今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

エルムステークス2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 エルムステークス 最終予想

エルムステークスの最終予想をするわよ!

例年堅めに決着するイメージの強いこのレース。

今年も人気上位には強力な面々が揃っているし、そのような傾向が感じられるんだけど…。

本命サイドでは誰が信頼できるのか、迷ってしまうなんて人も多いんじゃないかしら。

そんなレースこそ、客観的に各馬を評価できるデータ予想が重要になるわ。

今回は穴目にも高配当必至の注目馬が見つかったし、ぜひウチの予想印で確認してちょうだい!

さっそく、確定した枠順から見ていくわよ。

2021年 エルムステークス 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ダンツキャッスル 牡5 56.0 菱田裕二 谷潔 栗東
2 2 ケイティブレイブ 牡8 58.0 団野大成 清水英克 美浦
3 3 アメリカンシード 牡4 56.0 ルメール 藤岡健一 栗東
4 スワーヴアラミス 牡6 56.0 松田大作 須貝尚介 栗東
4 5 タイムフライヤー 牡6 57.0 武豊 橋口慎介 栗東
6 ウェスタールンド セン9 56.0 藤岡佑介 佐々木晶 栗東
5 7 ソリストサンダー 牡6 56.0 戸崎圭太 高柳大輔 栗東
8 トップウイナー 牡5 56.0 和田竜二 鈴木孝志 栗東
6 9 ヴェンジェンス 牡8 56.0 幸英明 大根田裕 栗東
10 レピアーウィット 牡6 57.0 横山武史 堀宣行 美浦
7 11 ロードブレス 牡5 58.0 坂井瑠星 奥村豊 栗東
12 ロードゴラッソ 牡6 56.0 吉田隼人 藤岡健一 栗東
8 13 オメガレインボー 牡5 56.0 横山和生 安田翔伍 栗東
14 デルマルーヴル 牡5 57.0 岩田康誠 戸田博文 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
オープン特別組が好調
G3からは平安Sを使った馬に注目

■前走着順別成績
前走での成績がいいほど走る
前走10着以下でも重賞での勝ち鞍があれば巻き返せる

■レース当日人気別成績
人気した順に馬券に絡んでくる可能性が高い
大穴クラスの4歳馬に注意

■年齢別成績
4歳馬が優勢
7歳以上の高齢馬は最先着候補に推しにくい

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年分にデータを基にエルムステークスの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 エルムステークス 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
2 0 1 18 9.5% 9.5% 14.3%
2 1 3 15 9.5% 14.3% 28.6%
1 3 5 19 3.6% 14.3% 32.1%
0 1 4 30 0% 2.9% 14.3%
4 6 2 26 10.5% 26.3% 31.6%
3 4 0 34 7.3% 17.1% 17.1%
2 3 3 34 4.8% 11.9% 19.0%
7 3 3 28 17.1% 24.4% 31.7%

今年は函館での開催だから、今回はエルムステークスじゃなくて、函館ダート1700mにおけるオープン戦以上のレースを対象にデータをとってみたわ。

そんな枠順データにおいてまず注目したいのが、8枠の好走率の高さ。

勝率でも他を圧倒しているし、大外枠有利、というのがこのレースにおけるポイントになりそうだわ。
オメガレインボーと、デルマルーヴルには要警戒よ。

ちなみに8枠に迫る複勝率の5枠だけど、ここは回収率は単勝・複勝ともに100%オーバーと穴目の好走が目立つわ。

今年5枠に入ったトップウイナーなんかはまさに伏兵、って感じだし、期待できる材料が増えたわね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

2021年 エルムステークス 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~479kg 1 1 3 19 4.2% 8.3% 20.8%
480~499kg 4 3 1 41 8.2% 14.3% 16.3%
500~519kg 4 3 5 15 14.8% 25.9% 44.4%
520kg以上 1 3 1 26 3.2% 12.9% 16.1%

「ダートは大きい馬」という格言通り、500~519kgだった馬がよく走れているわ。

勝率はもちろん、複勝回収率も120%とかなり優勢な数値が出ているし、この範囲の子は人気を問わず買えることになるわね。

前走時の馬体重を参考にすると、大穴クラスのデルマルーヴルロードブレスあたりが該当しそうだから侮れないわよ。

逆にそんな格言に当てはめると、好走が疑わしく感じられてしまう小柄な馬たちだけど…。

2018年に当時458kgだったハイランドピークが勝利したケースもあるし、このエルムSに限っては馬格の小さい馬でもそこまで毛嫌いする必要はなさそうよ。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表していこうかしら!

 

2021年 エルムステークス 注目馬①

オメガレインボー(牡5)
【前走:マリーンステークス(OP特別)5番人気2着】

私エビコのイチオシは、オメガレインボーよ!

月曜日の段階で、すでに馬券に含められるほどの好データに該当していた彼だけど、今日の検証でも枠・馬体重ともに好走範囲内だということがわかって、ますます買いやすくなったわ。

さらに今回は、2018・2019年にハイランドピークで馬券を賑わせた横山和生Jが、前走から引き続きの鞍上
人馬ともに激走傾向にある、って感じだから、軸に据えても活躍してくれそうね。

そんなオメガレインボーの最終追い切りは、函館のウッドコースで【70.5-55.2-39.9-12.8】の時計を記録。
よく動けていたし、前走でマリーンSを連対した勢いそのままに日曜を迎えられそうよ。

オッズもギリギリ2桁は確保できそうだし、積極的に買っていきたわね!

2021年 エルムステークス 注目馬②

アメリカンシード(牡4)
【前走:平安ステークス(G3)1番人気2着】

月曜日にも注目馬として紹介していた、アメリカンシード

ダート転向後には破竹の3連勝を飾り、ルメールJにも見込まれた素質馬だけあって、今回も1番人気の筆頭にあげられているわね。

そんなアメリカンシード、本走でも人気に見合った好走が期待できるわ。

馬格こそ少し足らない感じだけど、それ以外は軒並み好データに該当
人気馬が順当に勝つ傾向にある今回は、データ上最先着により近い存在と言えるわよ。

函館のダートコースで行われた最終追い切りでも、【68.8-53.6-39.0-11.8】となかなかの時計で好調さをアピールできていたし、休養十分とあって状態もよさそうね。

コスパもなんとか最低限は見込めそうだし、アタマから買って問題ないわよ!

2021年 エルムステークス 注目馬③

トップウイナー(牡5)
【前走:プロキオンステークス(G3)14番人気2着】

月曜日には注目穴馬として紹介していた、トップウイナー

今回は単穴として挙げているけど、好走傾向にあることには変わりないわ。

前回も伝えた通り、ローテーションを含めデータ面ではかなり好調な彼。
今日の検証でも絶好5枠、さらに彼のように小柄な馬でも走るということがわかって、より馬券圏内に近づいた、って感じよね。

エルムSと同距離、かつ小回りコースの前走プロキオンSを連対して来る、というところも期待できるポイントよ。

そんなトップウイナーの最終追い切りは、函館のウッドコースで4F【54.3-40.0-12.9】の時計を記録。
小倉からの長距離移動の影響もないようだし、鞍上を務める和田竜二Jとの折り合いもバッチリだったのは好印象だったわ。

オッズは30~40倍程度が見込めるし、配当面でもオイシイ穴目として注視しておいてちょうだい!

2021年 エルムステークス 注目馬④

ダンツキャッスル(牡5)
【前走:マリーンステークス(G3)2番人気3着】

好調を維持しているダンツキャッスルも、見逃せない1頭ね。

今年3月の伊丹Sから、5戦連続で馬券圏内を確保している彼。
前走のマリーンSでも2番人気に応え、しっかり3着入線を果たしているし、勢いそのままにやって来る本走でも激走に期待しちゃうわよね。

そんなダンツキャッスルだけど、検証面では月曜日からかなり目立っていて、エルムSとの相性もよさそう
枠・馬体重が好走範囲内ということを含めれば、データ上は十分勝ち負けできる存在よ。

さらに水曜日に行われた最終追い切りでは、函館のウッドコースで5F【65.8-51.5-37.3-12.3】の好時計を記録していたし、状態も上々。

これだけの好材料が揃っているにもかかわらず、オッズは中堅クラスと妙味たっぷりだから、馬券に含めない手はない、って感じよね!

荒れた展開も大いに期待できる、今年のエルムステークス。
アノ伏兵をおさえれば、例年にない高配当が見込めるわよ!

2021年 エルムステークス 注目穴馬

デルマルーヴル(牡5)
【前走:マーキュリーカップ(G3)3番人気4着】

本走で大注目の穴馬候補が、デルマルーヴルよ!

昨年の秋以降、馬券に見放されるレースが続いている彼だけど…。
前走のマーキュリーCでは久々の掲示板になるなど、ようやく浮上のキッカケを掴みつつある、って感じね。

もともとは地方重賞2勝と素質のある馬だし、レースにさえハマれば大舞台でも勝ち負けできる存在よ。

そんなデルマルーヴルだけど、このエルムSはまさに相性のよさそうなレース
ローテーションや前走の成績、年齢、どれも好走傾向にあるのよね。

枠と馬体重に関しては絶好の範囲に収まっているし、鞍上がこの舞台で4勝を挙げている岩田康誠Jとあって、データ上はここを勝ち切ってしまってもおかしくないほどよ。

彼は調教も順調にこなせたようで、函館のダートコースで行った最終追い切りでは4F【56.8-41.6-12.8】の好時計を記録。
中2週の疲れも見えなかったし、上積みのあるかなりいい状態で日曜日に望めそうね。

展開ひとつで勝利もある、ということを覚えておいてちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次