今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

東京新聞杯2019の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 東京新聞杯 最終予想

東京新聞杯の最終予想をするわよ!

人気馬が勝ちきれない、ということで、中穴クラスの馬が注目されがちな東京新聞杯。

でも今回、私がデータを駆使して調べ上げた結果…
注目すべきは、信頼のおける人気馬と、まったく注目されていない大穴の組み合わせだとわかったの。

印は4頭に絞ってあるから、ページの最後で確認してちょうだい。

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2019年 東京新聞杯 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 サトノアレス 牡5 56.0 柴山雄一 藤沢和雄 美浦
2 2 インディチャンプ 牡4 56.0 福永祐一 音無秀孝 栗東
3 テトラドラクマ 牝4 54.0 田辺裕信 小西一男 美浦
3 4 ストーミーシー 牡6 56.0 杉原誠人 斎藤誠 美浦
5 タワーオブロンドン 牡4 57.0 ルメール 藤沢和雄 美浦
4 6 レッドオルガ 牝5 54.0 北村友一 藤原英昭 栗東
7 ゴールドサーベラス 牡7 56.0 大野拓弥 清水英克 美浦
5 8 ロードクエスト 牡6 57.0 三浦皇成 小島茂之 美浦
9 ヤングマンパワー 牡7 57.0 ブロンデ 手塚貴久 美浦
6 10 ロジクライ 牡6 57.0 横山典弘 須貝尚介 栗東
11 ジャンダルム 牡4 56.0 武豊 池江泰寿 栗東
7 12 ショウナンアンセム 牡6 56.0 ミナリク 田中剛 美浦
13 リライアブルエース 牡6 56.0 坂井瑠星 矢作芳人 栗東
8 14 レアリスタ 牡7 56.0 石橋脩 堀宣行 美浦
15 レイエンダ 牡4 56.0 北村宏司 藤沢和雄

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
前走1600万下組と、前走G1組の勝率が高い

■当日人気別成績
1番人気はあてにならず、1桁人気ならどこも勝機がある
2桁人気馬は前走1桁決着が条件

■年齢別成績
若ければ若いほど走る
7歳馬は前走京都金杯が条件

■脚質別成績
どこも馬券になるが、逃げ馬に注意

それじゃ、新たに2点のデータを使って、東京新聞杯の予想を詰めていくわ。

まずは枠順別成績を見てちょうだい。

2019年 東京新聞杯 枠順別成績

明らかに内枠の馬が好走しているわね。

中でも位置取りに自由がきく3枠・4枠の好走率が圧倒的だわ。

いちおう確認しておくと、今回3~4枠に入ったのはストーミーシー、タワーオブロンドン、レッドオルガ、ゴールドサーベラスの4頭よ。

次は、斤量別成績を見てちょうだい。

2019年 東京新聞杯 斤量別成績

まず、斤量54kgの馬はまったく馬券になっていないことがわかるわね。

この東京新聞杯は別定戦で、基本の斤量は56kg、牝馬は2kg減、あとはそれぞれ獲得賞金による加算があるわ。

つまり斤量54kgに該当するのは、賞金による加算のない牝馬だけ。

今回でいうテトラドラクマレッドオルガのような馬では、この舞台には少し足りないってことね。

斤量55kg、つまり加算のある牝馬はかなり好走率が高いんだけど、今回該当する馬はいないわ。

また牡馬について注目すると、斤量56kg組と57kg組では好走率にほとんど差はないようね。

ただ単勝回収率を調べてみると、56kg組が46なのに対して57kg組は114もあるの。

斤量が加算されるような実績のある馬は当然人気も出るはずだけど、それでも買った方が得、ってことね。

そんなところで、今週の予想印を発表するわよ。

2019年 東京新聞杯 注目馬①

タワーオブロンドン(牡4
【前走:キャピタルステークス(OP特別)2番人気2着】

C.ルメール騎手が騎乗するとあって、本走ではかなり人気しそうなタワーオブロンドン

これから出てくる情報によっては、本走の一番人気さえあり得そうな彼。
1番人気が勝ちきれない」とさんざん言われているこのレースで買うのには、ちょっと抵抗があるわよね。

でも彼、4歳馬57kg負担3で…と、本走で有力なデータをかなり多く備えているの。

オッズの方も、どんなに悪くても2倍台後半はつくだろうから、正直買わざるを得ないって感じ。

最終追い切りでもよく動けていたし、安心して買ってちょうだい!

2019年 東京新聞杯 注目馬②

サトノアレス(牡5
【前走:阪神カップ(G2)5番人気15着】

昨年夏の安田記念では4着に入っているサトノアレス

前走の阪神カップは残念な結果に終わったけど、6か月以上もの休養を挟んだ初戦とあっては無理もないわね。

彼は今まで直線の切れ味で戦ってきた馬だから、今回1枠1番に入ったことで若干評価を下げているようなんだけど…

思えば彼、2走前の安田記念も1枠2番だったし、3走前の京王杯スプリングカップでも11番で3に入っているわ。

「内枠に強い追い込み馬」だと考えれば、本走でも十分以上に変えるわよ。

彼は今回、最終追い切りでも坂路の自己ベストをたたき出しているし、調子はかなりよさそう。

データを見ても不満な部分はないから、ぜひ馬券に含めておいてちょうだい!

2019年 東京新聞杯 注目馬③

ロジクライ(牡6
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)6番人気14着】

月曜日にも注目馬として紹介していたロジクライ

枠順については、あいにくやや外目の6になってしまったけど…
今回、1~4枠には「別に後ろでも構わない」ような馬が多く入っているから、案外前が空いてロスが減るんじゃないかと踏んでいるわ。

すると今回の出走メンバー的に、このロジクライがハナを切る展開になることもあり得るのよね。

昨年10月の富士ステークスのような競馬で、このレースをアッサリ勝ってしまってもおかしくないわ。

最終追い切りは坂路で4ハロン53.3-12.3と、一見いまひとつ時計が出ていないように見えるけど…
彼は1週前の段階でバッチリ動けていたから、水曜日は軽く流すに留めたって感じね。

データも悪くないものが揃っている彼、狙い目よ!

今回の東京新聞杯は、1番人気馬も十分買えるわ!
更にここに「ある大穴」を加えれば、高配当はすぐそこよ!

2019年 東京新聞杯 注目穴馬

ゴールドサーベラス(牡7
【前走:スポニチ賞京都金杯(G3)16番人気9着】

オープン入り以降、正直言ってほとんど目立った結果を残せていないゴールドサーベラス

各所の予想オッズを見ても、正直まったく注目されていないわよね。

でも彼、本走における穴馬の条件とことごとく合致ているのよ。

前走でどうにか一桁決着に収まった穴馬だし、京都金杯を使ってきた7歳馬だし…
その上好走率の高い内枠に入ってくれたわけだから、まったく買うにやぶさかでないわ。

ちなみに、世間ではアイドルグループ「嵐」の活動休止と「大野騎手」の騎乗を関連づけたサイン馬券として彼を買う需要もあるようね。

データ予想家としては考慮に値しない情報だけど…
あなたがこの不人気馬を買うために少しでも安心感が欲しいなら、信じてみるのも悪くないんじゃないかしら。

今回はこの馬が、ゴールド級の高配当を運んできてくれそうよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次