今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

クイーンステークス2021のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021 クイーンステークス 事前予想

今週は真夏のマイル女王決定戦、クイーンステークス(G3)を予想するわよ!

秋のビッグレースに向け、強豪どころがこぞって参戦してくるこの一戦。

実力伯仲の面々になりやすいだけあって普段は堅めに決着することが多いけど、その分昨年のように荒れた時は大きく荒れるのがこのレースの難しいところよね。

今年はオリンピックの関係で2013年以来の函館開催だし、例年以上に難解で荒れ模様な雰囲気
6桁配当が飛び出してもおかしくないから、より一層データに着目して好走馬を見極める必要があるわよ。

今回も自慢のデータ検証によって、そんな波乱を起こし得る伏兵を炙り出しておいたわ。

高配当必至の注目穴馬として紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、特別登録馬から確認していくわよ。

2021 クイーンステークス 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アラスカ 55.0 萩原清 美浦
イカット 55.0 上村洋行 栗東
ウインマイティー 55.0 五十嵐忠 栗東
クラヴァシュドール 55.0 中内田充 栗東
サトノセシル 55.0 堀宣行 美浦
シゲルピンクダイヤ 55.0 渡辺薫彦 栗東
シャムロックヒル 55.0 佐々木晶 栗東
テルツェット 55.0 和田正一 美浦
ドナアトラエンテ 55.0 国枝栄 美浦
フェアリーポルカ 56.0 西村真幸 栗東
マイエンフェルト 55.0 杉山佳明 栗東
マジックキャッスル 56.0 国枝栄 美浦
ラキ 55.0 小崎憲 栗東
ルビーカサブランカ 55.0 須貝尚介 栗東
ローザノワール 55.0 西園正都 栗東

それじゃあ今週も、いつものように過去10年分のデータを基にクイーンステークスの予想を組み立てていくわね。

今年は函館での開催になるけど、レースの傾向を掴む上で、通常開催の舞台である札幌のデータも用いているわよ。

まずは、前走クラス別成績を見てちょうだい。

2021 クイーンステークス 前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 5 4 5 23 13.5% 24.3% 37.8%
G3 3 3 3 36 6.7% 13.3% 20.0%
OPEN特別 0 1 1 8 0% 10.0% 20.0%
3勝クラス 1 2 1 16 5.0% 15.0% 20.0%
2勝クラス 0 0 0 11 0% 0% 0%

※登録されている馬の前走クラスだけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

前走で重賞を使った馬が勝ち鞍の大部分を占めているわね。

とくに好調なのが、前走G1組

過去10年のうち半数のレースで勝ち馬が出ているし、好走率も図抜けているわ。
人気のマジックキャッスルをはじめ、ヴィクトリアマイルから来る3頭には要注目ね。

ちなみにG3組で馬券なった馬の大半は、前走にマーメイドステークスを使った子たち。

単勝回収率は300%を超えているし、シャムロックヒルは穴候補として覚えておきたいわ。

次は、前走着順別成績を見てもらうわよ。

2021 クイーンステークス 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 3 1 0 24 10.7% 14.3% 14.3%
2着 0 1 3 4 0% 12.5% 50.0%
3着 1 1 1 8 9.1% 18.2% 27.3%
4着 1 1 0 3 20.0% 40.0% 40.0%
5着 1 0 0 3 25.0% 25.0% 25.0%
6~9着 3 3 3 18 11.1% 22.2% 33.3%
10着以下 1 3 3 34 2.4% 9.8% 17.1%

前走の勝ち馬は強いけど、好走率を見るとどの条件でも成績上大差はない、って感じね。

このレースに限っては、前走で最先着した馬を中心に他のデータと照らした上で優劣を付けるのがよさそうよ。

ちなみに、前走10着以下から馬券になった7頭だけど…。
詳しく調べてみたら、大半が前走にヴィクトリアマイルを使っていた、という共通点があったの。

G1を戦えるほどの子なら巻き返しが見込める、ってことだから、該当するテルツェットは注視したいわね。

次は、レース当日の人気別成績を見てもらうわよ。

2021 クイーンステークス レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5 2 2 1 50.0% 70.0% 90.0%
2番人気 2 0 1 7 20.0% 20.0% 30.0%
3番人気 0 0 2 8 0% 0% 20.0%
4番人気 0 2 2 6 0% 20.0% 40.0%
5番人気 0 1 0 9 0% 10.0% 10.0%
6~9番人気 2 3 2 39 4.3% 10.9% 15.2%
10番人気以下 1 2 1 32 2.8% 8.3% 11.1%

1番人気が図抜けた成績を残しているわね!

勝率もさることながら複勝率は90%にもなるし、馬券に含めておいて損はなさそうだわ。
今年はヴィクトリアMで3着入線したマジックキャッスルが人気しているわよ。

さて、1番人気以外は成績に大きな差がない本走だけど、中~下位人気だった馬もよく馬券に絡んでいるのよね。

直近10年においてこのレースで馬券なった馬の最大オッズは79.4倍、なんてデータもあるし、走る材料が揃っていれば大穴クラスでも積極的に狙っていきましょう。

最後は、所属別成績を見てもらおうかしら。

2021 クイーンステークス 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 3 3 5 39 6.0% 12.0% 22.0%
関西 7 7 5 62 8.6% 17.3% 23.5%

関西馬が優勢のようね。

とはいえ関東馬も成績に大差なく結果を出せているから、あまり敏感に有利不利を決めなくて大丈夫よ。

もっとも直近3年は連続して関西馬が最先着している、というところは覚えておいた方がよさそうだわ。

そんなところで、現段階における注目馬を発表するわよ!

2021 クイーンステークス 注目馬①

マジックキャッスル(牝4)
【前走:ヴィクトリアマイル(G1)5番人気3着】

前走のヴィクトリアMでは、堂々3着入線を果たしたマジックキャッスル

これで昨年の秋華賞から、4戦連続での馬券内を確保したことになるわね。

そんな絶好調のマジックキャッスルだけど、このクイーンステークスとも相性がよさそうよ。

伝えてきたように、ヴィクトリアM組は好ローテーションとして評価できるし、前走で馬券になった馬がよく走る舞台。
1番人気が強いところを加味すれば、データ上は勝ち負けの一番手、ってところね。

もっとも、かなりの人気馬だからオッズは相当渋くなりそう
コスパには多少の疑問があるから、買い方については1週間かけて検討していくわよ。

2021 クイーンステークス 注目馬②

テルツェット(牝4)
【前走:ヴィクトリアマイル(G1)3番人気14着】

前走ヴィクトリアMでは3番人気に推されながら、まさかの惨敗を喫したテルツェット

デビューから馬券外がなかったこともあって、この大敗が本走にどう響くか、心配なところではあるけど…。

伝えてきたように、クイーンステークスはヴィクトリアM組であれば巻き返しが期待できる舞台。
検証の内容もよかったし、差しが決まりやすい函館での今回は連勝していた時の走りが見られそうよ。

今のところオッズも低すぎないし、配当妙味の見込める勝ち馬候補として覚えておいてちょうだい!

荒れれば大きい、クイーンステークス。
アノ伏兵を侮ると、みすみす高配当を獲り逃すことになるわ!

2021 クイーンステークス 注目穴馬

シャムロックヒル(牝4)
【前走:マーメイドステークス(G3)10番人気1着】

現段階でもっとも注目したい穴馬候補が、シャムロックヒルよ!

前走のマーメイドステークスでは10番人気から最先着を果たし、30万馬券の立役者になった彼女。
これで直近6戦4勝と、ここにきて本格化の気配さえ見せているわね。

そんなシャムロックヒルだけど、データ上は本走においてもかなりの好走傾向にあるわ。

マーメイドS組が穴馬になりやすい、という傾向は伝えた通りだし、好走率の高い関西馬に該当する彼女は勝ち負けに十分期待できる裏付けがあるわよ。

これほどの好材料を備えながら、今のところ人気は中堅クラス
6桁配当を呼び込む穴候補として、ぜひ覚えておいてちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次