安田記念の無料予想はココをタップ

東京新聞杯2022のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

今週は真冬の東京が舞台となるマイル重賞、東京新聞杯(G3)を予想するわよ!

有力な古馬マイラーたちの始動戦として使われることの多い、このレース。

今年も秋華賞以来のレースとなるファインルージュや、昨年の勝ち馬カラテなど好メンバーが集結したわ。

ただこのレース、伏兵がよく走ることでも有名で、昨年の26万馬券を含め過去10年で4度も6桁配当が飛び出す大荒れ傾向
配当面でも見どころ満載の、穴党必見レースなのよね!

今回もデータを用いて、そんな波乱を演出し得る伏兵を炙り出しておいたわ。

今年も6桁配当決着が見込めそうだから、ぜひページの最後で紹介している注目穴馬をチェックしてちょうだい!

さっそく、特別登録馬から確認していきましょう。

目次

競走成績

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アオイクレアトール 56.0 古賀慎明 美浦
イルーシヴパンサー 56.0 久保田貴 美浦
カテドラル 58.0 池添学 栗東
カラテ 57.0 高橋祥泰 美浦
カレンシュトラウス 56.0 平田修 栗東
ケイデンスコール 59.0 安田隆行 栗東
シュリ 57.0 池江泰寿 栗東
タイムトゥヘヴン 56.0 戸田博文 美浦
ダーリントンホール 56.0 木村哲也 美浦
トーラスジェミニ 58.0 小桧山悟 美浦
トライン 56.0 上村洋行 栗東
ハーメティキスト 56.0 木村哲也 美浦
プリンスリターン 57.0 加用正 栗東
ホウオウアマゾン 57.0 矢作芳人 栗東
ワールドバローズ 56.0 石坂公一 栗東
ヴァンランディ 56.0 藤沢和雄 美浦
ヴェロックス 57.0 中内田充 栗東
エイシンチラー 54.0 田中剛 美浦
ディアンドル 56.0 奥村豊 栗東
ドナアトラエンテ 54.0 国枝栄 美浦
ファインルージュ 55.0 木村哲也 美浦
マルターズディオサ 56.0 手塚貴久 美浦

それじゃあ今週も過去10年分のデータを基に、東京新聞杯の予想を組み立てていくわよ。

まずは、前走クラス別成績から見てちょうだい。

前走クラス別成績

前走 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 4 1 2 16 17.4% 21.7% 30.4%
G2 1 0 3 15 5.3% 5.3% 21.1%
G3 1 4 4 41 2.0% 10.0% 18.0%
OP特別 1 4 1 40 2.2% 10.9% 13.0%
3勝クラス 3 1 0 5 33.3% 44.4% 44.4%

前走3勝クラス組が好調ね!

勝率がもっとも高いだけでなく、回収率も単勝・複勝ともに100%オーバーとコスパもいいわ。
昨年同条件だったカラテが勝利した前例があるように、有力馬が集うレースとはいえ、本走が昇級戦となるような上がり馬も侮れないわね。

今年前走3勝クラスからはイルーシヴパンサーエイシンチラーワールドバローズの3頭が参戦してくるわよ。

また同クラスでは、前走G1組が優勢

単純な勝ち馬の数では3勝クラス組よりも多いし、該当馬はおさえておきたいところね。

次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。

前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3 3 1 12 15.8% 31.6% 36.8%
前走2着 2 1 1 8 16.7% 25.0% 33.3%
前走3着 0 0 2 9 0.0% 0.0% 18.2%
前走4着 0 0 1 6 0.0% 0.0% 14.3%
前走5着 2 1 1 5 22.2% 33.3% 44.4%
前走6~9着 2 4 3 36 4.4% 13.3% 20.0%
前走10着~ 1 1 1 43 2.2% 4.3% 6.5%

前走の結果に関わらず馬券になる、というデータね。

そもそも、先ほども触れたように前走1着馬は3勝クラス組がメイン

重賞組は、前走で強力なメンバー相手に好走した馬もいれば大敗した馬もいる、といった感じで、このデータだけで好走傾向を測るのは難しいのよね。
だから例年配当も高くなっているんだろうけど…。

ちなみに前走6着以降から勝利した3頭は、いずれも前走G1組

前走で大敗しているから割引く、みたいな考え方はしないほうがいいわ。

次は、レース当日の人気別成績を見てもらうわよ。

レース当日人気別成績

当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1 0 2 7 10.0% 10.0% 30.0%
2番人気 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
3番人気 3 1 1 5 30.0% 40.0% 50.0%
4番人気 1 1 2 6 10.0% 20.0% 40.0%
5番人気 2 3 2 3 20.0% 50.0% 70.0%
6~9人気 2 4 1 33 5.0% 15.0% 17.5%
10番人気以下 0 1 1 57 0.0% 1.7% 3.4%

1番人気がまったくと言っていいほど走れていないわ!

世間の評判を鵜呑みにしたんじゃこのレース勝てない、って感じね。

そしてもうひとつ気になるのが、5~9番人気くらいの中堅どころがよく馬券に絡んでいて、10番人気以降はガクッと好走率が落ちている点。
荒れるレースだからって、大穴クラスばかりを狙うのは危険そうよ。

データのいい中堅クラスが”買い”ね!

ちなみに10番人気以降の子を買うのであれば、データ上は重賞で馬券になった実績のある馬、がオススメよ。

最後は、年齢別成績を見てもらおうかしら。

年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 4 4 3 26 10.8% 21.6% 29.7%
5歳 3 4 6 30 7.0% 16.3% 30.2%
6歳 3 1 0 28 9.4% 12.5% 12.5%
7歳 0 1 1 24 0.0% 3.8% 7.7%

基本的には若い馬ほど走る、という感じのデータね。

となれば、注目すべきは4歳馬になるんだけど…。
馬券になった4歳馬のべ10頭について調べてみたら、うち9頭が当日5番人気以内だった、という傾向があったの。

ちなみに残りの1頭も6番人気だった、という点からも、上位人気に推されるほどわかりやすい材料のある4歳馬が狙い目ってことが言えそうね。

今回は桜花賞3着、秋華賞2着という派手な実績を持つファインルージュや、重賞勝ちのあるホウオウアマゾン、さらに目下3連勝中のイルーシヴパンサーといった4歳馬が現時点では人気しているわよ。

そんなところで、現段階における注目馬と穴馬候補を紹介していこうかしら!

注目馬①

イルーシヴパンサー(牡4)
【前走:ノベンバーステークス(3勝クラス)1番人気1着】

目下3連勝と勢いの止まらない、イルーシヴパンサー

昨年勝利したカラテ然り、2019年の覇者インディチャンプ然り、連勝してくる昇級馬、という点では彼に期待せずにはいられないわよね。

データ検証でもいいものが揃っていたし、本走の舞台となる東京コースでは4戦して複勝率100%と相性も抜群。

鞍上も引き続きの田辺裕信Jとあって、古馬マイラー相手に勝ち負けする展開になっても不思議はないわ!

注目馬②

ファインルージュ(牝4)
【前走:秋華賞(G1)2番人気2着】

今回のメンバーでもひときわ目立つ実績を持つ、ファインルージュ

去年の牝馬クラシックを沸かせた1頭とあって、初の古馬混合戦となる本走でも1番人気の筆頭に推されているわ。

とはいえ、この東京新聞杯はデータでも紹介した通り1番人気が絶不調
荒れる傾向の強いレースだけに、人気を吸って飛んでしまう、なんてこともありそうで、いまひとつ信頼に欠ける印象があるんだけど…。

過去10年で見ると、彼女ほど実績のある1番人気はいなかったし、検証面でも問題になりそうな点は見当たらなかったわ。

金曜日にも好データに該当していれば、勝ち馬候補として印が打てそうよ!

例年穴馬の激走が見られる、東京新聞杯。
今年はアノ伏兵が、高配当を演出してくれそうよ!

注目穴馬

カテドラル(牡6)
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)8番人気9着】

注目したい穴馬候補が、カテドラルよ。

昨年は12番人気から2着に入る激走を見せ、26万馬券の立役者となった彼。
この東京新聞杯はリピーターが好調で、かつ前年に馬券になった馬が再び好走する傾向が強いレースだし、今年も昨年の再現のような展開に期待できるわ。

データ上は昨年同様走る材料が揃っているし、年齢的にもまだまだ好走が見込めるところ。

マイルCSでも、掲示板を外したとはいえグランアレグリアに0秒6差と、そこまでの大敗ではなかったし、そんな前走に比べメンバーが落ちる本走は実力的にも十分勝ち負けできるんじゃないかしら。

あとは苦手な冬に昨年のような走りができるか、って感じだから、調教の様子を含め金曜日までしっかり検証していくわよ。

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコ・デラックス
性別:セン
年齢:うるさいわね
出身地:千葉県
血液型:A型
星座:おとめ座
競馬歴:30年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人はとくに好物)
好きな券種: 馬連・3連複・3連単

目次