g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報

ホープフルステークス予想 2013

朝日杯フューチュリティSはG1なので、勝った馬が2歳チャンピオンに選出される。ただ、距離がマイルのせいか、クラシックと結びつくレースかといえばそうではなく、過去10年間の連対馬のうち3歳クラシックを勝った馬はロゴタイプしかいない。一方、ラジオNIKKEI杯2歳SはG3ながら、連対馬は翌年のクラシックでよく活躍している。エピファネイア、ゴールドシップ、ヴィクトワールピサ、ロジユニヴァース、ヴィクトリーと、過去10年間で5頭が勝っている。このほか今年の日本ダービーを勝ったキズナはこのレース3着だった。翌年のクラシックで好走するハイレベルなメンバーで争われるだけに、マギレが少なくとにかく堅い。過去10年間の連対馬20頭はすべて1~5番人気で、うち19頭が1~4番人気だった。1番人気馬は7頭連対している。能力上位の馬がしっかり馬券になるレースだ。

今年の1番人気は◎サトノアラジンだろう。新潟の新馬戦で下ろし、いかに相手が弱かったとはいえ手合い違いの大楽勝。前走の東京スポーツ杯2歳Sは5着に敗れ、今回のレースに臨む。前走はキャリア不足の上に久々が厳しかった。レースが例年以上にハイレベルな決着となったことも響いた。しかし、負けたとはいえ掲示板を確保し、苦しいレースを経験したことで得るものも大きかった。一度叩いた今回は違った結果が出るだろう。

過去のレース結果を振り返ると、東京スポーツ杯2歳S組の信頼性は高い。そして、過去5年に限ると、東スポ杯組の連対馬はいずれも馬券圏外からの巻き返しだった。前走5着のこの馬はこの条件に当てはまる。外回りのほうが良さそうなタイプではあるが、能力の高さで勝ち負けに持ち込むだろう。

○モンドシャルナのデビュー戦は、重馬場で勝ち時計こそ遅かったものの、勝ちっぷりは非凡。まるで半兄ディープインパクトを思わせるようなマクリ差しだった。父ネオユニヴァースは08年から10年まで3年連続で連対馬を送り出しているように、内回りコースの芝2000mという条件はぴったり。わずかキャリア1戦という経験の浅さがネックだが、それでも下手な競馬はしないはず。

▲アズマシャトルは三冠牝馬スティルインラブの甥にあたる。父ゼンノロブロイはどちらかといえば内回りコースよりも外回りコースのほうがいいタイプ。ただ、能力水準は高く、前走の千両賞ではウインフルブルーム(次走朝日杯で3着)に3馬身離されたものの、ゴール前で外から差を詰めて2着と健闘している。

△デリッツァリモーネは未勝利戦-萩Sと2連勝中。安定した好位差しを武器としており、立ち回りがうまいので崩れない。阪神芝内回り2000mというコース設定はこの馬の機動力を活かせる舞台だ。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る