る必要があって、そのために馬をほぼ仕上げてオークスでまた輸送すると考えるとリスクしかないの。

だから、500万あたりで負けた時点でオークスを諦めて目標を秋に切り替えるんじゃないかしらね。

完全に私の憶測だけどね。

関東馬も関西馬も成績的にはほぼ互角だけど、過程には大きな差があって、負けて出走した関西馬はほぼ用無しということ。

逆に、関東馬は前走3着以内に入った馬であればここでも十分に勝負が出来るわ。

【関東】
・アンネリース
・キャナルストリート
・ドリームマジック
・ニシノアモーレ
・ビルズトレジャー
・ホウオウパフューム
・ムーンザムーン
・ラユロット
・レッドミラベル
・ワラッチャウヨネ

【関西】
・アドマイヤローザ
・アロンザモナ
・ザクイーン
・タガノアスワド
・ディーパワンサ
・ピスカデーラ
・ブラックスビーチ
・フローレスマジック
・メイショウササユリ
・モズカッチャン
・ヤマカツグレース
・レッドコルディス


次は人気別成績よ。

レース当日 人気別成績
人気

当日の人気別成績を見ると、4番人気までに支持された馬の好走が目立つわ。

全体的な数字を見ても4番人気以内が中心になっているし、馬券の軸とするなら人気馬にしたい方が良さそうね。

1番人気に関しては、勝率が50%。
2回に1回は負けるということだから、全幅の信頼は置けなさそうね。

だったら、複勝率でほとんど変わらない2番人気や3番人気の馬を軸に連複系の馬券を買うのも面白いんじゃないかしら。


最後は、枠順別成績

枠順別成績
枠

フローラステークスの枠順別成績だけど、総じて4枠から内側に良績が集まっているわ。

東京2000mはトリッキーなコースになっていて、スタートしてからすぐ2コーナーになるから、外枠の馬は内に入ることが出来ずに距離ロスが発生するの。

そういう特異なコース形態が、枠順の成績に現れているのよ。

8枠からも3頭勝ち馬が出ているけど、1頭はオークス馬のサンテミリオン、もう1頭はオークス2着のチェッキーノ。

このことからも、外枠を克服して勝つにはオークスで戦えるだけの力が必要になってくることが分かるわね。

過去のレースから力が1枚劣るような馬が入った場合には、切ってしまっていいわよ!


それじゃ、ここまでのデータをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
G3組と500万組が強さを見せている。
G3組はフラワーカップ組が中心で、他のレースからは好走例が少ない。

500万組は1800mを走った馬が良く、マイル以下の短いレースを使った馬の成績は振るわない。

【前走着順別成績】
前走3着以内じゃないとここで好走するのは難しい。
ただ、前走6〜9着の馬もよく馬券に絡んでいるから相手としては押さえておく必要はある。

【前走人気別成績】
前走3番人気以内の支持を受けた馬が強さを見せている。
ただし、6〜9番人気と伏兵扱いだった馬の巻き返しもあるから、要注意。

【脚質別成績】
断然先行馬の有利なレースとなっていて、逃げ馬も複勝率が30%とまぁまぁの数字。

差し馬の台頭も十分可能だけど、よほどの力がないと勝ち負けに加わるのは厳しい。

【上がり3ハロン順位別成績】
どの脚質の馬も速い上がりを使えた方がいい。
中団より後ろからレースをする馬は、相当な脚を使わないと差せないケースが出てくる。

【所属別成績】
関東馬の方がやや優勢。
関西馬に限って言えば、前走1着馬以外は厳しい戦いになる。

【人気別成績】
軸にするのは4番人気以内が良い。
ただし、ヒモ荒れは十分あるから伏兵馬も押さえておく必要がある。

【枠順別成績】
特異なコースだから、4枠から内に良績が集まっている。
8枠からも勝ち馬は出ているけど、G1級の力がないと枠のハンデを克服して勝つのは難しい。

というものだったわね。


それじゃ、これらのデータを各馬のレース内容から私のオススメ馬を教えるわ。

注目馬1
ブラックスビーチ
【前走:未勝利1着(1番人気)】

デビューが1800mだったように長い距離を走ってきたディープインパクト産駒。

ディープインパクト産駒にしてはスパッと切れるタイプじゃないのか、全4戦で使った最速の上がりは前走の35.2。

ただ、この馬は比較的いい位置でレースが出来るし、そのポジションから3位以内の上がりが使えるから、このレースの傾向にはバッチリ当てはまるわ。

血統的にも東京がマイナスになることはないし、帰ってプラスに働くはず。

あとは、初めての関東への輸送がどう影響するかだけど期待してみたい1頭ね。


注目馬2
タガノアスワド
【前走:つばき賞(500万下)2着(3番人気)】

前走で1着だったファンディーナが皐月賞で馬券にでも絡んでいれば、この馬の評価も少しは上がったかなと思うけど、7着じゃ大して上がらないわね。

脚質別でも言ったけど、とにかくこのレースは前に行った方が断然強いのよ。

おそらくこのレースの主導権を握るのはこの馬になるだろうけど、単騎逃げが濃厚なメンバーだし、そうなればペース的にはスローが濃厚。

前走ほどゆったりは行けないと思うけど、まんまとスローに落とすことが出来れば逃げ粘る可能性は大

ただ、逃げて勝った馬はいないから相手としては絶対押さえておきなさい。


注目馬3
フローレスマジック
【前走:クイーンカップ(G3)3着(2番人気)】

お姉さんは2010年のエリザベス女王杯を勝ったラキシス、お兄さんに1400mのG2を2勝しているサトノアラジンがいる良血馬。

この馬自身も大きな期待を込められてデビューしたけど、未勝利を勝っただけで期待通りの成績は残せていないわね。

2走前のアルテミスステークスは、阪神JFと桜花賞で2着だったリスグラシューから半馬身差の2着。

前走のクイーンカップは、プラス16キロと馬体重を戻して出走して来たせいか、体重的には戻ったんだけど、走り自体は重々しかったわ。

兄弟を見ても、古馬になってから馬体がしっかりしてくる馬だし、今は素質だけで走っている感じだけど、まだこのメンバーなら上位争いは出来るはずよ。


注目馬4
ヤマカツグレース
【前走:君子蘭賞(500万下)2着(4番人気)】

お兄さんは、今年の大阪杯で3着だったヤマカツエース。

ヤマカツエースの父はキングカメハメハで2000m前後が得意だったけど、ヤマカツグレースの父はハービンジャーで、どちらかといえば2000m以上を得意とする馬が多いのが特徴ね。

それにも関わらずこの馬は1400mを結構使われていたの。

前走は初めての1800mで逃げた馬に綺麗に逃げ切られてしまったけど、スピードが求められる短い距離より長い距離の方がいいような気がしたわ。

距離の短い重賞でも好勝負を演じているし、距離が伸びる今回は期待出来ると思うわ。


実力拮抗で難解なこのレース。
荒れる気満々でエビコが見つけた穴馬はなんと
あの馬だった…。


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

2017年 的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報 g2全38レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る