今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

東京新聞杯2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 東京新聞杯 最終予想

東京新聞杯の最終予想をするわよ!

上位陣がいまひとつ勝ち切れない傾向にある、このレース。

今年は本命視されている馬が多いとあって、伏兵の一駆けでいつも以上の配当が出てもおかしくないわ。

さらに上位人気3頭が飛んだ昨年のようなイレギュラーも重なれば、6桁配当も大いに期待できるわよ。

今回も10年分のデータ検証から、波乱の立役者になり得る穴馬候補を見つけ出すことができたわ。

印はページの後半に載せておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順を見てもらうわよ!

2021年 東京新聞杯 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ダイワキャグニー セン7 58.0 内田博幸 菊沢隆徳 美浦
2 サトノウィザード 牡5 56.0 鮫島良太 松田国英 栗東
2 3 ロードマイウェイ 牡5 57.0 横山武史 杉山晴紀 栗東
4 カテドラル 牡5 56.0 田辺裕信 池添学 栗東
3 5 トライン 牡6 56.0 横山典弘 浜田多実 栗東
6 プロディガルサン 牡8 56.0 藤岡佑介 国枝栄 美浦
4 7 ショウナンライズ 牡8 56.0 大野拓弥 上原博之 美浦
8 ニシノデイジー 牡5 56.0 勝浦正樹 高木登 美浦
5 9 サトノアーサー 牡7 57.0 坂井瑠星 池江泰寿 栗東
10 カラテ 牡5 56.0 菅原明良 高橋祥泰 美浦
6 11 シャドウディーヴァ 牝5 54.0 岩田康誠 斎藤誠 美浦
12 トリプルエース 牡4 56.0 ルメール 斉藤崇史 栗東
7 13 ヴァンドギャルド 牡5 57.0 福永祐一 藤原英昭 栗東
14 エントシャイデン 牡6 56.0 川須栄彦 矢作芳人 栗東
8 15 エメラルファイト 牡5 56.0 石川裕紀 相沢郁 美浦
16 サトノインプレッサ 牡4 56.0 戸崎圭太 矢作芳人 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
ここ10年で5頭、前走G1組から勝ち馬が出ている
前走3勝クラスで最先着した馬は穴馬になり得る

■前走着順別成績
基本的に前走の結果には左右されない
重賞以外の前走で掲示板を外した馬は好走が難しい

■レース当日の人気別成績
上位人気が振るわない
穴馬は単勝オッズ70倍程度

■所属別成績
関西馬がやや有利

それじゃあ引き続き、過去10年分のデータを基に東京新聞杯の予想を詰めていくわよ。

年齢別成績から見てちょうだい!

2021年 東京新聞杯 年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 4 4 4 26 10.5% 21.1% 31.6%
5歳 2 4 5 29 5.0% 15.0% 27.5%
6歳 4 1 0 27 12.5% 15.6% 15.6%
7歳 0 1 1 26 0% 3.6% 7.1%
8歳 0 0 0 10 0% 0% 0%

馬券になる確率は若い馬ほど高い、というデータなんだけど…。

勝率で見ると、6歳馬が好調なのよね。

4歳馬に並ぶ4頭の勝ち馬が出ているだけでなく、単勝回収率は149%と人気薄でもよく走る傾向にあるの。
今年のエントシャイデンと、トラインの2頭は侮れない存在になるわね。

そんな6歳をピークに成績が落ちている本走だけど、穴党としては7歳で馬券になった2頭も見逃せないところ。

この2頭について詳しく調べてみたら、どちらも前走が京都金杯で、かつ馬券になっていた、という共通点が見つかったわ。
今回、唯一この条件に該当しているサトノアーサーは要警戒よ。

次は、枠順別成績を見てもらおうかしら。

2021年 東京新聞杯 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 1 2 13 5.9% 11.8% 23.5%
2 2 0 13 11.8% 23.5% 23.5%
3 2 0 14 15.8% 26.3% 26.3%
3 1 2 13 15.8% 21.1% 31.6%
0 1 1 17 0% 5.3% 10.5%
0 2 2 15 0% 10.5% 21.1%
0 1 2 17 0% 5.0% 15.0%
1 0 1 17 5.3% 5.3% 10.5%

内枠有利、というかなり極端なデータよ。

真ん中より内側ならどこからでも優勢にレースが進められる、と言ってよさそうね。

とくに4枠からは、2014年に当時8番人気だったホエールキャプチャが勝った例もあるなど、人気薄がよく馬券に絡む傾向にあるわ。

単勝と複勝の回収率はともに100%オーバーだし、今回ここに入ったショウナンライズニシノデイジーは面白い存在になりそうね。

そんなところで、最終追い切りの結果を含めた予想印を発表するわよ!

2021年 東京新聞杯 注目馬①

シャドウディーヴァ(牝5)
【前走:エリザベス女王杯(G1)14番人気8着】

月曜日にも真っ先に注目馬として紹介していた、シャドウディーヴァ

1週間の検証ではよく好データに該当していたし、今回総合的にもっとも信頼できる1頭と言っていいんじゃないかしら。

そうそう、彼女は決して好調とは言い難い6枠に決まってしまったけど、実は昨年の東京新聞杯でも今回と同じ枠から連対しているのよね。
さらに鞍上も昨年と同じ岩田康誠Jだし、そのあたりについては心配いらないわよ。

そんなシャドウディーヴァの最終追い切りは、美浦の坂路を【53.4-39.2-25.4-12.3】の時計。
目立つ時計でこそなかったものの、前走から念入りに調教を積んできたこともあり、仕上がりは上々よ。

府中ではとにかくよく走る彼女。
オッズも4~5倍程度に落ち着きそうだし、買わない手はなさそうね!

2021年 東京新聞杯 注目馬②

カラテ(牡5)
【前走:若潮ステークス(3勝クラス)8番人気1着】

月曜日には注目穴馬として挙げていた、カラテ

今回、彼はあまり好走馬が出た前例のない5枠を引いてしまったんだけど…。

もっとも5枠はまったく馬券になっていないわけではないし、馬番で見ると彼の入った10番はここ10年で2頭が3着に入線しているのよね。

複勝回収率は126%と全馬番のなかで最高の数値になっているし、過度な心配は必要なさそうよ。

また月曜にも伝えた通り、彼は今回唯一の前走3勝クラス組
そこを勝ち切って参戦してくるわけだし、昇格戦とはいえ勢いのまま連勝するようなことがあってもおかしくないわね。

そんなカラテの最終追い切りは、美浦の坂路で【50.7-37.0-24.6-12.5】の好時計を記録。
1週間前の調教から変わらずのいい動きができていたし、状態面での不安はないわよ。

オッズも10倍以上はつきそうだし、積極的に狙っていきたいわね!

2021年 東京新聞杯 注目馬③

トライン(牡6)
【前走:キャピタルステークス(OP特別L)6番人気6着】

本走において単穴に推したいのが、トラインよ!

月曜日の段階では、善戦した前例に乏しい「前走が重賞以外で馬券外だった馬」に該当していたことからあまり評価はしていなかったんだけど…。

それでも今回好走が期待できる3枠に決まったことをはじめ、彼と同じ6歳馬がよく勝てているといったデータが出た以上、十分前例を覆せる存在と言わざるを得ないわ。

また彼は今回の舞台である東京1600mを3度走っているんだけど、前走のキャピタルS以外の2レースでは馬券に入る激走を見せているのよね。
さらに彼は府中との相性がいいとされるディープの子でもあるから、そういった点でも番狂わせに期待がもてるわよ。

そんなトラインの最終追い切りは、栗東の坂路を【58.4-42.3-27.5-13.7】の時計。
馬なりで調整程度にとどめていたけど、動きは悪くないし気配は十分よ。

高配当を狙うなら、彼を切ろうなんて考えないことね!

2021年 東京新聞杯 注目馬④

エントシャイデン(牡6)
【前走:京都金杯(G3)14番人気3着】

前走の京都金杯では大方の予想を覆し、3着入線を果たしたエントシャイデン

枠こそいいとは言えないところに決まってしまったけど、それでも彼はもっとも勝ち馬が出ている6歳馬であることに加え、データ上有利な関西馬だし、今回も引き続きの好走に期待できる1頭よ。

そんなエントシャイデン、実はデータ以上に状態面で好調なの。

栗東のCWで行われた1週間前の追い切りでは、併せ馬に2馬身差をつける走りを見せ、当コース7Fの自己ベストを更新

さらに水曜日の最終追い切りでも、しまい重視ながら【50.6-37.0-11.8】の好時計を記録していたし、今メンバーでも抜群の動きができていた、という点では高く評価できるわよ。

今のところ、人気も中堅クラスの彼。
配当妙味のある馬券候補として、覚えておいてちょうだい!

上位陣総崩れの展開も大いにあり得る東京新聞杯。
6桁配当をもたらすのは、“久々”のアノ伏兵馬よ!

2021年 東京新聞杯 注目穴馬

ニシノデイジー(牡5)
【前走:函館記念(G3)6番人気13着】

本走における注目の穴馬候補は、ニシノデイジーよ!

前走の函館記念では13着と、ふがいない結果に終わってしまった彼。

それでも本走が巻き返しの多い舞台なのは伝えた通りだし、何より今回もっとも好走率の高い4枠に決まったとあって、好走に期待大って感じね。

そうそう、ニシノデイジーは今回デビュー当時以来のマイル戦になるんだけど…。

実は彼、出走したマイル4戦ではすべてのレースで馬券内を確保しているのよね。

さらに最先着した2018年の東京スポーツ杯2歳Sでは、今回断トツの1番人気に推されているヴァンドギャルドにも勝っているの。
久々とはいえ、適性のある距離に戻る本走では、あっさり勝ってしまっても不思議はないわよ。

そんなニシノデイジーの最終追い切りは、美浦の坂路で【53.3-38.4-24.9-12.5】の時計。
一杯に追われてしっかり時計が出ていたし、日曜の番狂わせに向けて準備は整っているわ。

ちょうど、「穴馬は単勝オッズ70倍程度から」にも該当しそうな彼。
展開ひとつで、桁違いの高配当も夢じゃないわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次