g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

金鯱賞予想 2017

レースの見どころ
今週、土曜日に中京競馬場で金鯱賞が行われるわ。

このレースは、大阪杯(G1)のトライアルレースとなっていて1着馬に優先出走権が与えられるの。

もともと宝塚記念の前哨戦として知られていたレースが、2012年から有馬記念の前哨戦として12月に移設し、今年から大阪杯の前哨戦としてこの時期に行われるようになるの。

まぁ、随分コロコロと施行時期が変わっているレースなのよ。

とはいえ、条件は昨年と全く同じだから大きな違いはないわ。

今年の見どころを挙げると、まず昨年の覇者ヤマカツエース
昨年のこのレースを勝った後に挑んだ有馬記念では4着と好走。

徐々に力を付けてきていて、小回りコースも得意なこの馬なら連覇の可能性大。

昨年の天皇賞(秋)・香港カップと2戦連続G1で3着のステファノスにも注目ね。
2年以上勝ち星が無く勝ち運に見放された感はあるけど、力的には上位だし久々の勝利も期待出来るわ。

昨年の毎日王冠を制したルージュバックは現役屈指の1800m〜2000m巧者。

天皇賞(秋)は7着、ジャパンカップは9着とG1では結果は残せていないのよね。
でも、左回り・1800m〜2000mなら力は間違いなく出せると思うの。

輸送が苦手だけど、そこさえ克服できれば上位争いは間違いないわ。

他では、東京新聞杯2着のプロディガルサン

アメリカジョッキークラブカップ13着からの復活が期待されるリアファル
アメリカのG3を勝ったヌーヴォレコルト、ローズステークスの覇者タッチングスピーチなど好メンバーが揃ったわ。

人気は割れそうだけど私には穴馬は見えているから期待していて!


まず、今年の登録馬を見るわ。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アングライフェン56.0安田隆行栗東
サトノノブレス56.0池江泰寿栗東
スズカデヴィアス56.0橋田満栗東
ステファノス56.0藤原英昭栗東
トウシンモンステラ56.0村山明栗東
ナスノセイカン56.0矢野英一美浦
パドルウィール56.0中尾秀正栗東
ヒストリカル56.0音無秀孝栗東
ヒットザターゲット56.0加藤敬二栗東
フルーキー56.0角居勝彦栗東
プロディガルサン56.0国枝栄美浦
ヤマカツエース57.0池添兼雄栗東
リアファル56.0音無秀孝栗東
ルミナスウォリアー56.0和田正一美浦
ロードヴァンドール56.0昆貢栗東
タッチングスピーチ54.0石坂正栗東
ヌーヴォレコルト54.0斎藤誠美浦
ルージュバック55.0大竹正博美浦

ここからは、データを使って金鯱賞を分析していくわ。

以下のデータは、過去10年分のデータになるわ。

※2007〜2009は中京・芝2000m(5月)
※2010〜2011は京都・芝2000m(5月)
※2012〜2016は中京・芝2000m(11月・12月)


まずは、前走クラス別成績

前走クラス別成績
前走クラス

過去10年で開催時期が変わっているけど、前走クラス別成績を見るとG2・G3から出走した馬の好走が目立つわ

これだけ時期が変わっても好走するクラスが変わらないとうことは、あまり時期や場所は関係ないのね。

ただ、レベルが高いレースが行われている有馬記念からの出走馬にも注意した方がいいと思うわ。

【前走G1
・サトノノブレス
・ステファノス
・ヒットザターゲット
・ヤマカツエース
・ルージュバック

【前走G2
・アングライフェン
・ナスノセイカン
・ヌーヴォレコルト
・リアファル
・ルミナスウォリアー


【前走G3
・タッチングスピーチ
・トウシンモンステラ
・パドルウィール
・ヒストリカル
・フルーキー
・プロディガルサン
・ロードヴァンドール

【前走OP
・スズカデヴィアス


次は、前走着順別成績

前走着順別成績
前走着順

前走着順別成績見ると、前走1着・2着の馬で半分以上の6頭の勝ち馬が出ているわ。
特に前走2着馬の連対率・複勝率が55.5%とかなり高い数字だから押さえておきなさい。

トータルの数字を見ても前走掲示板内の馬の成績が良いから中心は前走5着以内ね。

でも、6着以下の馬も気になるところ。
・・・どうかしらね。

【前走1着】
・スズカデヴィアス

【前走2着】
・ヒストリカル
・プロディガルサン


【前走3着】
・ステファノス

【前走4着】
・トウシンモンステラ
・ヤマカツエース
・ルミナスウォリアー
・ロードヴァンドール

【前走5着】
・アングライフェン

【前走6〜9着】
・ナスノセイカン
・ヌーヴォレコルト
・フルーキー
・ルージュバック

【前走10着以下】
・サトノノブレス
・タッチングスピーチ
・パドルウィール
・ヒットザターゲット
・リアファル


次は、前走人気別成績

前走人気別成績
前走人気

※前走を海外で出走した馬がいるため1着は過去9回分のレースを見ているわ。

前走人気別成績を見ると、特に抜けたデータはないけど1着馬は前走1番人気が最多の4勝をしているから、前走1番人気にはまず注目すべきね。
って今年は該当馬がいないのね・・・。

ということは、みんなが選ぶのに苦労しそう。
荒れるにおいがプンプンするわ!

あとは、6〜9番人気の伏兵扱いだった馬が6頭、前走10番人気以下でも4頭が馬券に絡んでいるから、前走人気が無い馬の巻き返しには十分注意が必要よ!

【前走1番人気】
・該当馬なし

【前走2番人気】
・リアファル

【前走3番人気】
・スズカデヴィアス
・ステファノス

【前走4番人気】
・タッチングスピーチ

【前走5番人気】
・プロディガルサン
・ルミナスウォリアー

【前走6〜9番人気】
・アングライフェン
・ナスノセイカン
・ヌーヴォレコルト
・パドルウィール
・ヒストリカル
・フルーキー
・ヤマカツエース
・ルージュバック

【前走10番人気以下】
・サトノノブレス
・トウシンモンステラ
・ヒットザターゲット
・ロードヴァンドール


それじゃ、ここまでのデータをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
G2・G3組が中心になっているけど、有馬記念組にも注意を払った方がいいはず。

【前走着順別成績】
勝ち馬はほぼ前走連対馬から出ていて、トータルでも前走掲示板内馬が強い。

【前走人気別成績】
どのデータも大きく差はないけど、勝ち馬は前走1番人気だった馬に集まっている。


これらのデータと各馬のレース内容を踏まえた上で私のオススメ馬を発表するわ。

注目馬1
プロディガルサン
【前走:東京新聞杯(G3)2着(5番人気)】

ダービーや菊花賞では2桁着順で負けたけど、これがこの馬の力ではないと思うの。

デビューしたての頃は、ダービー馬候補に名前が挙がるほどの馬だったし、持っているポテンシャルだけなら相当なもの。

前走の東京新聞杯は、菊花賞以来のレースで馬体重はプラス22キロとふっくらして帰ってきたわね。

それと、3000mからの一気の距離短縮が嫌われて5番人気の評価だったけど、終わってみれば上がり3ハロン32.0の脚を使って2

このレースは、勝ち馬にうまく乗られた結果だから勝てなかったことは残念だけど、レース内容としては良かったわね。

クラシック全てで掲示板に乗ったエアスピネルを完璧に差し切った訳だし、改めてこの馬の能力を示した結果だと思うわ。

今回は、それ以来の出走となるけど叩き2戦目で状態は確実に上向き。

メンバーは前走よりも強くはなるけど、充実期を迎えつつあるこの馬ならここをあっさり通過して、さらなる高みを目指すことも十分可能ね。

大阪杯や安田記念に向けて楽しみが増えるようなレースを期待したいわ。


注目馬2
ヤマカツエース
【前走:有馬記念(G1)4着(8番人気)】

昨年、G2・G3で5戦中2勝。
残りのレースも6着以内と安定した走りをしているわ。

宝塚記念、天皇賞(秋)では2桁着順と枠や展開的なことが影響して力を出すことが出来なかったけど、前走の有馬記念では内枠を引いてロスなく回った結果上がり最速で4着に入ったの。

昨年は中山金杯と金鯱賞で勝ったんだけど、どちらも小回りタイプのコースで、こういう競馬場の方が合っているんでしょうね。

昨年の金鯱賞で大きく馬体が増えたように、競走馬としてピークを迎えつつあるこの馬だけど、大阪杯こそぴったりの条件だし、そこでキタサンブラックやサトノクラウンに対抗するためにも、ここはきっちり勝ってG1に向かいたいわね。


注目馬3
ステファノス
【前走:香港カップ(G1)3着(3番人気)】

最後に勝ったのは3歳時の富士ステークス。

気が付けば2年半近くも勝ち星から遠ざかっているのね。

今まで17戦して掲示板を外したのは2015年の香港カップ(10着)と毎日王冠(7着)だけで、国内では1回しか掲示板を外していない堅実な馬なの。

富士ステークス1着、天皇賞(秋)で2着・3着とあるように左回りは得意だし、2000mも結果を出している距離だから文句なし。

母父クロフネ、母母のゴールドティアラ共に現役時代はダートで活躍したように、東京や京都のような軽い馬場より中京のようなパワーを要する馬場の方が適性があると思うの。

実績的にはメンバー中No.1で、これまでの戦った相手を考えれば、勝ち負け濃厚だと思うけど、相手なりに走る馬だからまた2着や3着の可能性も十分あるわよ。


注目馬4
リアファル
【前走:アメリカジョッキークラブカップ(G2)13着(2番人気)】

3歳時には菊花賞で1番人気に押されたほどの素質馬だったけど、その後腱鞘炎を発症し長い休養。

やっぱり馬って腱を怪我すると元の力を出すのは難しいのかしら・・・。

昨年の金鯱賞で復帰した時は、5着とは言えまずまずの走りが出来たように見えたけど、前走のアメリカジョッキークラブカップでは4コーナーで早々と失速して13着の惨敗

確かに先行馬には厳しい流れになったけど、それでも負けすぎよね。

今の感じだとダートに戻った方が良い結果を残せるような気がするけど。

今回は新たなパートナーとして武豊騎手を迎えるし、2走前で好走した中京でもう一度見直してみたいわ。


G1好走馬が多数出走する金鯱賞。
とは言え、力は横一線の様相。
その中からエビコが見つけた穴馬とは…。


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

2017年的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
g2全38レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る