今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

関屋記念2019のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 関屋記念 事前予想

今週は、サマーマイルシリーズの第2戦、関屋記念の予想をしていくわよ!

関屋記念は、過去5年で10万オーバーが2度も出ていて、荒れる可能性の高いレース

ノーマークの大穴が飛び込んでくる、というよりは、中穴が複数頭馬券に入って来るような荒れ方が多いのよね。

今回データを使って各馬を調べ上げたところ、そんな過去の伏兵たちと共通した特徴を持つ馬が見つかったわ。

ページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、今週の特別登録馬を確認してもらうわね。

2019年 関屋記念 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
エントシャイデン 56.0 矢作芳人 栗東
ケイデンスコール 53.0 安田隆行 栗東
ストーミーシー 56.0 斎藤誠 美浦
ソーグリッタリング 57.0 池江泰寿 栗東
トミケンキルカス 56.0 大和田成 美浦
ブレスジャーニー 56.0 佐々木晶 栗東
ボールライトニング 56.0 宮本博 栗東
マイネルアウラート 57.0 高橋裕 美浦
ミッキーグローリー 56.0 国枝栄 美浦
ヤングマンパワー 57.0 手塚貴久 美浦
ランガディア 56.0 木村哲也 美浦
リライアブルエース 56.0 矢作芳人 栗東
ロードクエスト 57.0 小島茂之 美浦
ロシュフォール 56.0 木村哲也 美浦
オールフォーラヴ 54.0 中内田充 栗東
キョウワゼノビア 54.0 角田晃一 栗東
サラキア 54.0 池添学 栗東
ディメンシオン 54.0 藤原英昭 栗東
ハーレムライン 54.0 田中清隆 美浦
フローレスマジック 54.0 木村哲也 美浦
ミエノサクシード 54.0 高橋亮 栗東
アストラエンブレム セン 56.0 小島茂之 美浦
サンマルティン セン 56.0 国枝栄 美浦
ファストアプローチ セン 56.0 藤沢和雄 美浦

それじゃ、過去10年のデータを使って関屋記念の予想を組み立てていくわよ。

前走クラス別成績から見てちょうだい!

2019年 関屋記念 前走クラス別成績

※今回出走する馬の前走クラスだけを取り上げているから、各列の合計が10にならないわよ。

前走OP特別組が苦戦しているわね…。

いちおう、ここから馬券になった4頭について詳しく調べてみたところ、全員その前走で5番人気以内、かつ着順も5着以内だったことがわかったわ。

ここへ来るまでに安定した結果を残している馬なら、格上の馬相手でも戦えるかも知れないってことね。

逆に、前走での人気や着順に不安のある以下の馬は買いにくくなるわ。

サンマルティン
ディメンシオン
ファストアプローチ
ボールライトニング
ランガディア

その他のクラスについては、前走G1組は好走率が高く、G3組は他のデータが有力なら買える程度って感じね。

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2019年 関屋記念 前走着順別成績

前走勝ち馬の勝率が高いことと、前走1桁ならそれなり以上に戦えることがわかるわね。

ただ今年は前走2桁決着で出走してくる馬が多いし、彼らについて好走気配があるなら見逃さずチェックしておきたいところ。

そこで彼らについて詳しく調べてみると、馬券になった3頭は、本走で43番手以内につけていたことがわかったの。

普段から前目の競馬をしている馬なら、前走大敗していても買えるわよ。

次は、レース当日人気別成績を見てちょうだい。

2019年 関屋記念 レース当日人気別成績

1番人気馬の複勝率はそれなりだけど、勝率がちょっと頼りないわね。

4番人気くらいまでならまんべんなく好走する傾向があるから、1番人気馬を過信しないことが的中の秘訣よ。

また、過去に2頭馬券に絡んでいる10番人気以降の馬について詳しく調べてみたところ、2頭とも当時の年齢が6歳以上だったことがわかったの。

若いのに人気のない、以下の馬はちょっと買いにくくなるわね。

エントシャイデン
ディメンシオン
ハーレムライン
ファストアプローチ
フローレスマジック
ブレスジャーニー
ランガディア

次は、斤量別成績を見てちょうだい。

2019年 関屋記念 斤量別成績

※今回出走する馬の負担重量だけを取り上げているから、各列の合計が10にならないわよ。

まず本走の条件を確認しておくと、3歳馬53kg、4歳以上なら56kg、あとは賞金などによって増加があって牝馬は2kg減、という感じ。

それを踏まえて上の表を見ると、普通より1kg重量の増えた57kg組が好走しているのがわかるわね。

また54kg組(全員4歳以上の牝馬だったわ)の好走率もなかなか高いから、ぜひ注目しておいてちょうだい。

そうそう、こうして見ると3歳馬がほとんど馬券になっていないのが気になるわ。

今回、3歳のケイデンスコールが人気になりそうだし、好走できるかどうか心配よね。

2014年、彼と同じように3歳でNHKマイルカップ2着になったタガノブルグがこのレースに出走してきたんだけど、結果は7だったの。

ケイデンスコールは過去に重賞を勝っている分、当時のタガノブルグよりは好走に期待できるけど、過信は禁物よ。

そんなところで、現段階における注目馬を紹介するわね。

2019年 関屋記念 注目馬①

サラキア(牝4, 54kg
【前走:エプソムカップ(G3)7番人気2着】

重賞勝ちこそないものの、これまでのキャリアで牡馬に負けない成績を残し続けているサラキア

牝馬が活躍しているこのレースでなら、今度こそ勝てるんじゃないか、と期待しちゃうわよね。

実際、彼女はその性別以外にも好走に期待できるデータが揃っているし、今の所かなり安心して買える1頭よ。

彼女にとってマイルはちょっと短すぎるんじゃないか、という意見もあるみたいだけど、デビュー戦を1600mで勝っているし、あまり心配しすぎる必要はないわ。

実力のわりには人気も落ち着いているようだし、狙い目よ!

2019年 関屋記念 注目馬②

ミッキーグローリー(牡6, 56kg
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)8番人気5着】

このレースで数少ない前走G1組ということで、データ的にも期待したいミッキーグローリー

ただ、前走から9カ月近いブランクがある、というのは、さすがに気になるわよね…
前走期間が空いていた馬がこのレースでどんな結果になっていたか、詳しく調べておいたわ。

すると、前走から30週以上の間隔を空けて本走に来た馬の成績は1-0-0-5で、勝率は16.7
勝っていたのは2010年のレッツゴーキリシマよ。

ミッキーグローリーは彼と違って重賞勝ちの経験もあるし、十分期待してよさそうね。

とはいえ本走の一番人気は要注意。
金曜日までかけて、じっくり吟味していくわよ!

中穴がバンバン馬券に飛び込む関屋記念
この馬を押さえておけば、6桁配当も夢じゃないわ!

2019年 関屋記念 注目穴馬

オールフォーラブ(牝4, 54kg
【前走:米子ステークス(OP特別L)1番人気1着】

今回、データ的にもっとも期待できるのがこのオールフォーラブ

OP特別組の中でも前走の人気と着順がいいし、54kg負担の牝馬だし、人気の方も過去に勝ちのある67番あたりに収まりそう。

また彼女は現在2連勝中で、調子が上向いているのも好ましいわね。

そうそう、オールフォーラブの血統に注目すると、父はディープインパクトで、母レディアルバローザ。
このレースでディープの子は2-2-1-9とかなり安定した成績を残しているのよね。

父も母も今年に入って亡くなっているし、心情的にも応援したくなってしまうわ。

むろん、そういった感傷を抜きにしても十分買える馬であることは間違いないわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次