今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

中山牝馬ステークス2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 中山牝馬ステークス 事前予想

今日は、ヴィクトリアマイルの前哨戦、中山牝馬ステークスの予想をしていくわ!

中山牝馬ステークスといえば、過去10年の間に帯封馬券が二度も出た超大荒れのレース。

今年は明確にコレ!という実績馬が出走してこないこともあって、ますます高配当に期待できるわ。

今回もデータを使って、みんなが見落としているオイシイ穴馬を見つけておいたから、期待してなさい!

さっそく、今年の特別登録馬を見てもらうわね。

2018年 中山牝馬ステークス 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
エテルナミノル 56.0 本田優 栗東
エンジェルフェイス 54.0 藤原英昭 栗東
オートクレール 53.0 中野栄治 美浦
カワキタエンカ 53.0 浜田多実 栗東
キンショーユキヒメ 53.0 中村均 栗東
ゲッカコウ 54.0 高橋義博 美浦
シャルール 54.0 松永幹夫 栗東
トーセンビクトリー 56.0 角居勝彦 栗東
ノットフォーマル 52.0 中野栄治 美浦
ハローユニコーン 52.0 鮫島一歩 栗東
バンゴール 53.0 尾関知人 美浦
ヒストリア 51.0 栗田徹 美浦
フロンテアクイーン 54.0 国枝栄 美浦
ブラックオニキス 53.0 加藤和宏 美浦
マキシマムドパリ 56.0 松元茂樹 栗東
レイホーロマンス 52.0 橋田満 栗東
ワンブレスアウェイ 54.0 古賀慎明 美浦

それじゃ、過去10年のデータを使って、中山牝馬ステークスの予想をしていくわよ。

まずは前走クラス別成績から見てもらうわね!

2018年 中山牝馬ステークス 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2勝 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
3勝 1- 4- 1- 18/ 24 4.2% 20.8% 25.0%
OPEN非L 2- 1- 1- 19/ 23 8.7% 13.0% 17.4%
G3 5- 4- 6- 61/ 76 6.6% 11.8% 19.7%
G2 1- 0- 1- 5/ 7 14.3% 14.3% 28.6%
G1 1- 1- 0- 19/ 21 4.8% 9.5% 9.5%
地方 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
海外 0- 0- 0- 0/ 0

※2着同着だった年があるから、2着馬の合計は11頭、3着馬の合計は9頭になるわよ

勝ち馬の半分がG3から出ていること、そして前走G2馬が高い割合で馬券に絡んでいることがわかるわね。

今回、前走G2から出走するのはトーセンビクトリー一頭だけよ。

また、前走1600万下の馬も悪くない割合で馬券になっているから詳しく調べてみたんだけど…。
該当するどの馬も、前走で6着以内に入っていたことがわかったわ。

つまり前走の初音ステークス(1600万下)で大敗したヒストリアはちょっと買えないってことね。

次は、脚質別成績を見てもらおうかしら。

2018年 中山牝馬ステークス 脚質別成績

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
平地・先行 3- 2- 1- 29/ 35 8.6% 14.3% 17.1%
平地・中団 6- 5- 5- 45/ 61 9.8% 18.0% 26.2%
平地・後方 0- 3- 3- 47/ 53 0.0% 5.7% 11.3%
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年中6回は差し馬が勝っているのね。

連対率・複勝率も申し分ないし、馬券の中心は差し馬でいいわ。

本走は前で競馬をしたがる馬が多いから、これだけでも大分絞れるわね。

じゃあその「前で競馬をしたがる馬」の中から相手をどう選ぶか、という話だけど…
過去に馬券に絡んだ逃げ馬・先行馬について調べてみたところ、いずれも5歳、または6歳馬であることがわかったわ。

つまり先行脚質の4歳馬、カワキタエンカハローユニコーンブラックオニキスは切れるということ。

次は、前走着順別成績を見てちょうだい。

2018年 中山牝馬ステークス 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 0- 3- 1- 17/ 21 0.0% 14.3% 19.0%
前走2着 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
前走3着 2- 0- 3- 7/ 12 16.7% 16.7% 41.7%
前走4着 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
前走5着 2- 2- 1- 6/ 11 18.2% 36.4% 45.5%
前走6〜9着 5- 2- 2- 38/ 47 10.6% 14.9% 19.1%
前走10着〜 1- 2- 2- 52/ 57 1.8% 5.3% 8.8%

前走で12着だった馬は一度も勝っていない、というおもしろいデータよ。

今回人気が出そうなフロンテアクイーンちょっと気を付けたほうがいいわ。

その他の部分に目をやると、前走3,4,5着の複勝率が高いこと、そして勝ち馬の8割が前走5着以降の馬から出ているのは見逃せないポイント。

ただし前走10着以降の馬は、他の着順と比べて単勝・複勝の回収率がガクンと下がるから、あまり無理して買わなくてもいいわね。
1着と3~9着はいずれも単勝回収率が100%を上回っているから、前走10着以降の馬を狙っていた人は他の馬を厚く買うべきだわ。

キンショーユキヒメゲッカコウバンゴールのような馬を買うと損しやすい、ってこと。

次は、所属別成績よ。

2018年 中山牝馬ステークス 所属別成績

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 6- 7- 6- 63/ 82 7.3% 15.9% 23.2%
栗東 4- 4- 3- 67/ 78 5.1% 10.3% 14.1%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

そんなに大きな差ではないけど、中山開催だけあって関東馬の成績が頭一つ抜けているわ。

迷ったら関東馬、と覚えておいてちょうだい。

さあ、ここで現時点での注目馬を紹介するわよ。

2018年 中山牝馬ステークス 注目馬①

トーセンビクトリー(牝6
【前走:アメリカジョッキークラブカップ(G2)6番人気5着】

昨年の中山牝馬ステークス覇者であるトーセンビクトリー。

今回の出走メンバーが相対的にあまりパッとしないこともあって、当日は比較的上位の人気になるんじゃないかしら。

彼女は後ろでも競馬ができる脚質や、前走の格や着順など、勝ち馬に推せるデータが多くて注目せざるを得ないわ。

ここ数戦の成績は今一つだったけど、有馬記念やエリザベス女王杯など、彼女の得意距離よりずっと長いコースで戦ってきたわけだから、あまり深刻に考える必要もないわね。

大荒れのこのレースでも、順当に勝ち負けしてくるはずよ!

過去には220万馬券も出た中山牝馬ステークス。
高配当を演出する穴馬たち、ぜひ押さえていってちょうだい!

2018年 中山牝馬ステークス 注目馬②

ワンブレスアウェイ(牝5
【前走:愛知杯(G3)8番人気6着】

昨年夏の勝利以来、見どころに乏しい結果が続いているワンブレスアウェイ。

ただ前走の愛知杯は、これまで経験した中でもっとも長い2000mのコースで先行して潰れた格好だったのよね。

もう200m短いこのレースでなら、彼女本来の実力が発揮できるんじゃないかしら!

彼女は過去に、セミオープンとはいえ本走と同じコースで勝利した経験もあってコース適性も十分。

また関東所属であることをはじめとして、ここまで調べたデータに照らしても不安なところはないわね。

今回、彼女のひさびさの好走に期待していいわよ!

2018年 中山牝馬ステークス 注目穴馬

エンジェルフェイス(牝5
【前走:京都牝馬ステークス(G3)9番人気4着】

本走と同じコースで行われたフラワーカップ(G3で勝利の経験もあるエンジェルフェイス。

とはいえ、2017年をほぼ丸々休んでいたことと、それまでに2桁決着で惨敗し続けたこともあって、当日はあまり人気しなさそうだわ。

彼女、休養明けである2走前の新春ステークス(1600万下)では20万馬券を演出する活躍だったし、前走も2着とタイム差なしの4だし…。

人気が無いのは穴党としてありがたい限りだけど、もう少し注目してやってもいいんじゃないかと思ってしまうわ。

しかも実績だけじゃなく、彼女は前で競馬ができる5歳馬であることをはじめとして、ここまで調べたデータについても申し分ないのよ。

彼女を美味しいオッズで買えるのは、きっと今だけよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次