エビコ

2018年根岸ステークスで的中を呼び込む穴馬予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した2018年根岸ステークス

2018年根岸ステークス開催情報

レース名 根岸ステークス
クラス G3
開催日 2018年1月28日(日)
開催場 東京競馬場
レース番号 11R

2018年根岸ステークス直前予想

馬番 馬名
8サンライズノヴァ
7キングズガード
6カフジテイク
12ブルドッグボス
レースの見どころ
根岸ステークスの最終予想をするわよ!

今年の根岸ステークスは上位人気の層が厚くて、決着が堅めになりそうな気配がするの。

だから今回は印を4点に絞ったんだけど、当たれば大きい伏兵馬も1頭取り上げたわよ。

期待していてちょうだい!

さっそく今回の出馬表を確認してもらおうかしら。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11イーデンホール牡656.0田辺裕信中内田充栗東
22アキトクレッセント牡656.0荻野極清水久詞栗東
33ブラゾンドゥリス牡657.0丹内祐次尾形和幸美浦
4マッチレスヒーロー牡756.0吉田隼人金成貴史美浦
45ノボバカラ牡656.0北村宏司天間昭一美浦
6カフジテイク牡657.0福永祐一湯窪幸雄栗東
57キングズガード牡757.0藤岡佑介寺島良栗東
8サンライズノヴァ牡456.0戸崎圭太音無秀孝栗東
69モンドクラッセ牡756.0柴田大知清水英克美浦
10サイタスリーレッド牡557.0石橋脩佐藤正雄栗東
711ラブバレット牡756.0松岡正海菅原勲地方
12ブルドッグボス牡657.0岩田康誠小久保智地方
813ベストウォーリア牡858.0ルメール石坂正栗東
14ノンコノユメセン658.0内田博幸加藤征弘美浦


詳しい予想に入る前に、月曜日のデータをおさらいするわね。


■前走クラス別成績
前走の格が高いほど、本走での成績もいい

■年齢別成績
5歳馬がよく馬券に絡む
勝率がもっとも高いのは4歳馬

■レース間隔別成績
前走から5週以上空けた馬しか勝利していない

■斤量別成績
58kg以上を負担した馬は勝利したことがない


それじゃ、月曜から引き続き、過去10年のデータを使って根岸ステークスの最終的な予想を組み立てていくわ。


今日加味して考えるのは、所属別成績よ。
この表を見てちょうだい!

所属別成績
所属別成績表

関西馬が馬券をほぼ独占しているの!

いちおう、関東所属で馬券に絡んだ2頭についても調べてみたんだけど、それぞれ当日の1番人気と4番人気の馬だったわ。

言い換えると、関東馬が穴をあけたことは過去10年で一度もないってこと。

今回出走する関東馬はどれもあまり人気が出なさそうだし、ここでまとめて切ることにするわ。


地方所属の馬については、情報が少ないから微妙なところね。
でも、今回出走する地方馬のなかで1頭だけ、
あるデータを考慮するとどうしても切れない馬
がいたの。


それはどの馬なのか、何のデータを考慮したのか…。
詳しくは以下の予想印と各馬へのコメントを確認してちょうだい!


◎サンライズノヴァ

◯キングズガード

▲カフジテイク

☆ブルドッグボス


本命
サンライズノヴァ(牡4
【前走:師走ステークス(OP特別)2番人気2着】

本走唯一の4歳馬、サンライズノヴァが今回の本命よ!

月曜日にも触れた通り、このレースにおいては4歳馬というだけで十分買う理由になるんだけど、彼にはそれだけじゃないプラス要素があるの。

それが、今回戸崎圭太騎手が鞍上を務めるということ。
彼はこのレースにおける過去十年の成績が(1-1-0-2で、連対率でいうと、なんと50%。

連対した2戦で跨っていたのは、サンライズノヴァと同じく4歳馬だった2016年のモーニンと、昨年のベストウォーリア。
それぞれ当日の1番人気と3番人気だったわよね。

つまり戸崎騎手は、本走のサンライズノヴァのような人気馬できちんと結果を残してくれているってわけ。

彼こそこのレースの本命にふさわしいわ!


実力馬が粒ぞろいで、堅めに決着しそうな今年の根岸ステークス。
無難な馬券に彩りをそえる「あの伏兵馬」を、ぜひチェックしてちょうだい!


対抗

キングズガード(牡7
【前走:チャンピオンズカップ(G1)11番人気8着】

月曜日の段階で注目しつつも、どう扱うか検討していたキングズガード。

先日の1週前追い切りを見てみたら、栗東のCWコースで一杯に追われて6Fを83.5-11.9とかなりの好タイムよ。

最終追い切りも、馬なりで問題なくこなしていたし、今回の出走馬の中でもトップクラスの仕上がりといえるんじゃないかしら。
7歳というのが不安材料だったんだけど、それをカバーするくらい良好だってことよ。

そもそも、彼がこのレースの好走条件によく当てはまっていることは月曜日に話した通り。
対抗に推すのに何の不安もないわ!

単穴

カフジテイク(牡6
【前走:チャンピオンズカップ(G1)5番人気7着】

上位人気が大きく割れている今回のレースで、僅差で1番人気になりそうなカフジテイク。

もともと1400mが得意な馬だし、なによりこのレースにおける1番人気の通算成績は(4-2-0-4とあって、注目せざるを得ないわよね。

そんなカフジテイクを今回単穴に留めた理由は彼の脚質。

彼は典型的な追い込み一筋の馬だから、ちょっと展開が向かないだけで崩れてしまう、というリスクについてはどうしても考慮せざるを得ないの。

とはいえ仮にも前年の覇者、うかつに切ると後悔するわよ!


注目穴馬

ブルドッグボス(牡6
【前走:おおとりオープン競争(地方OP)1番人気1着】

所属別成績の項で話した「切れない地方馬」がこのブルドッグボスよ!

今年が戌年ということで、犬つながりのサイン馬券!なんていう需要があるらしいんだけど…
そうやってこの馬がいろんな人の目につくと、配当に響きそうで少し困るわね。

とはいえ、彼にはオカルトだけでない魅力がきちんと備わっているの。

まず今回彼が負担することになる57kgという斤量。
過去に彼と同じ斤量を背負った馬の成績は(4-3-0-26で、勝率は12.1%と申し分ないわ。

また、今回彼の鞍上を務める岩田康誠騎手は、このレースでの通算成績が(2-0-3-0
勝率40%、馬券内率100%とあっては、買わない手はないわよね!

彼をきっちり押さえて、周りよりちょっといい配当をゲットしてちょうだい!




的中実績

根岸ステークス予想記事一覧

ログイン



閉じる

パスワードを忘れた方はこちら

会員登録でお得な情報を無料配信!


閉じる