WIN5とは?

どれくらいの払い戻しがあるの?

2011年からJRAが始めた新しい馬券の形であるWIN5。
現行で売られている馬券とは一味も二味も違う。

まず、このWIN5と言う馬券にはオッズが存在しないのである。

全体の売れた票数と的中票数を照らし合わせて配当金が決まります。
その配当金の最高額は、WIN5が始まった2011年から2014年5月までは2億円でしたが、
2014年6月からは、その配当額が引き上げられなんと“6億円”になりました。

つまり、100円が6億円に化けてしまうと言う夢の馬券なんです。
とは言ってもまだ6億円は出ていません。

ではこれまで一体いくらくらいの配当が出たのでしょう。
すこしご紹介します。

5億円

2021年3月14日:的中1票

4億円

2016年8月21日:的中1票
2019年2月24日:的中1票
2020年2月2日:的中1票
2021年1月11日:的中1票

なんと5億円が1回、4億円が4回も出ているんです!

ちなみに5億円が出た2021年3月14日は、中京11Rの金鯱賞でシンガリ人気だったギベオンが勝利するなど大波乱の連続。
これを含め5レースを大的中させた1人が、払戻金5億5444万6060円を手にしました。
なんとも夢のある馬券ですね。

宝くじは一口300円からで前後賞合わせて最大3億円です。
が、当選までには時間が掛かります。
それに引き換えWIN5は毎週売られているので毎週6億円のチャンスがあると言う訳です。

WIN5やBIGなどは当たった人が多ければ多いほど配当額は低くなります。
ここがミソですね。

これまでは高額配当の話をしてきましたけど、逆に低額配当と言うものも存在します。
では、ここではガチガチだった時のWIN5の配当をお伝えしましょう。

低額配当

1.2018年10月8日:6,050円
2.2012年10月21日:7,320円
3.2015年11月1日:1万260円
4.2011年11月6日:1万3,720円
5.2012年1月15日:1万4,600円


と、まさかの千円代のレースが過去に2度存在したのです。
ちなみの、過去低額配当だった2018年10月8日は、3レースで1番人気が、残りの2レースでは2番人気が1着とまさにガチガチで決まった日でした。
と、このような結果が起きる事もあります。

ちなみに、的中なしと言う日もあります。
的中なしが出たときは、翌週にキャリーオーバーされ配当金に上乗せされます。

これまでWIN5とは一体どのくらいの配当があるのか?
と言う説明をしてきました。
6億円と聞くと夢がありますが、年に1回か2回あればいいレベルです。
しかし、100万・1000万などはたまに出ます。
それでも十分な馬券だと思います。

遠くの夢より近くの夢。
100万・1000万なら届きそうですよね。

これくらいの配当を現行の馬券で当てようと思うとなかなか難しいです。
しかし、このWIN5はその夢を買うことが出来る馬券なのです。

アドレナリン競馬予想とは 2016年アドレナリン競馬的中実績
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る