東京新聞杯

東京11R東京新聞杯(GⅢ・芝1600m)
◎8 リスグラシュー
○7 クルーガー
▲5 トウショウピスト
☆9 ハクサンルドルフ
△10 ダノンプラチナ
レースの見どころ

東京新聞杯の最終予想をするわ!


今回、とくに人気が出そうなダイワキャグニーグレーターロンドンが、いずれも不利とされる大外枠を引いたのよね。

このレースが大荒れ模様なのは月曜日にも話した通りだけど、今回はますます期待できそうよ!

今日もデータを使って、まったく注目されていない「あの馬」に思わぬ勝機があることを見つけ出したから、期待してなさい!


詳しい予想に入る前に、今回の出馬表を見てもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11アドマイヤリード牝554.0藤岡康太須貝尚介栗東
12デンコウアンジュ牝554.0蛯名正義荒川義之栗東
23サトノアレス牡457.0柴山雄一藤沢和雄美浦
24ディバインコード牡456.0北村宏司栗田博憲美浦
35トウショウピスト牡656.0田中勝春角田晃一栗東
36ガリバルディ牡757.0三浦皇成藤原英昭栗東
47クルーガー牡656.0浜中俊高野友和栗東
48リスグラシュー牝455.0武豊矢作芳人栗東
59ハクサンルドルフ牡556.0戸崎圭太西園正都栗東
510ダノンプラチナ牡656.0田辺裕信国枝栄美浦
611ベルキャニオン牡756.0石橋脩堀宣行美浦
612マイネルアウラート牡757.0柴田大知高橋裕美浦
713カデナ牡456.0福永祐一中竹和也栗東
714ストーミーシー牡556.0大野拓弥斎藤誠美浦
815ダイワキャグニー牡456.0横山典弘菊沢隆徳美浦
816グレーターロンドン牡656.0川田将雅大竹正博美浦

ここで、月曜日のデータについておさらいしておくわよ。

■前走クラス別成績
馬券内率は横ばい
前走1600万下の成績が高い

■斤量別成績
55kg組の成績が良い
54kg未満の馬は馬券に絡んでいない

■所属別成績
勝率に差はないが、連対率・複勝率は関西馬が高い

■脚質別成績
前で走れる馬が有利


それじゃ、月曜日から引き続き、過去10年のデータを使って最終的な予想を組み立てていくわ。

枠順別成績から見てちょうだい!

枠順別成績
枠順別成績表

内か外かでいうと、圧倒的に内枠の馬が有利ね。

詳しく調べてみたところ、過去10年間で内枠の馬が馬券を独占したレースは3回もあったの。

買い目の中には内枠を多めに含めておくといいわよ。

また内枠の中でも、窮屈になりがちな1~2枠よりも3~4枠の勝率が高いわね。

今回この枠に入ったクルーガーリスグラシューハクサンルドルフダノンプラチナには要注意だわ。


ただ、過去にこのレースで高配当が出たときは、外枠の伏兵が馬券に絡んでいたことが多いのよね…

そこで、過去に外枠に入り、かつ当日に10番人気以降だった馬の共通点を探してみたの。

するとその3頭には「オープン入り以降、重賞で掲示板に入っていない」という共通点があったわ。

初挑戦だったり不調が続いたりして「重賞では通用しない」と思われていた馬が、ここで本来の実力を発揮する、という感じね。

今回該当しそうな馬が1頭いるわ。


さあ、ここでその「外枠の伏兵」も含めた、今回の予想印を発表するわよ。

予想には枠番の他にも重要なデータを使っているけど、詳しくは各馬のコメントを見てちょうだい!


◎リスグラシュー

◯クルーガー

▲トウショウピスト

△ダノンプラチナ

☆ハクサンルドルフ


本命
リスグラシュー(牝4
【前走:エリザベス女王杯(G1)7番人気8着】

月曜日にも紹介したリスグラシューを今回の本命にするわ!

水曜日の最終追い切りでは栗東の坂路4Fをなんと50秒切りと、かなりの好タイムをマークしていたのよね。

馬体も良くなってきて更なる本格化を予想させる彼女だけど、プラス材料は他にもあるわよ。

過去10年を見てみると、前走で彼女と同じエリザベス女王杯を走った馬は、3頭中2頭が勝利していたのよ。

また、2月に入ってからの雪の影響で土日の府中は馬場が重くなりそうだけど、彼女は2走前の桜花賞で重馬場を苦にせず2に入っている、というのも見逃せないわ。

枠順も4枠8番と絶好のところを引いたことだし、彼女が勝ち負けしてくるのは間違いなさそうね!

対抗
クルーガー(牡6
【前走:スポニチ賞京都金杯(G3)3番人気2着】

実績は十分、実力も申し分ないはずなのに、どうも注目されていない印象のあるクルーガー。

上位人気の馬2頭が大外枠を引いたことだし、これから相対的に人気が伸びてくるかしら?

彼の最終追い切りで状態を見るに、調子のよかった前走からキープ出来ていることは間違いないわ。

できれば周りがそれに気づかず、人気がそこそこに落ち着いてくれることを願うばかり。

彼は月曜日に調べたデータに照らしても申し分なく、枠番も4と好位置なの。

外す理由がないわね。


人気馬が大外を引き、波乱を予感させる今年の東京新聞杯
高配当を演出するこの馬たちを、ぜひ押さえておいてちょうだい!


単穴

トウショウピスト(牡6)
【前走:阪神カップ(G2)15番人気17着】

事前予想でも注目穴馬に推していたトウショウピスト。

本走が彼にとって逃げやすいレースになりそうだ、というのは月曜日に話した通りだけど、日曜日は枠番や馬場状態も彼に味方してくれそうね。

またこのレースでは、前走で阪神カップを使った馬の成績が(2-0-3-11で、複勝率は30%オーバー、というデータがあるのも見逃せないわ。

同条件で馬券に絡んだ馬の中には、2016年のマイネルアウラートのように前走で大敗して、本走でも人気しなかった馬も含まれているの。

つまり、トウショウピストのような馬にも十分以上にチャンスがあるってこと。

現状まったく注目されていない彼が当たれば、かなりの配当になるわよ!


連下

ダノンプラチナ(牡6
【前走:ニューイヤーステークス(OP特別)1番人気1着】

2014年の最優秀2歳牡馬であるダノンプラチナ。

最近はどうにも勝ちきれないレースが続いていたけど、前走のニューイヤーステークスでは見事1番人気に応えて勝利してくれたわね。

ところで、そのニューイヤーステークスを走った馬の過去10年の成績は2-3-2-15で、複勝回収率は127というデータがあるの。

彼は紐に押さえておくのにちょうどいい馬だってことね。

これまで通りの安定した走りを見せてくれれば、馬券は固いわ!


注目穴馬

ハクサンルドルフ(牡5
【前走:甲斐路ステークス(1600万下)2番人気1着】

月曜日から注目していたハクサンルドルフ。

彼は前走を勝ってオープン入りした馬だから、枠番別成績のところで話した「オープン入り以降、重賞で掲示板に入っていない」という条件に当てはまるの。

もちろん彼がその他の好走条件に当てはまることは月曜日に話した通りだし、前走で不良馬場を勝っていて道悪の上手さを示してくれているのも今回のレースではプラスになるわ。

彼を押さえて、更なる高配当をつかみ取ってちょうだい!




的中実績
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る