今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

レパードステークス2018の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 レパードステークス 最終予想

レパードステークスの最終予想をするわよ!

このレース、藤田菜七子騎手の重賞初挑戦になるかも?と注目されていたんだけど、騎乗予定だったスズカアーチストは残念ながら抽選除外になってしまったのよね。

そういった意味では残念だけど、ダート戦線の今後を占う戦いと、昨年のような高配当に引き続き期待しましょう。

今回もデータを使って調べていくと、今まったく注目されていない穴馬に思わぬ勝機があることがわかったの。

来れば10万馬券も夢じゃない予想印はページの最後で紹介しているわよ。

さっそく、確定した枠順を見てちょうだい。

2018年 レパードステークス 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 バクハツ 牡3 56.0 小崎綾也 小崎憲 栗東
2 2 アルクトス 牡3 56.0 田辺裕信 栗田徹 美浦
3 イダペガサス 牡3 56.0 三浦皇成 高柳瑞樹 美浦
3 4 ドンフォルティス 牡3 56.0 石橋脩 牧浦充徳 栗東
5 アドマイヤビクター 牡3 56.0 戸崎圭太 友道康夫 栗東
4 6 グリム 牡3 56.0 内田博幸 野中賢二 栗東
7 オノリス 牡3 56.0 北村宏司 吉田直弘 栗東
5 8 プロスパラスデイズ 牡3 56.0 太宰啓介 昆貢 栗東
9 エングローサー 牡3 56.0 田中勝春 清水久詞 栗東
6 10 フロリアヌス 牡3 56.0 西田雄一 武藤善則 美浦
11 ビッグスモーキー 牡3 56.0 大野拓弥 清水久詞 栗東
7 12 クレディブル 牡3 56.0 江田照男 萩原清 美浦
13 ミックベンハー 牡3 56.0 木幡巧也 畠山吉宏 美浦
8 14 グレートタイム 牡3 56.0 ルメール 藤原英昭 栗東
15 ヒラボクラターシュ 牡3 56.0 福永祐一 大久保龍 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわ。

■前走クラス別成績
地方レース、とくにジャパンダートダービーを走ってきた馬が強い
前走1000万下組は前走3着以内、当日7番人気以内

■前走着順別成績
今年の前走2桁組は切る
穴を狙うなら前走勝ち馬

■当日人気別成績
1番人気の複勝率100%

■騎手別成績
乗り替わりがあっても成績はほぼ落ちない
乗り替わりのある馬は当日3番人気以内まで

それじゃ月曜日同様、このレース開設以来9年分のデータを使って、レパードステークスの最終的な予想を組み立てていくわ。

生まれた月別成績から見てもらおうかしら。

2018年 レパードステークス 生まれた月別成績

生月 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3月生 4- 0- 4-22/30 13.3% 13.3% 26.7%
5月生 1- 5- 2-17/25 4.0% 24.0% 32.0%
2月生 2- 2- 0-22/26 7.7% 15.4% 15.4%
4月生 2- 2- 3-33/40 5.0% 10.0% 17.5%
1月生 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
6月生 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

まず、極端に生まれが早かったり遅かったりする馬は馬券になっていないことがわかるわ。

1月生まれのオノリスは切ったほうが無難ね。

それ以外の月について注目すると、5月生まれの複勝率の高さが気になるわ。
6月生まれとひと月違うだけで、ずいぶん差が出るのね。

…そういえば、月曜日に切っていない馬の中で、5月生まれが1頭だけいるわ。

次は、脚質別成績を見てちょうだい。

2018年 レパードステークス 脚質別成績

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 4- 0- 5/ 9 0.0% 44.4% 44.4%
平地・先行 6- 4- 5- 17/ 32 18.8% 31.3% 46.9%
平地・中団 3- 1- 1- 44/ 49 6.1% 8.2% 10.2%
平地・後方 0- 0- 3- 36/ 39 0.0% 0.0% 7.7%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

ダートは前、というセオリー通りのデータだけど、それにしても極端ね。

ただ、新潟ダートが先行有利だっていうのは、よく知られた話。
本命どころについては、これまでの脚質がどうだったかよりも、馬や騎手がこのコースに対応して前に出られそうか?というところを重点的に評価していくべきね。

もちろん、穴馬を探す際は内枠の先行馬を厚く狙っていきましょう。

そんなところで、今週の予想印を紹介するわね。

◎アドマイヤビクター

◯イダペガサス

▲アルクトス

△グレートタイム

☆バクハツ

2018年 レパードステークス 注目馬①

アドマイヤビクター(牡3
【前走:3歳上500万下 1番人気1着】

500万下を勝ち上がったばかりのアドマイヤビクター、彼が今回の本命よ!

最終追い切りは、坂路で終い重視の4ハロン55.7-13.0と取り立てて目立ったところのないタイム。
でも彼は一週前の段階で、CWコースを6ハロン80.6-12.7というかなりの時計を出しているの。

どちらの調教でも、ちょっと頭の高い走りをしていたのを気にする人がいるかもしれないけど…
あれは前肢が鍛えられて、ダート向きの体格になりつつある兆候と見るべきだわ。

彼はここまでに調べたデータでもいいものが揃っているし、グレートタイムがある種の過剰人気になっているお陰で配当も悪くなさそう

前走の格が多少低くても、彼になら安心して軸を任せられるわ!

2018年 レパードステークス 注目馬②

イダペガサス(牡3
【前走:猪苗代特別(1000万下)1番人気2着】

月曜日にも注目穴馬として紹介していたイダペガサス

最終追い切りで、大きく先行させた僚馬をぶっちぎって、3馬身先着した姿は見事だったわね!

ただその走りっぷりのおかげか、各所の予想オッズを見ていると「穴人気」になりそうな気配がしてきているけど…
それでも、まだまだ実力とデータの割には十分においしい配当が付くはずよ。

また本走では、鞍上が三浦騎手のテン乗りになるのよね。

少し不安に思う人もいるかもしれないけど、彼はこれまで調教では何度も乗り役を務めているの。

そもそもこのレースは、乗り替わりがほとんど成績に影響しない、というのは月曜日に話した通り。

あとは、当日までにこれ以上注目されないことを願うばかりね!

昨年クラスの超高配当に期待が高まるレパードステークス
5月生まれの「アノ馬」を押さえて、数千倍の配当を勝ち獲ってちょうだい!

2018年 レパードステークス 注目馬③

アルクトス(牡3
【前走:猪苗代特別(1000万下)2番人気1着】

猪苗代特別でイダペガサスを下したのが、このアルクトス

月曜日の時点でも、そんなに悪くないデータが揃っていたんだけど…
今日の調べで5月生まれが好走する」ということがわかって、かなり買いやすくなったわね。

最終追い切りでは併せ馬が行きすぎるトラブルがあったけど、美浦のWコースで馬なり5ハロン67.3-11.8とちょうどいい時計。

陣営としてはもうちょっと上積みが欲しかったかもしれないけど、鞍上を務めた田辺騎手のコメントを見ていると「現状でも十分やれる」と判断しているみたい。

展開次第では、このまま破竹の三連勝もありえるわ!

2018年 レパードステークス 注目馬④

グレートタイム(牡3
【前走:ジャパンダートダービー(地方G1)3番人気3着】

印の良し悪しはともかく、今回切るわけにいかないのがこのグレートタイム

月曜日から何度か伝えているとおり、このレースはここまで1番人気が馬券を外したことがないのよね。

さらに最終追い切りを見る限り、馬の状態は前走時よりもさらに上向いているわ。
栗東のCWコースで併せ馬を追走し、ほぼ馬なりでしまい1ハロンを11.7という末脚は見事という他ないわね。

将来を見据えた陣営から大事に使われている彼だけど、ここを「ひと叩き」で済ませる気はなさそうだわ。

彼をうかつに切ると、後悔するわよ!

2018年 レパードステークス 注目穴馬

バクハツ(牡3
【前走:ジュライスター賞(地方OP)1番人気1着】

ジャパンダートダービーを使ってきた2頭を除いてただ一頭、地方競馬を使ってきているのがこのバクハツ

前走地方組の成績がいいのは、月曜日に話したとおりよね。

さらにこのジュライスター賞は交流条件戦で、中央500万下クラスの馬も出走できるレース。
そこを勝ち上がったバクハツは、少なくともクラスに見合った実力があると見ていいわ。

彼は前走勝ち馬であることをはじめとして、このレースにおける好走材料がよく揃っているの。

文句なく「買い」の馬。

さらに今の所、ほとんど注目されていないから狙い目よ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次