今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

東京新聞杯2021のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 東京新聞杯 事前予想

今週は真冬のマイル重賞、東京新聞杯(G3)を予想するわよ!

勝ち馬がのちのG1戦線で活躍することから、出世レースとしても有名なこの競走。

今年も一昨年の日本ダービーを沸かせたヴェロックスをはじめ、充実のメンバーが出揃ったわね。

ただこのレース、注目すべき点は配当面にもあるの!

ここ10年で3度も6桁配当が飛び出していて、荒れた展開も少なくないのよね。

今回もデータ検証から、そんな波乱を巻き起こす穴馬候補を絞っておいたわ。

ページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、今年の特別登録馬を確認するわよ!

2021年 東京新聞杯 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
エメラルファイト 56.0 相沢郁 美浦
エントシャイデン 56.0 矢作芳人 栗東
カテドラル 56.0 池添学 栗東
カラテ 56.0 高橋祥泰 美浦
サトノアーサー 57.0 池江泰寿 栗東
サトノインプレッサ 56.0 矢作芳人 栗東
サトノウィザード 56.0 松田国英 栗東
ショウナンライズ 56.0 上原博之 美浦
トライン 56.0 浜田多実 栗東
トリプルエース 56.0 斉藤崇史 栗東
ニシノデイジー 56.0 高木登 美浦
プロディガルサン 56.0 国枝栄 美浦
ロードマイウェイ 57.0 杉山晴紀 栗東
ヴァンドギャルド 57.0 藤原英昭 栗東
ヴェロックス 57.0 中内田充 栗東
サムシングジャスト 54.0 松田国英 栗東
シャドウディーヴァ 54.0 斎藤誠 美浦
ダイワキャグニー セン 58.0 菊沢隆徳 美浦

それじゃあ今週も、過去10年分のデータを基に東京新聞杯の予想を組み立てていくわね。

まずは、前走クラス別成績から見てちょうだい。

2021年 東京新聞杯 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 5 1 1 17 20.8% 25.0% 29.2%
G2 1 0 4 13 5.6% 5.6% 27.8%
G3 1 4 4 40 2.0% 10.2% 18.4%
OPEN特別 1 4 1 41 2.1% 10.6% 12.8%
3勝クラス 2 1 0 6 22.2% 33.3% 33.3%

前走G1組の強さが目立つわね。

ここ10年で5頭勝ち馬が出ていて、単勝回収率は実に229%にもなるわ。

今回前走でG1を使ってくるシャドウディーヴァヴァンドギャルド、サムシングジャストは配当妙味のある勝ち馬候補としておさえておきたいわね。

さて、そんなG1組を差し置いて、もっとも好成績を残している前走3勝クラス組も忘れるわけにはいかないわ。

ここからは過去2頭が勝ち馬になっているんだけど、詳しく調べてみたら、どちらも前走で最先着していた、という共通点があったの。

本走で唯一3勝クラス組のカラテも前走で勝ち切っての参戦になるから、昇格戦とはいえ侮れない1頭になりそうね。

次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。

2021年 東京新聞杯 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 2 3 1 16 9.1% 22.7% 27.3%
2着 2 1 1 9 15.4% 23.1% 30.8%
3着 0 0 2 8 0% 0% 20.0%
4着 0 0 1 5 0% 0% 16.7%
5着 2 2 2 6 16.7% 33.3% 50.0%
6~9着 3 3 2 34 7.1% 14.3% 19.0%
10着以下 1 1 1 41 2.3% 4.5% 6.8%

前走の結果が悪くてもそれなりに走る、というデータね。

そもそも本走は、前走で大敗した馬たちが多く参戦してくるんだけど…。

今回、前走掲示板外から馬券になったのべ11頭について調べてみたら、うち10頭は重賞を使っていた、という傾向があったの。

言い換えれば、それ以外のレースで6着以下だった馬たちは好走が難しいってことでもあるから、
トライン
ショウナンライズ
カテドラル
エメラルファイト
の4頭はただちに切る必要はないまでも、注意が必要よ。

次は、レース当日の人気別成績を見てもらおうかしら。

2021年 東京新聞杯 レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1 0 2 7 10.0% 10.0% 30.0%
2番人気 1 0 2 7 10.0% 10.0% 30.0%
3番人気 3 1 0 6 30.0% 40.0% 40.0%
4番人気 1 1 2 6 10.0% 20.0% 40.0%
5番人気 2 3 2 3 20.0% 50.0% 70.0%
6~9番人気 2 4 1 32 5.1% 15.4% 17.9%
10番人気以下 0 0 1 45 0% 0% 2.2%

上位人気が振るわないわね。

データからも分かるように、このレースに限っては世間の評判をあまりあてにしない方がよさそうだわ。

そんななかで、5番人気だった馬の成績がやけにいいわね。

勝ち馬が2頭出ているし、何より複勝率は70%にもなっているわ。
奇妙なデータではあるけど、該当馬は積極的に狙っていきたいわね。

さて、他にはこのレースで馬券になった馬の最大オッズについても確認するわよ。

調べてみたら、本走の最大オッズは2016年に当時11番人気で3着に入ったマイネルアウラートの66.7倍だったことが分かったわ。

本走ではオッズが100倍を超えるような大穴より、中穴クラスに狙いを定めた方が高配当を得られる可能性が高そうね。

最後は、所属別成績を見てもらうわよ。

2021年 東京新聞杯 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 4 4 3 56 6.0% 11.9% 16.4%
関西 6 6 7 63 7.3% 14.6% 23.2%

やや関西馬有利と言えるデータが出ているわ。

本走の舞台となる東京コースは、阪神や中山ほどでなはいものの、直線で高低差のある坂を上るのが特徴。

坂路での強さが反映されたデータと考えれば、移動のハンデがあるとはいえ、関西馬が優位にレースを進められそうね。

そんなところで、現段階における注目馬を発表するわよ!

2021年 東京新聞杯 注目馬①

シャドウディーヴァ(牝5)
【前走:エリザベス女王杯(G1)14番人気8着】

現段階で特に有力視したいのが、シャドウディーヴァよ。

前走のエリザベス女王杯では掲示板にも入れず、結果が出せなかった彼女。
ただ東京新聞杯では前走G1組がよく勝てているし、大敗した馬の巻き返しが多い舞台でもあるから過度に心配する必要はないわ。

しかもここまで伝えてなかったけど、ここ10年で前走にエリ女を使った馬は【3-0-0-1】と無類の強さを見せているのよね。

単勝回収率は実に892%にもなっているし、彼女は絶好のローテーションという面でも他と一線を画しているわ。

いまのところ上位陣のなかではオッズも高くなり過ぎていないようだし、狙い目の1頭よ!

2021年 東京新聞杯 注目馬②

ヴァンドギャルド(牡5)
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)8番人気6着】

G1組からは、ヴァンドギャルドにも注目したいわ。

前走のマイルチャンピオンシップでは、強力な相手を前に6着に沈んだ彼。

それでも最先着したグランアレグリアからは0秒5差と、世代を代表する馬たちにも引けを取らない走りができていたし、メンバーが落ちる今回は最先着も狙える存在よ。

そうそう、本走ではヴァンドギャルドと同じく父にディープインパクトを持つ馬が、ここ10年で3勝を挙げているわ。
血統面での相性も、彼を高く評価したいポイントね。

ただ今回は断トツの1番人気が濃厚なだけに、コスパ面では疑問が残るところ。
仕上がりの具合も加味した上で、買い目については検討していくわよ。

上位陣がイマイチ勝ち切れない、東京新聞杯。
世間が見逃すアノ伏兵馬が、高配当を運んでくれるわよ!

2021年 東京新聞杯 注目穴馬

カラテ(牡5)
【前走:若潮ステークス(3勝クラス)8番人気1着】

前走の若潮Sでは後続に3馬身差をつけ、見事1着入線を果たしたカラテ

伝えてきた通り、前走に3勝クラスを使った馬が好調なこのレースにおいて唯一の該当馬である彼は有利だし、そこを勝ち切っての参戦になる今回は期待せずにはいられない、って感じね。

彼はここまで重賞を勝った経験がないけど、このレ-スの舞台である東京コースでそこそこの結果を出せているのは魅力。

昨年の1勝クラス八丈島特別では不良馬場のなか最先着した実績もあるし、展開ひとつでは今回も十分上位が狙える存在よ。

メンバーが揃った本走ではオッズも高くなりそうだし、高配当必至の穴馬候補として覚えておいてちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次