今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

東京新聞杯2019のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 東京新聞杯 事前予想

今週は、安田記念やヴィクトリアマイルにつながる大事なマイル重賞、東京新聞杯の予想をしていくわよ。

このレースの特徴は、なんといっても一番人気が勝ちきれないこと。

過剰人気の馬にうまく見切りをつけ、隠された実力馬を探し出すのがこのレースのポイント。

世間的にあまり評判のよくない馬が激走することも少なくないから、かなりの高配当に期待できるわよ。

今回、データを駆使して見つけ出した注目馬はページの最後で紹介しているわ。

さっそく、今週の特別登録馬を確認してもらうわね。

2019年 東京新聞杯 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
インディチャンプ 56.0 音無秀孝 栗東
グァンチャーレ 56.0 北出成人 栗東
ゴールドサーベラス 56.0 清水英克 美浦
サトノアレス 56.0 藤沢和雄 美浦
ショウナンアンセム 56.0 田中剛 美浦
ジャンダルム 56.0 池江泰寿 栗東
ストーミーシー 56.0 斎藤誠 美浦
タワーオブロンドン 57.0 藤沢和雄 美浦
ヤングマンパワー 57.0 手塚貴久 美浦
リライアブルエース 56.0 矢作芳人 栗東
レアリスタ 56.0 堀宣行 美浦
レイエンダ 56.0 藤沢和雄 美浦
ロードクエスト 57.0 小島茂之 美浦
ロジクライ 57.0 須貝尚介 栗東
テトラドラクマ 54.0 小西一男 美浦
レッドオルガ 54.0 藤原英昭 栗東

それじゃ、過去10年のデータを使って、東京新聞杯の予想を組み立てていくわ。

前走クラス別成績から見てもらうわね!

2019年 東京新聞杯 前走クラス別成績

複勝率はどこも大きな差はないけど…
勝率を見ると、前走1600万下組と、前走G1組が際立って高いわ。

該当する馬はあわせて3頭だけだから、ひととおりチェックしておいてちょうだい。

【前走1600万下】
インディチャンプ

【前走G1】
ジャンダルム
ロジクライ

次は、当日人気別成績を見てもらうわね。

2019年 東京新聞杯 レース当日人気別成績

1番人気があまり信頼できないことと、その分1桁人気ならほぼ平等にチャンスがあることがわかるわね。

中でも5番人気馬の成績が妙にいいのが気になるけど…
今回は上位人気の支持が割れて人気順が頻繁に入れ替わるだろうから、あまり気にし過ぎない方がいいわ。

ちなみに、過去10番人気以降で馬券に絡んだ馬が2頭だけいるけど、彼らはいずれも前走で1桁決着だったことがわかったわ。

逆に言えば、前走で大敗した上、さらに本走で支持を集めるだけの材料もないような馬は厳しい、ってことね。

本走の登録馬でいうと、ショウナンアンセムヤングマンパワーリライアブルエースレアリスタロードクエストあたりは買いにくいわ。

次は、年齢別成績を見てもらおうかしら。

2019年 東京新聞杯 年齢別成績

若ければ若いほど走る、というのはイメージ通りね。

ただ7歳馬が過去2頭馬券に絡んでいるのは見逃せないわ。
そこで詳しく調べてみたところ、該当する2頭はいずれも前走で京都金杯を使っていたことが分かったの。

今年該当する7歳馬は、グァンチャーレゴールドサーベラス
他のデータ次第では、十分買う価値アリね。

次は、脚質別成績よ。

2019年 東京新聞杯 脚質別成績

基本的には、位置取りを問わず満遍なく馬券になっているようね。

ただその中でも、逃げ馬が過去3度馬券になっているのは見逃せないわ。

今回、どうしても前に行きたい!というような馬はいなさそうだけど…
過去に逃げる競馬でいい結果を残している馬には注目しておきたいわね。

そんなところで、現段階における注目馬を紹介するわよ。

2019年 東京新聞杯 注目馬①

インディチャンプ(牡4
【前走:元町ステークス(1600万下)1番人気1着】

今回のレースで唯一、前走に条件戦を使ってきているインディチャンプ

彼はその点においてデータ上有利なだけではなく、単純に績の面でも申し分ないわ。

これまでの通算成績は4-1-1-1で、過去重賞に2度挑戦して3着と4着が1回ずつ。
また前走では2着のメサルティムを3馬身突き放す快勝ぶりを見せてくれているの。

その分、世間的な人気もかなり高いんだけど、今回は上位層が厚いから、支持が割れてまあまあ悪くないオッズが付いてくれるんじゃないかしら。

今のところ、彼こそがもっとも本命にふさわしいわ!

2019年 東京新聞杯 注目馬②

ロジクライ(牡6
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)6番人気14着】

昨年10月、本走と同じ東京の1600mで行われた富士ステークス(G3)で勝利したロジクライ

その1ヶ月後に行われたマイルチャンピオンシップでは大敗を喫してしまったわけだけど…
昨年秋はずっとレベルの高いレースで使われ続けてきていたし、無理もないわ。

その点、今回は十分休養もとって実績のあるコースで戦うわけだから、どうしても期待してしまうわね。

幸い彼は、前走の大敗が影響してか若干人気を落としているようだし、配当の面でもオイシイ1頭になりそう。

あとは当日まで、なるべく人気が上がらないよう願うばかりね!

1番人気が頼りにならない東京新聞杯
客観的なデータによって、あの人気馬たちに先着しそうな伏兵を見つけ出したわ!

2019年 東京新聞杯 注目穴馬

テトラドラクマ(牝4
【前走:オーロカップ(OP特別)4番人気6着】

本走に2頭出走する牝馬のうち、より若いのがこのテトラドラクマ

このレースにおける牝馬の成績は、過去10年で3-0-0-10、勝率・連対率・複勝率は23.1で、出走馬全体の平均よりも高いのよ。

その上彼女は好走率の高い4歳馬だし、データの面でかなり恵まれているわね。

そうそう、彼女についてもう一つ注目しておきたいのが、昨年2月に東京の1600mで行われたクイーンカップ(G3の内容。

ハナを切ったアルーシャと一緒に集団を引っ張り、4角でスッと抜け出して勝利、という文句の付け所のないレースだったわ。

逃げ馬有利な本走であの時のようなレースができれば、勝利にもかなり近づいてくるはず。

今のところほとんど注目されていないようだし、狙い目よ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次