ラジオNIKKEI賞の無料予想はココをタップ

中山牝馬ステークス2022のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

今週も平場重賞が3レース!

ここでは荒れ要素の高い中山牝馬ステークスの予想をしていくわ!

2011年に阪神競馬場で行われた時には、全て二桁人気馬決着になって三連単で2,446,260という超高配当となったのよね。

以降の中山開催で行われている10年をみると、平均配当は165,684円

10年のうち5年は一般的な配当で、残りの5年が10万以上(最大62万)。

平均か荒れるか二者択一なのよ。

ここでもちろん狙うは、荒れる方の5年!

ということで過去10年のうち、荒れ傾向のある5年のデータを使って予想をしていくわ!
※2012・2016・2019・2020・2021

先に結論を伝えると、下馬評で上位人気候補のテルツェットは馬券から外したわ!

また、データ的に馬連だと堅め決着の結論になったから、高配当の三連単を狙っていくわ!

馬連・三連単の推奨買い目を紹介するから、ぜひ参考にしてちょうだい!

目次

特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アブレイズ 56.0 池江泰寿 栗東
クールキャット 54.0 奥村武 美浦
クリノプレミアム 53.0 伊藤伸一 美浦
ゴルトベルク 53.0 手塚貴久 美浦
シャムロックヒル 53.0 佐々木晶 栗東
シングフォーユー 53.0 牧光二 美浦
ジュランビル 53.0 寺島良 栗東
スマイルカナ 56.0 水野貴広 美浦
スライリー 53.0 相沢郁 美浦
テルツェット 56.5 和田正一 美浦
ドナアトラエンテ 55.0 国枝栄 美浦
フェアリーポルカ 56.0 西村真幸 栗東
ホウオウピースフル 54.0 大竹正博 美浦
ミスニューヨーク 55.0 杉山晴紀 栗東
モリノカンナチャン 51.0 大江原哲 美浦
ルビーカサブランカ 55.0 須貝尚介 栗東
ローザノワール 54.0 西園正都 栗東
ロザムール 54.0 上原博之 美浦

レース当日人気別成績

当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 0 1 1 3 0.0% 20.0% 40.0%
2番人気 0 0 0 5 0.0% 0.0% 0.0%
3番人気 1 1 0 3 20.0% 40.0% 40.0%
4番人気 1 0 0 4 20.0% 20.0% 20.0%
5番人気 1 1 0 3 20.0% 40.0% 40.0%
6~9人気 2 1 1 12 12.5% 18.8% 25.0%
10番人気以下 0 1 3 29 0.0% 3.0% 12.1%

荒れ傾向の5年のデータだけあって、何でもありっていう結果になっているわね。

二桁人気は、2着が14番人気、3着が11番人気2頭と15番人気。

深掘りするために4頭を並べたわ。

・2012年11番人気3着のエオリアンハープ
中山1800mでの適正は高く、過去3戦して2回馬券に絡み、残り1戦も掲示板決着。
当年は中山金杯を7着、つづく白富士S(OP)を6着と、人気しない理由があったわ。

・2016年15番人気3着のメイショウスザンナ
中山適正は、ややある程度で複勝率は40%。

中山1800mは3歳時のフラワーカップ(G3)のみで、2着だったわ。

・2019年11番人気3着びアッフィラート
中山1800mとの相性は高く、過去3戦してすべて馬券に絡んでいたわ。

ただ、初の重賞ということもあり、高い評価は得られなかったの。

・2020年14番人気2着のリュヌルージュ
なっ、なまえが呼びづらいわ…
中山は2歳時のホープフルS(G1)以来で、前走に2勝クラスを勝ち上がった馬。
2勝クラスを抜けるのに8戦掛かったこともあり低評価を受けたわ。
馬券に絡んだ理由は、不良馬場を最軽量の50kgで走れたからでしょうね。

と、二桁人気で馬券に絡んだ4頭を並べたけど、リュヌルージュを除き中山1800mを得意とする傾向があったわ。

最終的な二桁人気馬は分からないけど、下馬評の下位人気で考えてみると…

クリノプレミアム・ジュランビル・スライリーの3頭は切れるけど、

昨年2着馬のロザムールをはじめ、アブレイズ・ゴルトベルク・ローザノワール・シングフォーユーには気を付けたいわ…。

ただし1枠から出走する馬は分が悪いことから、ロザムールとシングフォーユーは割引して考える必要があるのよね。

馬券は馬連の方が安全ではあるんだけど、後述するデータによると馬連は堅め決着

だから三連単フォーメーションで、馬券を組むことに決めたわ!

ただ、馬連の場合には一桁人気馬で考えて大丈夫そうよ。

前走クラス別成績 / 前走レース別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
条件戦 0 2 1 3 0.0% 33.3% 50.0%
OPEN(L含む) 0 0 1 11 0.0% 0.0% 8.3%
G3 5 2 3 37 10.6% 14.9% 21.3%
G2 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
G1 0 1 0 9 0.0% 10.0% 10.0%
海外・地方G1 0 0 0 2 0.0% 0.0% 0.0%
前走レース 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
愛知杯(G3) 3 1 1 14 15.8% 21.1% 26.3%
ターコイズS(G3) 1 0 1 7 11.1% 11.1% 22.2%
京都牝馬S(G3) 1 0 0 8 11.1% 11.1% 11.1%
中山金杯(G3) 0 1 0 1 0.0% 50.0% 50.0%

2つのデータを並べたけど、1つ目は前走のクラス別データ

連対馬が7頭の、G3から参戦してくる馬に注意すべきってことよね。

2つ目のデータは、どのG3レースから参戦してきたのか?をまとめたものよ。

G3から参戦して連対した7頭のうち6頭が、前走が愛知杯・ターコイズS・中山金杯のハンデG3からの参戦だったのよ。

軸馬選定には十分の率なんだけど、

さらに、その6頭の前走の着順が2着が1頭・4着が4頭・8着が1頭だったの。

8着だったのは2016年のシュンドルボンで、前走の愛知杯で1番人気指示。

結果としてハイペースがたたり、差し有利の展開になってしまったのよね。

つまり基本掲示板、押さえとして掲示板から漏れた上位人気馬から軸馬を探すべきってこと。

前項のデータと併せて、

一桁人気かつ、上記ハンデG3かつ、基本前走掲示板を満たすのは、フェアリーポルカ・ミスニューヨーク・ルビーカサブランカの3頭。

この中から軸を選ぶわ!

逆に、この条件から外れているクールキャット・シャムロックヒル・スマイルカナ・スライリーの4頭は連対の軸からは切れるってこと!

つまり、すでに大方の予想が終わったことになるわね!

馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~439kg 0 0 0 6 0.0% 0.0% 0.0%
440~479kg 1 3 3 39 2.2% 8.7% 15.2%
480kg~ 4 2 2 18 15.4% 23.1% 30.8%

一目瞭然のデータだけど、大型馬に分があるレースってことね。

また、母数は少ないけど439kg以下の馬は馬券に絡まないと出ているわ。

4カ月ぶりのレースになる4歳テルツェットが、どのくらいの馬体重になるのか気になるけど、実はエリ女から参戦した馬が馬券に絡んだことがないのよ。

2012年の2番人気のホエールキャプチャ・2021年3番人気リアアメリアをはじめ、エリ女から参戦した6頭は馬券に絡んでいないの!

荒れるレースを狙っていくことも含め、テルツェットは馬券から外すわ!

すでに大方の予想が出来ちゃっているから、だけ紹介するわね。

注目馬

注目馬1:ルビーカサブランカ

注目馬2:フェアリーポルカ

注目馬3:ドナアトラエンテ

注目馬4:ミスニューヨーク

データ上、馬連の的中率は上記でおよそ75%

ただ低配当は不要、狙うは高配当馬券!!

10万馬券の3着馬を紹介するわ!!

注目穴馬

3着馬には以下の4頭を候補馬として挙げるわ!

注目穴馬1:ローザノワール

注目穴馬2:クールキャット

注目穴馬3:スライリー

注目穴馬4:ゴルトベルク

三連単フォーメーション48点、小点数で高配当を狙える馬券となったわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコ・デラックス
性別:セン
年齢:うるさいわね
出身地:千葉県
血液型:A型
星座:おとめ座
競馬歴:30年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人はとくに好物)
好きな券種: 馬連・3連複・3連単

目次