今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

阪急杯2022の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

阪急杯の最終予想をするわよ!

例年荒れ模様の、このレース。

事前予想で伝えたように今年も荒れる気配十分だから、しっかりと穴クラスの好走傾向にある伏兵を探し出して馬券に含めたいわね。

今回も引き続きデータを用いて、そんな高配当の立役者になり得る穴馬候補を炙り出しておいたわ。

万馬券必至の注目穴馬として印を打ってあるから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ。

目次

枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 トゥラヴェスーラ 牡7 56.0 鮫島克駿 高橋康之 栗東
2 2 グルーヴィット 牡6 56.0 団野大成 松永幹夫 栗東
3 3 リレーションシップ 牡5 56.0 松田大作 須貝尚介 栗東
4 ザイツィンガー 牡6 56.0 酒井学 牧田和弥 栗東
4 5 エイティーンガール 牝6 54.0 秋山真一 飯田祐史 栗東
6 リンゴアメ 牝4 54.0 国分優作 菊川正達 美浦
5 7 ヴィジュネル 牡4 56.0 藤岡康太 渡辺薫彦 栗東
8 サンライズオネスト 牡5 56.0 武豊 河内洋 栗東
6 9 タイセイビジョン 牡5 56.0 幸英明 西村真幸 栗東
10 ダイアトニック 牡7 56.0 岩田康誠 安田隆行 栗東
7 11 ミッキーブリランテ 牡6 56.0 和田竜二 矢作芳人 栗東
12 グレイイングリーン 牡4 56.0 岩田望来 池江泰寿 栗東
8 13 モントライゼ 牡4 56.0 藤岡佑介 松永幹夫 栗東
14 クリノガウディー 牡6 56.0 福永祐一 藤沢則雄 栗東

詳しい予想に入る前に、軽く前回のおさらいをしておきましょう。

■レース当日人気別成績
推奨は1・2番人気を絡めたボックス買い
券種は3連複が狙い目

■前走クラス別成績
前走のレースの格が高い順に好走率も高まる
洛陽S(L)・ニューイヤーS(L)組に注目

■前走着順別成績
前走の結果に関係なく馬券にはなり得る
勝ち馬の半数以上は前走6着以降だった馬から出ている

■年齢別成績
勝率がもっとも高いのは5歳馬
高松宮記念で馬券になった実績のある7歳馬は要警戒

それじゃあ引き続き、過去10年分のデータを基に阪急杯の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 1 3 0 15 5.3% 21.1% 21.1%
2枠 2 0 3 14 10.5% 10.5% 26.3%
3枠 0 4 3 12 0.0% 21.1% 36.8%
4枠 1 1 1 16 5.3% 10.5% 15.8%
5枠 0 0 0 20 0.0% 0.0% 0.0%
6枠 1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
7枠 4 0 1 19 16.7% 16.7% 20.8%
8枠 1 1 2 21 4.0% 8.0% 16.0%

式別3連複での購入を前提に、勝率と複勝率のいい枠をそれぞれ見ていくわよ。

まず、勝率がもっともいいのは7枠ね。

過去10年で4頭がここから勝ち馬になっているし、単勝回収率も200%と人気薄もよく走れているわ。
今回7枠を引いたミッキーブリランテグレイイングリーンは、有利な枠に入ったわね。

次に、複勝率がもっともいいのは3枠
ここは勝ち馬こそ出ていないものの、連対率・複勝率が高くてよく馬券に絡めているわ。

去年はこの枠から当時単勝62倍だったミッキーブリランテが連対していて、複勝回収率は190%
こちらも人気を問わず馬券になっているのよね。

今回3枠に収まるのは、リレーションシップザイツィンガーの2頭。
人気薄の彼らも、馬券候補として考えたいわね。

ちなみに5枠は、直近10年で1頭も馬券に絡めていない、いわばこのレースの鬼門。

ここに入るヴィジュネルサンライズオネストは、傾向上買えないわね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 2 1 1 19 8.7% 13.0% 17.4%
460~479kg 2 1 5 33 4.9% 7.3% 19.5%
480~499kg 2 2 0 29 6.1% 12.1% 12.1%
500~519kg 4 4 4 32 9.1% 18.2% 27.3%
520kg以上 0 2 0 22 0.0% 8.3% 8.3%

500~519kgの範囲にあった馬が好成績を収めているわね。

前走時の馬体重を参考にすると、今回ここに該当し得るのは、
グルーヴィット
モントライゼ
リレーションシップ

の3頭。

皆、伏兵勢だから警戒したいわね。

他は、どの条件も好走率はだいたい同じような感じ。

ただ439kgを下回るような極端に小柄な馬は好走率0%、なんてデータがあるから、前走時434kgだったザイツィンガーだけは扱いに注意が必要よ。

次は、脚質別成績を見てもらおうかしら。

脚質別成績

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 4 0 0 6 40.0% 40.0% 40.0%
先行 1 3 4 31 2.6% 10.3% 20.5%
差し 3 6 3 54 4.5% 13.6% 18.2%
追込 2 1 3 44 4.0% 6.0% 12.0%

逃げ馬がよく走るレース、ということがわかるわね!

勝率40%、さらに単勝回収率は280%、というのは見逃せない数値よ。

今回のメンバーでは逃げ馬らしい逃げ馬はいないんだけど、逃げる可能性のあるサンライズオネストや、モントライゼあたりは警戒しておきたいわね。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表していこうかしら!

今回の注目穴馬は馬券に加えてこそ高配当が見込める、見逃し厳禁の重要馬よ!

 

◎本命

タイセイビジョン(牡5)
【前走:阪神カップ(G2)10番人気4着】

前走、前々走の好走で復調の気配を見せる、タイセイビジョン

検証ではデータとの相性もよかったし、得意の阪神でのレースとあって、久々の勝利に期待が高まるわ。

木曜日に行った最終追い切りでは、コンビを組む幸英明Jを背に栗東・CWで、6F【82.6-66.8-51.7-36.9-11.6】時計を記録。

阪神Cで連対したコンビとあって折り合い面の問題はないし、人馬ともに好調なのも買える要素よ。

ここを勝ち切って、G1戦線に名乗りを挙げたいわね!

○対抗

ダイアトニック(牡7)
【前走:京都金杯(G3)12番人気4着】

休養明けで挑んだ前走の京都金杯では、斤量57.5kgを背負いながら最先着馬に0秒1差の4着と健闘を見せた、ダイアトニック

こちらもタイセイビジョン同様に復調気配があって、いい状態で本走が迎えられそうな1頭ね。

7歳での参戦となる今回だけど、伝えたように高齢馬が走る条件をクリアしているし、他のデータもいいものばかり
1400mはデビュー以降馬券を外したことのない最適性距離だし、本走では勝ち負け必至な存在と見ているわ。

ダイアトニックの最終追い切りは、栗東の坂路で【55.6-39.7-24.6-11.6】という時計を記録。
先週しっかり追ったとあって調整程度の内容だったけど、しまいは反応よく動けていたし、すでに戦闘態勢万端、って感じよ。

高松宮記念のリベンジへ、ここは勝利が欲しいわね!

▲単穴

モントライゼ(牡4)
【前走:アイビスサマーダッシュ(G3)3番人気12着】

逃げ先行策を取ってくれれば面白そうな、モントライゼ

今回は8枠に収まったということで、ちょっと逃げるには不利な感じもするけど…。
朝日杯FSの時のような競馬ができれば、1400mなら上位戦線に食い込めると見ているわ。

彼はそこまで目立っていなかったけど、前回のデータ検証でもなかなかの好材料が揃っていたし、今日も馬体重はもっとも好走傾向にある範囲内。

さらにここまで伝えてこなかったけど、彼と同じダイワメジャー産駒は本走での成績が過去10年で3勝と、血統的な相性もいいのよね。

それでいてオッズは単勝10倍を切らなそうとあって、配当的にもかなりオイシイ存在よ。

そんなモントライゼの最終追い切りは、栗東のCWで6F【81.0-65.2-50.8-36.3-11.5】の時計を記録。
予定していた北九州短距離を除外になったことで、よりしっかりと稽古できたようだし、久々を感じさせないほどの状態に仕上がっているわよ。

この子も一発ありそうだから、軽視は禁物ね!

さて、検証してきた阪急杯
荒れる展開を前提に、小点数で高配当を狙いたいわね。

そんなデータ検証から導き出されたオススメの買い目は…。

◎○▲☆の3連複ボックス勝負よ!

☆注目穴馬

リレーションシップ(牡5)
【前走:ニューイヤーステークス(OP特別L)5番人気8着】

荒れる阪急杯、注目穴馬に推したのがリレーションシップよ!

あれ?前回の検証で「スプリント重賞で勝ち鞍のない」彼は、割り引きの対象なんじゃなかったっけ…。
なんて思った人もいるかもしれないわね。

たしかに過去前走6着以降から巻き返して勝利した子たちは、いま挙げた共通点があるんだけど…。

これは、あくまで巻き返して勝利する条件

決して馬券にならない、というわけではないのよね。

今回は、3連複ボックス買いでの勝負
データ上、連対率・複勝率の高いデータに該当していた彼は、買える存在ってわけよ。

そんなリレーションシップは調子もなかなかよさそうで、栗東のCWで行った最終追い切りでは、6F【83.2-66.9-51.7-36.4-11.4】の時計を記録。

阪神1400mも3走前の3勝クラス戎橋Sでは勝利、前々走のG2スワンSでは7着ながら最先着馬に0秒3差と走れてはいるし、状態面を含め好走する材料は揃っているわ。

大穴クラスが馬券に絡む傾向の強い、阪急杯。
彼を馬券に含めないと、みすみす万馬券を獲り逃すことになりそうよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次