エプソムカップ

東京11Rエプソムカップ(GⅢ・芝1800m)
◎5 グリュイエール
○8 サーブルオール
▲10 ダイワキャグニー
☆7 マイネルフロスト
レースの見どころ
エプソムカップの最終予想をするわよ!


府中で圧倒的な好成績を残しているダイワキャグニーや、2年のブランクから復活を目指すスマートオーディンなど、注目馬が数多く出走してくる今回のレース。

彼らの熾烈な争いにももちろん注目したいけど、何より気になるのは「どんな穴馬が馬券内に飛び込んでくるか?」ということよね。

今週もデータで見つけ出した穴馬を絡めながら、絞りに絞った4点の印を導き出したわ。

このページの最後で紹介しているから、ぜひチェックして夏競馬の軍資金を稼ぎ出してちょうだい!


さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ブラックスピネル牡556.0石川裕紀音無秀孝栗東
12ベルキャニオン牡756.0石橋脩堀宣行美浦
23エアアンセム牡756.0藤岡佑介吉村圭司栗東
24トーセンマタコイヤ牡756.0柴田善臣加藤征弘美浦
35グリュイエール牡656.0福永祐一藤原英昭栗東
36ハクサンルドルフ牡556.0川田将雅西園正都栗東
47マイネルフロスト牡756.0柴田大知高木登美浦
48サーブルオール牡556.0ルメール萩原清美浦
59スマートオーディン牡556.0武豊池江泰寿栗東
510ダイワキャグニー牡456.0横山典弘菊沢隆徳美浦
611シャイニープリンス牡856.0勝浦正樹栗田博憲美浦
612マイネルミラノ牡858.0丹内祐次相沢郁美浦
713アデイインザライフ牡756.0北村宏司萩原清美浦
714バーディーイーグル牡856.0三浦皇成国枝栄美浦
815ゴールドサーベラス牡656.0大野拓弥清水英克美浦
816サトノアーサー牡456.0戸崎圭太池江泰寿栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
穴を狙うなら前走G3
勝率が高いのは前走G2以上

■前走着順別成績
前走69の馬が4勝している
前走3着馬は過去まったく馬券に絡んでいない

■脚質別成績
本命は差し馬、穴は逃げ・先行馬

■年齢別成績
4歳馬は買い
穴を狙うなら7歳馬


それじゃ、新たに2点のデータを使って、エプソムカップの最終的な予想を組み立てていくわ。


当日人気別成績から見てちょうだい!

レース当日人気別成績
レース当日人気別成績表

1番人気の勝率が若干物足りないけど、馬券内率はかなりのものね!

またこのデータから、勝ち馬の条件は5番人気以内、ということが分かるけど、同様に2着馬は6番人気以内からしか出ていないわ。

基本的には上位人気を信頼して素直に買えばいいってことね。


さて、ここで気になるのが3着馬

過去には15番人気で馬券に突っ込んできた伏兵もいるわけだし、今年はどんな馬が穴をあけるのか…

次の枠順別成績を見てちょうだい。

枠順別成績
枠順別成績

内枠の馬が頭一つ抜けて有利ね!

月曜日のデータもあわせて考えると「穴馬は内枠の先行馬」というわかりやすい指標が得られるわ。

該当する馬は何頭かいるけど、月曜日のデータを合わせて考えると…
やっぱり「アノ」馬ね!

さあ、ここで最終的な予想印を発表するわよ!

本命
グリュイエール(牡6
【前走:府中ステークス(1600万下)3番人気1着】

屈腱炎を克服してこのレースに挑むグリュイエール

最終追い切りでは、雨で重くなった栗東の坂路で単走4ハロン52.0-12.6というタイムを出していて、2走ボケの心配はなさそうね。

彼はここまで調べたデータによく当てはまっているのはもちろん、実は更なるプラス材料があるのよ。

まずは彼の生まれ月。
このレース、4月生まれの成績が5-1-4-34と妙に高いんだけど、グリュイエールはまさに41日生まれなのよ。

また、先日めでたくダービージョッキーとなった福永騎手が鞍上を務めるのも追い風ね。
このレースにおける福永騎手の過去10年の成績は2-2-0-1で、馬券内率はなんと80%にもなるの。

これだけおいしいデータが揃いながら、各所の予想では単勝10倍を上回るオッズが付いている彼。

人気が上がらないことを祈りながら、しっかり押さえておきましょう!

対抗
サーブルオール(牡5
【前走:美浦ステークス(1600万下)2番人気1着】

今年に入ってから条件戦をトントンと勝ち進んできたサーブルオール

とくに前走は、この馬のポテンシャルの高さを感じさせてくれるレースだったわ。
苦手なスローペースで折り合いに苦労、更に直線では内に包まれてしまったというのに、最終的には差し返しての勝利

時計も準オープンとしてはかなりのものだったのよ。


最終追い切りを見てみると、CWコースを馬なりで5ハロン68.9-12.8となかなかのもの。
本格的な追い切りは日曜日に済ませているから負荷はかかっていないけど、動きは上々ね。

また、今回は引き続きルメール騎手が鞍上を務めてくれるけど、これもいいデータなの。

サーブルオール×ルメールコンビのこれまでの成績はなんと4-0-1-1
さらに馬券に絡んだ5走のうち、3走は東京でのレースだったの。

東京との相性が抜群なこのコンビ、忘れずに押さえておいてちょうだい!

例年上位人気が強いエプソムカップだけど…
アノ穴馬を押さえておけば、周りを尻目に高配当がゲットできるわ!


単穴

ダイワキャグニー(牡4
【前走:メイステークス(OP特別)1番人気1着】

混戦模様の本走で、一つ抜けた1番人気に落ち着きそうなダイワキャグニー

馬券的な面白味はないけど、このレースにおける1番人気の成績を見てしまうと、穴党の私としても切るに切れないわ。

人気だから、というのを抜きにしても、彼はここまでに調べた他のデータや戦歴からして、勝ち負けはほぼ間違いないって感じ。

最終追い切りも単走で美浦のCWを5ハロン69.1-13.0でまとめていて、いかにも調子がよさそうだったわ。
走る前から気合が乗っていて僚馬に併せに行く必要がなかった、という当日の状況からしても、レースに向けて馬に気合が入っていることが伺えるわね。

対抗で紹介したサーブルオールとワンツー、なんてことにはなってほしくないけど…
それでも彼を切るべきじゃないわ!


注目穴馬

マイネルフロスト(牡7
【前走:新潟記念(G3)3番人気6着】

月曜日にも注目穴馬として紹介していたマイネルフロスト

ローテーション的に、恐らくこのレースは昨年同様七夕賞やその先を見据えてのひと叩き。
どこまで仕上げてくるか微妙だったけど、追い切りの動きを見る限りは十分紐を任せられるわね。

前走時と比べるとちょっと馬体がふっくらしていたように見えたかもしれないけど、むしろ前走が絞りすぎていたと考える方が妥当よ。

月曜日から話している通り、彼はこのレースに穴をあける条件をよく備えているんだけど、今回新たにいいデータが見つかったわ。

今回鞍上を務める柴田大知騎手は、ご存知の通りマイネル軍団の馬によく騎乗しているんだけど…
このレースで過去10年彼が騎乗したマイネル軍団の着別度数は0-0-3-1馬券にならない方がおかしいくらいの好成績なのよ。

今年のエプソムカップで高配当を狙うなら、彼を買わない手はないわ!


的中実績

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る