エビコ

2018年共同通信杯で的中を呼び込む穴馬予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した2018年共同通信杯

2018年共同通信杯開催情報

レース名 共同通信杯
クラス G3
開催日 2018年2月11日(日)
開催場 東京競馬場
レース番号 11R

2018年共同通信杯直前予想

馬番 馬名
9ステイフーリッシュ
12グレイル
5コスモイグナーツ
2カフジバンガード
レースの見どころ
共同通信杯の最終予想をするわよ!


今回は、有力視されていたうちの1頭、ブレステイキング蹄の異常で出走を回避。

上位争いに絡む馬が1頭減って、かなり予想しやすくなったのよ。

ここで注意したいのが、本走の圧倒的1番人気、グレイルの扱い。
今回は新たなデータを使って、彼の最終的な扱いを吟味したわ。

さらに、これまで見逃していたとある伏兵馬にも印を打ったから、注目してちょうだい!


まずは確定した枠順を見てもらうわね.

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11サトノソルタス牡356.0ムーア堀宣行美浦
22カフジバンガード牡356.0内田博幸松元茂樹栗東
33アメリカンワールド牡356.0浜中俊藤岡健一栗東
44エイムアンドエンド牡356.0ミナリク二ノ宮敬美浦
55コスモイグナーツ牡356.0柴田大知高橋祥泰美浦
6オウケンムーン牡356.0北村宏司国枝栄美浦
67ブラゾンダムール牡356.0横山典弘松永幹夫栗東
8トッカータ牡356.0丸田恭介和田雄二美浦
79ステイフーリッシュ牡356.0中谷雄太矢作芳人栗東
10ゴーフォザサミット牡356.0田辺裕信藤沢和雄美浦
811リュウノユキナ牡356.0吉原寛人斉藤敏地方
12グレイル牡357.0武豊野中賢二栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
前走G1、G3に注目
前走未勝利戦組は馬券に絡んでいない

■生まれた月別成績
3月生まれが好成績

■前走着順別成績
前走3着までが馬券の大半

■脚質別成績
先行馬の成績がよい


それじゃ、新たにデータを2使って、共同通信杯の最終的な予想を組み立てていくわ。

単勝オッズ別成績から見てちょうだい!

単勝オッズ別成績
単勝オッズ別成績表

月曜日にも触れたけど、単勝1倍台の超人気馬は過去1勝もしていないのよね。

今回、ほぼ1強と目されているグレイルには気を付けた方がいいわよ…。


また、穴馬のほうに目をやると、単勝30倍以上で馬券に絡んだ馬は過去3頭。

その3頭とも、前走3レース以内にオープンクラスで3着以内に入っていたことがわかったわ。

つまり、馬券を組み立てるときには「単勝30倍未満」もしくは「単勝30倍以上のオッズかつ前走3レースにオープンクラスで3着以内」の馬に絞ればいいってこと。
きちんと該当する馬がいるから、安心しなさい!

次は、騎手別の成績を見てもらおうかしら。

騎手別成績
騎手別成績表

勝ち馬は前走から同騎手の馬、その相手は乗り替わりのあった馬、という綺麗な傾向がみられるわね。

最終的に馬券を組み立てるときの参考にしてちょうだい。


さあ、ここで最終的な予想印を発表するわ。

◎ステイフーリッシュ

◯グレイル

△カフジバンガード

☆コスモイグナーツ


本命
ステイフーリッシュ(牡3
【前走:ホープフルステークス(G3)8番人気3着】

月曜日にも注目していたステイフーリッシュ。

今回調べたデータに照らし合わせても、騎手の乗り替わりなしだったりと、好材料が揃っているわ。

騎手といえば、ステイフーリッシュの主戦で今回も騎乗する中谷Jは、20年のキャリアでいまだに重賞勝ちがないのよね。

武豊騎乗のグレイルを相手にする本走では少し頼りない、と考える人も多いかもしれないけど…
見方を変えれば、このレースで中谷騎手以上の熱意で勝利を目指している騎手はいないはずよ!

そもそも中谷騎手は今年に入ってからすでに5勝を挙げていて調子もいいし、単純に過去の成績だけを見てマイナスと判断するのはどうかと思うわ。

このレースで本当に信頼できるのは、この馬よ!


「圧倒的1番人気」に要注意の共同通信杯。
印に注目の人気馬と、皆が忘れている伏兵馬、どちらも要チェックよ!


対抗

グレイル(牡3
【前走:ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(G3)2番人気1着】

G1馬タイムフライヤーを11月の時点で下しているグレイル。

彼を軸にするのは危険!と月曜日から言い続けてきたけど、その意見に変わりはないわ。

彼は過去に良馬場と重馬場でそれぞれ勝っているおかげで、対応力のある馬、という風に言われることも多いけど…
野中調教師がグレイルについて「器用さがあまりない」と評しているのが少し気がかりね。

本走は彼の戦歴でもっとも出走数の多い16頭立てのレースになる上に、府中は初めてで斤量も2kg増。
と彼にとっては初めてだらけのレースなのよ。

本命で買っても大した旨味があるわけでもないし、彼の"不器用さ"については用心するに越した事はないわ。

印こそ対抗だけど、買い目については紐に留めておくくらいでちょうどいいわよ!

連下

カフジバンガード(牡3
【前走:日刊スポーツ賞シンザン記念(G3)3番人気5着】

こちらも事前予想で紹介していたカフジバンガード。

前走はスタートが遅れて過去最低の5着になってしまったけど、ここしばらくの調教でゲート内駐立がきちんと出来るようになってきたし、不安はなくなったと言っていいわ。

彼の過去の成績を見返すと、初勝利は本走と同じ府中、しかも今週末に予報されているのと同じ雨の日のレースなの。
また2勝目は東京と同じ左回りの中京競馬場だったし、コース適性も十分

ぜひ馬券に含めておいてちょうだい!

注目穴馬

コスモイグナーツ(牡3
【前走:京成杯(G3)8番人気11着】

単勝オッズ別成績のところで触れた「単勝30倍以上で買える馬」がこのコスモイグナーツなの。

彼は仮にもオープンクラスで勝利しているれっきとした実績馬なんだけど、どうも人気する様子がないのよね。

まあ、前走京成杯での気持ちのいいほどの逃げ潰れっぷりを見たら、ちょっと買うのに躊躇する気持ちも分からなくはないんだけど…

この共同通信杯は、そういう「オープンクラス級の実力はあるのに、前走の成績で人気過小になっている馬」が走るレース。

奇しくも本走は、彼の代表勝ち鞍アイビーステークス(OP特別)と同じコースで、当時と同じ雨の予報。

このレースでも、展開が向けば勝利までありうるわ!




的中実績

共同通信杯予想記事一覧

ログイン



閉じる

パスワードを忘れた方はこちら

会員登録でお得な情報を無料配信!


閉じる