今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

東京新聞杯2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 東京新聞杯 最終予想

東京新聞杯(G3)の最終予想を始めるわよ!

前走では馬券にならなかった馬が多く登録されている、実力拮抗の今レース。

さらに1番人気は好走すれど勝てない」なんてデータも出ているから、下馬評が当てにならない難しいレースなのよね。

そんな時こそウチのように、客観的なデータ分析から勝馬を見つける予想が的中率アップのカギ!

今回も、実力があるにもかかわらず軽視されている有力馬を見つけたから期待してちょうだい。

予想印と一緒に後半で発表するから、最後までしっかり読むのよ!

それじゃあ、確定した枠順から見ていくわね。

2020年 東京新聞杯 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 プリモシーン 牝5 56.0 M.デム 木村哲也 美浦
2 ヴァンドギャルド 牡4 56.0 福永祐一 藤原英昭 栗東
2 3 モルフェオルフェ 牝5 54.0 江田照男 大江原哲 美浦
4 クルーガー 牡8 57.0 フォーリ 高野友和 栗東
3 5 サトノアーサー 牡6 56.0 田辺裕信 池江泰寿 栗東
6 レイエンダ 牡5 57.0 丸山元気 藤沢和雄 美浦
4 7 ケイデンスコール 牡4 56.0 石橋脩 安田隆行 栗東
8 スウィングビート 牡5 56.0 大野拓弥 加藤征弘 美浦
5 9 レッドヴェイロン 牡5 56.0 ルメール 石坂正 栗東
10 ロワアブソリュー 牡7 56.0 吉田豊 須貝尚介 栗東
6 11 キャンベルジュニア 牡8 56.0 ミナリク 堀宣行 美浦
12 シャドウディーヴァ 牝4 54.0 岩田康誠 斎藤誠 美浦
7 13 クリノガウディー 牡4 56.0 横山典弘 藤沢則雄 栗東
14 ゴールドサーベラス 牡8 56.0 内田博幸 清水英克 美浦
8 15 ケイアイノーテック 牡5 58.0 津村明秀 平田修 栗東
16 ドーヴァー 牡7 57.0 北村宏司 伊藤圭三 美浦

詳しい予想の前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走距離別成績表
今レースと同距離の1600m組が好成績
1800m組はこれまで3着以内がない

■種牡馬別成績表
ディープインパクト・タニノギムレット産駒が好走
キングカメハメハ産駒は勝率0%

■年齢別成績表
4歳馬の勝率が高い
7歳以上は馬券に絡まない

それじゃ引き続き過去10年分のデータを使って、東京新聞杯の最終予想をしていくわよ。

はじめに、枠順別成績表を見てちょうだい!

2020年 東京新聞杯 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 1 1 3 12 5.9% 11.8% 29.4%
2枠 2 3 0 12 11.8% 29.4% 29.4%
3枠 3 2 0 14 15.8% 26.3% 26.3%
4枠 3 1 2 13 15.8% 21.1% 31.6%
5枠 0 1 1 17 0% 5.3% 10.5%
6枠 0 1 2 16 0% 5.3% 15.8%
7枠 0 1 1 18 0% 5.0% 10.0%
8枠 1 0 1 17 5.3% 5.3% 10.5%

枠順別成績表では、極端に1・2・3・4枠の成績がいいわ。

複勝率を見ても4枠までが30%ほどの割合だし、完全な内枠有利と言えるわね。

さらに単勝10倍以下の馬に限定してデータを出しても、1~4枠が【7-4-3-11】で勝率28%複勝率56%、対して5~8枠は【0-1-4-16】で複勝率が23.8%と成績に大きな差があることが分かったの。

東京新聞杯は実力馬にとっても枠順が響くレースだってことだから、内枠の馬はそれだけで高く評価すべきね。

今レースで内枠に入ったのは、
プリモシーン
ヴァンドギャルド
モルフェオルフェ
クルーガー
サトノアーサー
レイエンダ
ケイデンスコール
スウィングビート
の8頭。

好位が取れるって意味でかなりのアドバンテージだから、覚えておいてちょうだい。

次は前走クラス別成績表を見てもらうわ。

2020年 東京新聞杯 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 4 1 0 18 17.4% 21.7% 21.7%
G3 1 4 4 42 2.0% 9.8% 17.6%
OP特別 2 5 2 38 4.3% 14.9% 19.1%

※本走に登録している馬の前走クラスだけを取り上げているから、各列の合計が10にならないわよ。

前走クラス別成績表では、G1組が好成績を出しているわね。

該当しているのは、
レイエンダ
プリモシーン
クリノガウディー
マイルチャンピオンシップから参戦する3頭。

勝率・連対率ともにダントツの同クラス組が、今レースにおける本命になりそうよ。

他には、OP特別クラスの連対率・複勝率もまずまずね。

ただ、深堀して調べてみたらオープン特別組でもキャピタルステークスを走った馬は勝率が0

本走では、
ケイデンスコール
サトノアーサー
ブレスジャーニー
レッドヴェイロン
が該当するわ。

過去10年で2着が2回あるけど、ほとんど馬券に絡めていないことを覚えててちょうだい。

最後は前走開催場成績表を見てもらうわ。

2020年 東京新聞杯 前走開催場別成績

前走場所 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
京都 5 3 3 47 8.6% 13.8% 19.0%
阪神 3 0 4 20 11.1% 11.1% 25.9%
中山 2 5 3 27 5.4% 18.9% 27.0%
東京 0 2 0 18 0% 10.0% 10.0%
小倉 0 0 0 2 0% 0% 0%
海外 0 0 0 1 0% 0% 0%

前走場所成績表では、京都組がもっとも優秀ね。

今レースで京都組は、
プリモシーン
レイエンダ
クリノガウディー
ゴールドサーベラス
ドーヴァー
の5頭が該当よ。

逆に、小倉と海外を走った馬は結果が出ていないわ。

小倉で愛知杯を走ったモルフェオルフェ、オーストラリアのマッキノンステークス組のクルーガーにはちょっと厳しいデータになっているわね。

そんなところで、最終追い切りの結果を踏まえた予想印を発表していくわよ!

2020年 東京新聞杯 注目馬①

ヴァンドギャルド(牡4)
【前走:ウェルカムステークス(3勝)1番人気1着】

月曜も1番の注目馬に挙げた、ヴァンドギャルド

「ディープインパクト産駒」「4歳馬」といった東京新聞杯との相性のよさに加え、今レースにめっぽう強い福永祐一騎手が鞍上、さらに1に決まりますます買いやすくなったわ。

栗東CWでの追い切りでも、【65.6-48.9-35.0-11.8】とやや重めの芝で好タイムを出し仕上がりも順調。

夏に長く休ませていたことで精神面が安定するようになり、イレ込こんで折り合いがつかなくなることもなくなった今、万全の態勢で走ってくれそうよ。

今レースは3勝からクラスを上げて参戦するヴァンドギャルドだけど、これまで昇級戦組は勝率・連対率ともに25%と悪くないし心配無用。

ここを勝って、いよいよG1本格参戦ね!

2020年 東京新聞杯 注目馬②

レッドヴェイロン(牡5)
【前走:キャピタルステークス(OP)3番人気2着】

1年間の長期休養明けから即3勝クラスを制覇、前走キャピタルステークスでは2着に入ったレッドヴェイロン

今レースでも本命に押し上げられているだけに、穴党としては買うべきかどうか慎重に検討していたのよね。

だけど、追い切りでは栗東坂路【50.6-37.1-24.7-12.7】と自己ベストを更新

最後に甘くなるのはいつものことだとしても、かなり粘れての時計で状態は上々だし、やっぱり予想には欠かせない馬って判断したわ。

さらに、何と言っても過去10戦掲示板を外したことのない堅実さは注目せざるをえないわ。

前走のキャピタルステークス組で勝率がないのは気になるポイントだけど、まさに東京新聞杯に照準を合わせてきたって感じの調教だったら、初のオープン戦制覇に期待大ね!

2020年 東京新聞杯 注目馬③

プリモシーン(牝5)
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)9番人気11着】

G1ヴィクトリアマイルでノームコアとJRAレコードの勝負を演じた、プリモシーン

ディープインパクト産駒として、適正距離の東京芝1600mでは自慢の末脚に期待がかかるわね。

美浦Wコースでの追い切りでは【84.2-68.1-53.8-39.5-12.6】を記録し、2勝クラスのアーチキングを残り1ハロンで瞬時に抜き去って最大の調教評価を得ているわ。

そうそう、プリモシーンは時計が掛かる馬場より高速馬場で好走する馬だから、晴天になりそうな日曜は好条件。

3年連続でノーザンファーム生産馬が優勝しているレースだけに、1着は難しくても2・3着には入ってほしいところね。

2020年 東京新聞杯 注目馬④

クリノガウディー(牡4)
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)12番人気7着】

月曜は穴馬として紹介した、クリノガウディーを単穴として推すわ。

好成績を残している4歳馬であり、G1からの参戦とデータ的には相性がいいにもかかわらず、人気が低いからおいしい配当になりそうな彼。

3歳夏から左回りのレースを選んで出ているだけあって、今レースを含め東京芝1600mは富士ステークスで1:33.3と4着ながら好タイムを記録しているわ。

前回よりもメンバーの実力が落ちる今レースは、相当期待できるわよ。

栗東坂路で行われた追い切りは52.5-37.7-24.1-11.7と、かなり早めの時計。

多少攻めてのタイムにしても、きちんと仕上がってきているのは好材料ね。

クリノガウディーはこれまで先行してなし崩しに脚を使ってしまい、終盤バテるレースが多かったわよね。

でも今回は藤沢調教師たっての希望で鞍上が横山典騎手に決まったし、勝負どころまできちんと我慢させてもらえそう。

もともと切れる脚があるだけに、直線の長い東京競馬場で重量初制覇も夢じゃないわよ。

人気が当てにならない今年の東京新聞杯。
馬場適正、調教の様子から導き出されたアノ馬が万馬券を運んできてくれるわよ!

2020年 東京新聞杯 注目穴馬

ドーヴァー(牡7)
【前走:スポーツニッポン賞京都金杯(G3)6番人気7着】

注目穴馬は2年前の東京マイルオープンを勝っている、ドーヴァーよ!

月曜に7歳馬と分が悪かったから一度切った馬だけど、追加したデータと調教を見て彼が波乱を起こすと確信したわ。

実は、東京新聞杯では前走間隔5週間の京都金杯組7歳馬が好走しているデータがあるの。

2013年のトライアンフマーチ、2016年のエキストラエンドは同じ条件で馬券になっているわ。

今回、前走京都金から参戦で条件を満たすのはドーヴァーだけ

月曜に紹介した好走傾向にある前走1600mで逃げ馬としても今レースに適正があるし、7歳馬だけどこれだけの情報があれば馬券に絡む可能性十分ね。

さらに注目していた追い切りでも、美浦Wコースで【68.9-53.3-39.6-12.8】と基準よりもいいタイムで仕上がりも上々

7歳馬ながら伊藤調教師の「まだまだ成長途中」の言葉にもあるよう、ムリ使いもなくコンディションは絶好調よ。

長距離輸送が苦手で、前走の京都や新潟では力が発揮できなかった馬だけど、今回の舞台は美穂から近くて過去4度の3着以内がある東京競馬場

さまざまなデータが揃った本走でなら、高配当を届けてくれそうよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次